« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月31日 (土)

【御礼】2022年今年最後の更新

皆様、こんばんは。実はこのブログ、携帯電話から
夜行バスの中でひっそりと更新記事を作成し、一瞬だけですが電気をつけて(バスが消灯時間の為、持参したタオルでいろいろと包んでよそ様にご迷惑をかけない様に覆って光を隠す。)それで更新をしました。

さて今年1年ありがとうございました。
私にとっては今年は、漢字は沢山あります。
「苦」「戦」「守」「慈悲」とあります。

苦しみ、戦い、守りはブログ内でいくつか述べております。まあパワハラあいました。仕事で、怖かったです。
なのでいかに苦しいながらも戦い、心と体を守りを重視しながらやり通しました。無欠席・無遅刻・無早退全て達成できました。

慈悲。
これもブログで載せましたが、今もこうして

寒さに震えながら年を越している方、家がどうしても手放して外での生活をされている方、困窮の中にいる方今年も見てしまいました。それもあり、ひそかにわずかながら、「困っています。助けて下さい」とプラカードで掲げている方に120円というわずかですが、お金を寄付。食料寄付もしました。2023年はもっとその状況が広がると思います。

マイナンバーカードも住所がなければ、まず入手出来ないです。生活保護も住所がなければできないです。
この様な状況ではますます格差が広がり、そこを国の方は目をとめてほしいです。手にいれたくても出来ない。

あるいは私の様に「精神障害者」だけあって、つい「やり方が分からない。いくらスマホでも怖い、ITの無い人はつねに持つ様にしないとダメ、使わないとダメな時代」
という内面や制度、物理の面での恐怖の気持ちもあります。
やるからには安全ややり方をナビゲートする機能もつけてほしいと強く思います。

ある意味では、デジタルによってものが、人が全て支配される世の中にもなっております。怖いです。なので「そうでなくてもいいんだよ」その意味で”慈悲”もいれました。

戦争もそうです。まさか現代になって恐ろしい武器で争う時代、誰が予想したのか、本当にそう感じてます。

1日も早い平和を本当に心から祈りながら、私は新潟へ向かいます。


どうか、少しでも、全ての方に安らぎと平安を。そして
心の苦しみが取り除かれます様に。

今年1年ありがとうございました。良いお年を皆様、お迎えくださいませ。
そして来年もどうぞ宜しくお願い致します。



2022年12月30日 (金)

無事に終了+本日、日付越えで新潟帰省します!

さて昨日の仕事納めという名前の大決戦が終わりを告げました。

やっぱり大変でした。結局はサービス残業しました。とほほほほ~。
いつまで続くのやら。ですが、実は12月中は同じ部署内のメンバーが全員帰り、残りは
別会社の方だけ、それに「大丈夫ですか、帰れます」という声もかかった為、

「これヤバイわ。もし上司(普段はオフィスにいない。電話連絡しかできない)という事もありまして
電話かけました。

「すみません。報告メールが遅れました。
理由は別会社の総務部から臨時作業の依頼と2つトラブル自体と携帯電話での報告メールで遅れました。
私の不手際です。定例時間内で済ませても構いません。」

お叱り受けました。要領よくやれ、ただ他会社にも見られた以上マズイ。上長にはこの件を話す。
あまり残業代の件は期待しないでほしい。

ですが、2日後に勤務中に上長から
「上司から話は聞いた。話し合った結果、残業代を認める。理由としては法的な問題もある。
超過時間となった場合は、正当な理由である事やメール内容から今回は要領の悪さとはいえ、
不測事態の対応報告と、正当な理由分かった。法律上では支払う事が義務とされている。

ただ、不測事態といえども、要領は今後はやってほしい。
それはあなたの為でもあるし、会社の立場もある。それは避けろ」

とありました。なかなか手厳しいお言葉となと思いましたが、今回は特別に
残業扱いという事が認められました。

まあ結果的には、OKになりました。
来年の1月にお給与の対象になりますが、それでちょっとしたお年玉が入ります。

ですが、後日指導が入ります。もうやめて。だめだなこれは続けられそうにないわ。
別に意味で、新年おめでとうと言えるのは随分先になると思います。
前々から記載した通りですが、2023年は私にとっては進路変更の可能性が非常に高くなってきております。
確かに6年勤めた事、来年で7年目ですが、さすがここまでくるともう体だけでなくて今まで通りに
心の安定が図れない状態が続いております。薬も今は9錠も飲んでいる以上、
ある意味では非常に苦しい状況化になりました。


