フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 自民党の裏金問題は、なんとある政党が発見した(ワイドショーでも特集有) | トップページ | デジタル化は恐ろしいことに(一部店舗では現金不可) »

2024年4月20日 (土)

マイナ保険証になると問題点山づみ(山の様にある)

皆さんもご承知かと思いますが2024年12月からマイナンバーカードが保険証となります。
そして現行の保険証が廃止されます。つまりマイナンバーカードがないと、もう医療費も自己負担10割という
とんでもない事になりかねない世の中になります。

実はマイナンバーカードですが、海外では、イギリス・ドイルと過去にも導入例がありましたが、
やはり個人情報の問題ややりづらさを感じて結局は現行に戻しました。

ですが、ここまで強引に進めるのは「日本」だけでございます。
なのでこれほどまでに恐ろしい国になるとはだれもが思いもしなかったです。

まずは、持ってない人の問題も取り上げましたが、
読み取る機械のICチップがカード内にあります。これが壊れると、もう使えません。発行までに2か月かかります。実は私、かつてそうなりました。さらに費用も1000円払わせられ、そして必要場でないと受け取れないです。
その間は自己負担なので、相当な額を払わんと治療も出来ない現状となります。
恐らくはその流れが予想されます。

黙って指をくわえるしかないのか、実は政党の話で、しつこくて済みませんが、日本共産党は既にこの問題に対して署名活動、時にはデモ、街角アンケートもとっております。さらには実は国会でも医師50人が「反対だ。医療は皆が平等だ」というデモもしております。
恐らくはデモ、抗議活動も出ると思います。

実は私も信頼出来る所の場であれば(政党:ただしよく話を聞き、本当に提出する気持ちがあるのか」という場なら
署名活動参加をします。

そう、もう他人任せに出来ない事だらけの社会です。動く事、そして少しでもエライ人だからといって臆せずに進むプロセスも
踏みつつも意見が言える形にしていくべきかとも思います。

« 自民党の裏金問題は、なんとある政党が発見した(ワイドショーでも特集有) | トップページ | デジタル化は恐ろしいことに(一部店舗では現金不可) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民党の裏金問題は、なんとある政党が発見した(ワイドショーでも特集有) | トップページ | デジタル化は恐ろしいことに(一部店舗では現金不可) »