フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 増税からもう10年(早いし、ますます貧困層増えるわ) | トップページ | 【助言】人生楽しめよ。寝て遊べ。 »

2024年4月 2日 (火)

毎日その場しのぎでもいい(私も同じ。明日生きるのもやっと。だから生きる)

まるで私の生き方というのは、世間からみれば
ええ加減や男やなと思うと思います。

でもです。実はこの考えって、日本の昭和時代では一時期ありました。
そうです。戦前・戦後の時です。
明日食べるのも精一杯、生きるのもやっと。地域によっては食糧難ということもあり、明日食べるにも本当にやっとだったという日々でした。

私の近所の方の中のご年配でもいました。

「生きるためになんでも食った。ちょいとばかし、顔聞く人から、食べるもんとしょっちゅう交換したりとかもしてたわ。今思うと、雑草の様なもんもくったわ。でもな、終戦後はな。生きれただけでもよかったよ。こっからもっといい生活を迎えるために、でもまずはガムシャラだった。もう生きることしか考えられんかったな。今の時代も、そうだな。似ているかもな。」

でも今の時代がまたそんな時代かもしれないです。
それが不思議ではなくなったなと私は思います。

明日生きるのも精一杯、先が見えないという状況、まさに今の時代かなと思います。
希望が見えるか、闇に見えるか。

気の持ち様もあります。
私も病もち。明日生きるのも、という状況です。
明日は我が身という男です。
「倒れたらその時は、そん時よ。まあ30半ばまで生きれたらそれでもええかもな。それはしゃーないな。倒れるまではそこまでよ。」

生きれたら丸儲けでございます。
ただです。やっぱり国のシステム自体が良い方向に向かわんとアカンという状況です。
でも戦後の様にそこまで顔が見える様な悪さすることなく、みんなで生きれたら、そう感じます。


« 増税からもう10年(早いし、ますます貧困層増えるわ) | トップページ | 【助言】人生楽しめよ。寝て遊べ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 増税からもう10年(早いし、ますます貧困層増えるわ) | トップページ | 【助言】人生楽しめよ。寝て遊べ。 »