でも、一応としては来年の3月を目安にどうするかを検討している予定です。
ただ状況がひどければ、手を打つ事も既に考えております。

本日、新潟帰省します。夜行バスの予約が奇跡的にも取れたので、それで帰ります。
翌日到着となります。朝は朝から空いている喫茶店がありましたので、そこで過ごして、その後に知人の家へいきます。
挨拶とお土産を掲げていってきます。





2022年12月29日 (木)

今年の最終決戦(仕事納め)

無事に終わります様に、ともかく、無事に年が越せます様に。
つねにそう願いながら、今日の夜を迎えております。

私、夜になると仕事のことがつねに頭から離れずで
時には呼吸が荒くなる時もあります。なのでつねに頓服薬という発作を
抑える薬と水が今では必須になっております。

さてタイトルにも書きました通りですが、「今年の最終決戦」仕事納めでございます。
これを無事に越せれば、今年はなんとか無事に済んだという状態と一応はなります。

実はですが、今年は新潟へ帰省する事にしました。
去年、一昨年と川崎市で過ごしましたが、もうこれ以上帰れないのは
キリがない。それに「コロナワクチン接種」や「PCR検査も受けられる様になった」
それに証明書も発行してもらえるのであれば、と「家族・知人に提示して見せる」
いう事で戻る事にしました。


私だって「正直、明日は我が身」です。
今の仕事を続けていたら、いつまで体も心も持つか分からないです。
だからもしかしたらです。


◆明日は
もっと障害が重くなっているかもしれない、あるいは縁起でもないですが
倒れるかもしれない。下手したら、心がおかしくなっているかもしれない。そうなったら、家族の事も忘れるかもしれない。

そんな事まで、もう考えております。ある意味では、もしかしたら、来年はという考えもあります。


でもその日が暮らせればそれでいい。そんないい加減ですが、
それがまた重要となっております。その日暮らし、でもそれがまた
自分自身の気を楽にさせてくれる、一種に対処療法の様なものにもなっております。

さて何とか越せます様に。そう祈りつつ寝ます。

2022年12月28日 (水)

近所の方が新型コロナウイルスに感染

縁起でもない話ですが、近所に住んでいる方が新型コロナウイルスに感染しました。
その方とは、私も長い事お付き合いしておりまして、12月の上旬を最後に
見ていないが、このところ、見なかったから何かあったのか。

近所の方から
「あの人、コロナ感染して、今は保健所の指示で自宅療養に入ったの。

それに家族感染。奥さんの方は熱が39度まで出て、一時期、頭痛と吐き気が止まらなかったといっていたわ」

そうお聞きしました。
私の所の職場も今年、コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生しました。
その原因というのは、発熱をして、無理して出社した社員がいたらしく
その時に会議室で密閉した空間でいた事から発覚したといわれております。

◆その時も私は別の現場だったので対象外でしたが、すぐ近くという事で「もしかしたら」という恐怖もありました。
特にオフィスは高層階の所だった為、窓は開けられずの状態でした。結局、保健所の立ち入りと消毒作業が入り、2日間ほど出入り禁止となりました◆

早く明けてほしい。この苦しい中を。
そう思う日々でもあります。動画でも上げましたが、
最後にご留意をして日々をお過ごしくださいませ。
私に出来る事は自分自身が、かからぬ努力をすることと住んでいる部屋が1人といえども
換気や掃除をしたり、という事をしております。

ちなみにこの動画、先週の土曜日(12/24)にUPしました。
今、やっている農業ボランティアでの紹介を動画に致しました。
少し早いですが、お正月の曲を流しながら、私のナレーションで延々と語っております。

【再録画(NPO法人よいおやさい ラジオ放送)】
https://www.youtube.com/watch?v=PbiqQ1MZvFU

Npo


2022年12月27日 (火)

29日まで気が抜けない(戦いだ)

私、何だか今年は日々が戦いだなと思いました。
ちなみに仕事納めが29日です。

今年は仕事場で上司の長い事の理不尽さについに怒りをぶつけ、それが原因で無視を受け続けました。
さらにはそのことで私自身の心の病も悪化。対立していた関係から異動が強制的に出されて、自宅から通り新木場が
職場に。

