フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 道は長いから、一つにこだわらず | トップページ | (重症かも。)普段通りの生活が出来ない »

2022年12月10日 (土)

【いらつき話】上司よ。休日を何だと思ってやがるんだ

◆見る方によっては重苦しい話になるかもしれないです。先に心からお詫びを
申し上げます。申し訳ございません。ですが、これは上司としてありえる事なのかと本当に思いました◆

実は今週の月曜日に「有給休暇」を取りました。
ですが、その時に電話が来ました。何かの緊急でやらかしたのか、
と思い慌てて電話に出ましたら

「あ、給与明細届いたよ。それだけです。」

心の中で私は思いました。

<だいたいさ、あんた休日だって申請しているんだぞ。おまえ、ふざけてんのか。
バカにしてんのか。休むなっていいたいのか。あ~んなもんの事で連絡すんなよ。ボケが。給与明細。んなもの銀行の通帳みりゃわかるわ。バカだわ。あんた。>

ちなみにその方は過去に3回もやっているだけに明らかに、
部下をちゃんと見ているか、疑問に思いました。

はっきり言って申し訳ございません。特に障害者雇用で勤めている方とかで
恵まれた環境化でしたら、本当に申し訳ないですが、
私、もう「障害者雇用」なんて絶望しか感じません。
使うだけ使う、そんな環境なんて、こんな会社やっぱり区切りつけるのがいいなって
はっきり思いました。

天秤がどう動くか分からんですが、来年は9割型でクローズ(退職)の方向で考えてます。
体はボロボロ、心もやられ、おまけにケアなんていうのも無くなった。以前、退職された上司は本当に私の事を気を使ってくれて、「準社員=正社員ではないが、定年雇用まで働ける」ことになった時は
自分の息子の様に喜んでくれて、「よかったな。あんた頑張り屋さんだから認めてくれたんだよ。そうだ、一杯ご馳走しよう」
と飲み物をご馳走してくれました。

過呼吸に陥ったときは体調にも気を使ってくれました。まさに安心も持てました。

しかし、今は安心という言葉は一つもありません。絶望です。

だから来年はやっぱり、「運命の年」だなと私は本当に思いました。

 

« 道は長いから、一つにこだわらず | トップページ | (重症かも。)普段通りの生活が出来ない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道は長いから、一つにこだわらず | トップページ | (重症かも。)普段通りの生活が出来ない »