しかし、環境が変わり良くなるかと思いきや、全然違う事に。むしろ前と変わらずで「職人気質」の様な上司の所で「目で見て覚えろ」という始末。そしてパニック発作、さらにはついこの間は突然家に帰り、大泣きをする双極性障害の症状出る始末。それでも来年で勤めれば6年目となります。

まあさんざんでした。これが障害者手帳をもっての障害者雇用なら、怖いです。
世間帯では「障害者」といえば、守られる立場であるはずですが、難しい場だと思いました。

特に私の所は、真面目で、実直な人が辞める傾向が非常に多く、逆にいい加減で業務中に昼寝してもOKな人は生き残るというまあ不思議な所です。ちなみに毎年、知っている人が退職しております。
去年、私の過呼吸から救ってくれた上司も8月末で退職しました。

29日(木)まで気が抜けずの状態が続きます。
体を壊さず、心を壊さずで、ベストを尽くして来年の3月までいきたいですが、もしもという時は、本当に命を大事にしたいです。

仮に3月で良かったとしても、もしかしたら、という事もつねに考えております。
なので来年からは、「色んな視野」を入れて職業の探し方、少しでもいいので自宅で貯蓄や稼ぐ方向へ進んでいきたいです。

無事に年が越せます様に、単にそう願いながら今年を歩みたいです。

2022年12月26日 (月)

さて、今年最後の一勝負だ(今日、試験受けます)

クリスマスも終わり、残りは大晦日に
向けて進んでいるよのなか。

実は私はクリスマスは、普通に過ごしました。
何もなく、いつも通りの食事を食べて
ケーキ変わりのチョコレートという生活。
本当に何もいつもと変わりないという生活を過ごしました。

といいますのも、実は本日の午後15:30から
PC試験を受ける為でもあります。その勝負事という事も
ありまして、クリスマスはこの勝負が終わってからという事にする
事に致しました。

資格名はMicrosoftOfficeスペシャリスト(MOSという試験)
MicrosoftOfficeのOfficesoftをどれだけ扱うかという
試験です。私、今回はOffice2019のExcelを受けます。
表計算、正直の所、数字といい統計といい
大の苦手です。関数なんてみたら
もう「鳥肌」たつくらいに苦手です。

逆にPowerPointなんか自分で紙芝居を作っている感じなので

なんとなく好きです。動画もこれで作成しております。ちなみに動画が作れるのが分かったのもMOSを受けた事がきっかけです。

さてさてExcel、それ位に使えずでした。
もう苦労しました。なので本は何度もみるわ、インターネットで
そもそも関数って何かも調べました。
後は大の苦手の「Windows11」の扱いもついでに
調べました。変化が次々と出ている事に驚いております。

さてこの試験、全てPCで行うもので、合否判定が即でます。
ぜひぜひ合格という名の勝利を勝ち取り、
そして今夜は私にとって真の意味でクリスマスを迎えたい
ものです。

2022年12月25日 (日)

【ご報告】年賀状を出しました。

さて、このころになりますとクリスマスから一気に

大晦日に向けて動き出す時期となります。皆様、いかがおすごしでしょうか。
私はクリスマスは、紅茶を飲み、コンビニエンスストアでフライドチキンとケーキを
かって食べました。それを思いながら、2年ぶりに新潟へ帰る用意をしました。

◆ちなみに行き帰りも高速バスにしました。理由としては22時以降の深夜便がある(中には0時台も有)
時間はかかるけれど安い、そしてバスタ新宿というバスターミナルだと、今住んでいる自宅から電車ですぐに帰宅出来る。
という利点で選びました。

さて年賀状出しました。何枚出し方といいますと23枚です。
結構多いです。ですが、ここ8年位で20枚はまず出してます。
それだけ知人も増えた事もあります。

もらえる枚数は、だいたい一桁ですが、確か4年前は10枚もらえました。
中には私の出した年賀状で、「お年玉付き年賀はがき」に当選したとお声があり、
後日、手紙と一緒に当たった切手をプレゼントとして頂きました。なんか嬉しかったです。
手紙も書くので、切手はありがたいものです。

ちなみに21日の投函しました。なのでよほどの事が無い限りは元旦には到着します。
さて後はお仕事、お部屋の大掃除です。

2022年12月24日 (土)

Windows11は私の中では完全新作(例えると新作ゲーム)

皆さん、Microsoft社の最新PCの
Windows11をおつかいの方もいらっしゃるかと思います。
ただ私の職場は現時点では10が9割。8.1が1割。11は実は1人しか見た事がないです。
恐らくですが、11ですとまだ社内での専用ソフトが対応できない状態ではないかと思いました。
8.1は恐らくですが、まだ使用するユーザー様がいるのではと思いますね。(あくまでも憶測です)

さて私、変化が大の苦手です。Windows11は正直、「完全新作」でございます。
でもでも嘆いていてもいずれは、使用するPCです。

そこでです。私のよくいくゲームセンターの格闘ゲーム・アクションゲームの
大型versionUP(ゲームシステム・仕様が大幅変更)と例えます。

だいたいが基本をベースに各メーカーは、続編ゲームを作ってますが、
ただ、システムが大幅変更になったものもありました。
その時はロケテストという発売前の時にも体験したので
「これは、先回りして予習しておいてよかった」と思いました。

そこで差がつけられるか、そうでないかが決まります。

私の中ですと、ゲーム名で上げますと、以下のものです。

=====


◆カプコン社開発のストリートファイター5(2020年リリース。今まで6ボタン式が8ボタン式になる。ただ6つでも操作可能。)

◆セガ社開発のバーチャファイター4エボリューション(2002年リリース。背景、キャラクター動作が一部キャラクターで大幅変更に変わり、続編よりも新作)

◆セガ社開発のワンダーランドウォーズ(2015年リリース。アイテム追加。キャラクターの調整が定期的に変更。ゲーム内のシステム・追加要素も大幅の変更が有。ただ、操作は共通していた事もあり、これはすぐに受け入れられました

◆SNK社開発のキングオブファイターズ96=略KOF96(1996年リリース。システム大幅変更、スピードUP、主人公の草薙京が完全にほとんど必殺技が8割近く変更。一番変更が多かったです。)

個人的に変更が大きかったのがKOF96です。
これは随分と変わってまして、なれるのが大変でしたが、
大好きなゲームだけあって、なれるまでひたすらコインをチャリンチャリンと入れてプレイしてました。


=====

いずれも基本は一緒でしたが、versionが変わった時は、「完全新作」でした。
なのでここで一気に差をつけるか、変化に対して臆するかという所です。
私は後者です。これぞ、もしかしたら障害特性なのかもしれないです。私の精神障害の場合は
心だけでなく変化に対しても弱いものでもあります。


ですがそこは手数と、後は「誰にも負けん」という気合です。

ゲームではそうして、なんとか努力してまともに操作出来る様になりました。特にワンダーランドウォーズに限っては違った要素ではありますが、50店舗ゲームセンターでプレイしたり、ファンサイトで投稿し続けたりとやりました。

Windows11も異なった要素(真ん中へのWindowsマーク配置。アイコン重視画面)という形になっております。
恐らくは今までのWindowsの中でも一番変化が大きいものと私は思います。ただ裏を返すと、そこで
「誰よりも操作して、Windows11も、Office365も誰にも負けんぐらいに、狼みたいにかじりついて使ってやる!店員さんには申し訳ないが延々と納得するまで説明を求めてもらう。」

という気迫と根性、そしてゲームセンターで培ったversionUPでやりぬきます。
もちろん礼節は忘れずにお聞きいたします。


変化も大事ではありますが、そこは得意分野で克服しつつ行いたいです!

2022年12月23日 (金)

私のクリスマスは年末に実施

私、クリスマスですが、年末にやります。

理由は仕事です。クリスマスどころではないというのも分かりました。
身勝手な行動をとる上司、前にもお伝えしたかと思いますがルールを平気で破るので

「もうなんなの、あんた規律無しで好き勝手にやったら滅茶苦茶になるわ。
怒りの槍向けられるの私だし、もうやってられんわ。もう規律崩壊だわ。これ、メディアでさらされたら、もう組織崩壊だわ。やばいね。」

と、さんざんです。ああ~。。。。
そして昨日もやらかしてくれました。
上司は現場いないので、携帯メール(社用携帯でなく個人携帯)と電話で謝罪しました。
後は、もう疲れでございます。

という事もありましてクリスマスは年末にします。

いつまで続くのやら。
まあ、もともとそういう組織で売り上げ伸ばしてきたのが不思議でならないです。
よほど運がよかったのかと思います。

でもばれたら、やばいし、危ないです。
関連会社の信頼損失にもつながりかねますので、本当に怖いです。
まさにブ●●●企業だなと、怖くて●にしております。


まあ来年の3月までは続ける予定ではあります。
本当にどうなるやらわからないです。

後は実家には高速バスでまた帰ろうと思います。
「安い、遅くても出ている(深夜0時にも出ている)、眠れる」
欲いうと、大手のバス会社だと、車内にトイレがあるのでお茶を沢山飲んでも大丈夫。サービスエリアで立ち寄る休憩所には、お茶をガブガブと飲める。

あ、まだ予約とってない。それにpcr検査もまだ予約が取れてない。どうしようの状況です。

と私にとっては実に良い所だらけでございます。ただちょっと年末年始は少し高めですが
それでもありがたいです。新潟へは、1万かからずで帰省出来ます。






2022年12月22日 (木)

見返りを求めずにされる方に尊敬します

私の今年になってよくいう口癖みたいな言葉です。

何が出来るか、それで世の中を平和に出来るのか、正直の所は分かりません。
自分かもしれないですが、どちらかといいますと人と思います。

世の中には、人のために尽くす方もおります。無償の愛といいますか、
見返りは求めずに動く方もおります。

「こども食堂、ボランティア、無料でのお悩み相談、無料学習教室、気軽にきけるお坊さんの説法」など色々とあります。
特に私、お坊さんの説法には本当に救われております。
その方も貧困に関して大変、胸を痛めており、団体でなんとか「飢餓をなくそう」とボランティア団体の協力の
元で食料寄付を始められておりました。

対人関係に悩む時、辛い時にはあるがままを受け止める。仏様も見ていて下さるという事を
心から感じております。今の混沌とした世の中、技術は高い人たちの為にあるように
まるで本当に「格差」そのものが拡大しつつある世の中になってます。

もしかしたらです。今、デジタル化が進んでますが取り残されたり、
あるいはもし今後も増税が続いたら、もう持てなくなる可能性の人もあります。
私も何とか持っておりますが、もしかしたら今後は手放す事もあるかもしれないです。
それでもなんとか、してついていきたいし、そして技術にはついていきたいと強く願っております。

来年は私が社会人15年目、そして同時に「運命の年」です。今の仕事を続けるより辞める方向に向かっているのも
事実。転職のときかもしれないです。ただ出した書類が今後の動き、そこには何とか希望を持ちたいです。

2022年12月21日 (水)

【ご報告】支援機関と職場での面談結果

私、以前に障害者雇用での支援機関(アドバイザー)と職場側に

要望書という事で書類を提出し、ぜひ職場改善へ勤めてほしいという事を記載して出しました。
その中に「上長は現場の定期的な実務必修化」を掲げました。正直、今の職場は上長が
現場を知らない状況が多いです。

悪い例えですと、こうです。

◆寿司職人の主任が、寿司を握れない。
◇スーパーマーケットの店長が接客対応が出来ないし、総菜も作れない。
◆サッカー部の監督なのに、サッカーを知らない。

まさに知らない世界です。当然、上長の立場も分かりますが、
現場を知らないのはある意味では、致命的とも思います。
だから書きました。


結果がその後きました。上長から電話できました。


結果的には

「書類は見させてもらい、さっそく、組織会議に挙げた。だが、残念なことを言おう。正直難しい。組織としての役割も違う。上長は売上管理や契約を行うする組織だ。それがここのやり方でもある。実際に数値管理もしなければなるまい。
ただあなたの言っている事もいう通りで、現場経験をしていないものに上長相談をしたと解決に至ることは難しいことは現状として分かった。こちらとしても検討はする。ただ、こちらも要望がある。あなたが業務を完全に取得し、それを上長に教える方向へと勧めてみてはどうか。そちらの方が実績として作りやすい」

まあ2点3点している回答がありましたが、「まあ考える。実例がない。だったら実例作れ」という事です。

でも私なら実例作れます。はっきりいって
誰でも教える自信あります。強気でくる人間は、その対応で行きます。
教えが悪いと怒った人間もいましたし、ひるみましたが、それでも最後まで教えました。

今まで強気の方、健常者でありました方も同じ様にしました。
実際に健常者の上司に仕事を教えても、私はおりました。


どちらというと弱い立場の人たちに教える事が多くなると思います。
「高次機能障害、双極性障害、てんかん」といった内部的に見えない病の方と恐らく今後は教える立場となると思います。そういった方ともかつて現場経験をしてきましたのでこういった所が困っているのかな、顔色がおかしいなという事は完璧ではないですが、ある程度は察する事が
出来ます。

正直、今の職場は障害者雇用といえません。完全に「強いものが生き残り、よわいものが去る」というまさに弱肉強食の様な世界です。
私はそれを変えるという意味でベストをだしてます。
ただ、それがもうかなわないと分かれば、区切りをつけます。

だからこそ賭けとして書類作成をして、要望しました。
まああいまいな答えではありますが、信じて進むしかないです。





 

2022年12月20日 (火)

今から11年前(この日に1日16時間も眠る)

さて恥ずかし話ですが、2011年のこの日に私、1日に16時間も
寝起きせずに寝てました。当時は失業中で介護職を目指して、採用面接を受け続けるものの
不採用。せっかくホームヘルパー2級の資格をとったのに無駄でした。というばかりの失望の日々を私は
延々と送っておりました。

その疲れなのか、ピークになってついに起きたら真っ暗の16時に起床したのを覚えております。
体ってやっぱりわかるのかなと思いました。

その時、人生で一番睡眠をとった日として記念で覚えております。
飛行機で確か成田~アメリカ(テキサス州の都市:ダラス)が乗っている時間が約14時間だったので、それをも超えるくらいに
寝ておりました。実は中学校の時に南米のベネズエラという国にもいきました。
日本からベネズエラへの直通の交通手段が無いため、一度、アメリカの首都を経由していきました。
その後にダラス~カラカス(ベネズエラの首都)へいきました。丸2日かかりました。

今、ベネズエラですが、日本よりも格差は大きいです。
どうなるやら、本当に物の値段も高すぎてかえない。石鹸だなんて1個5000円という世界です。
経済用語でいいます、「ハイパーインフレ」に該当します。
そんな状況化です。本当に幸せが全ての人々にあります様に心から言っております。

2022年12月19日 (月)

クリスマスの意味とは(キリストの生誕)

皆さん、よくクリスマスといいますとサンタさんとか
プレゼントもらえてケーキが食べたられて、豪華なご馳走食べられる。
家族と知人と大切な時

という日がイメージとあるかと思います。

実の意味は、キリスト教(ただ世間を騒がせているものと別の話)で述べます。
キリスト教の神であるイエス・キリストの誕生日でもあります。
「この日、救い主が生まれた」という日であり、それを祝いをするものです。

よくクリスマスツリーもありますが、あれにも意味があります。

星は、イエスキリストが生まれた時に輝く星があった時、赤色の丸の赤はいわば罪を払う為に血を流して下さった事。実はキリスト教のイエスキリストの最後は、十字架刑=現代でいう公開処刑で死を迎えました。
その時に血を流しながらも罪びとの為に祈り続けたという事もあり、それがたたえられております。そして3日後に復活した事もキリスト教の教えが描かれている聖書に述べられております。そして
他の飾りつけ、木も自然や光によってたたえられているという意味もあります。

なのでプロテスタント教会、カトリック教会では、クリスマスにちなんだ讃美歌や牧師・神父の
お話しがございます。きっと今年は「紛争・貧困の格差拡大」とあっただけにそれにちなんだ
お話しや解決を願う讃美歌(神様をたたえる歌)があると思います。

私も高校・大学がキリスト教系の学校だけにイベントがありました。
ボランティアで病院へいって讃美歌を披露したり、サンタさんになってプレゼントくばったりしました。

でも私自身は、家族や神様の考え、どちらでもよいと思います。
人それぞれ考えは違います。それを受け入れる事も大切とつい最近になって分かりました。
あくまでもこれは、参考程度の知識としてとらえて頂けたらと思いまして投稿しました。

2022年12月18日 (日)

ゲームセンターにお世話になった2022年(SEGA社のゲーム)

まだまだ今年は続きますが、今年は本当にゲームセンターにお世話になった年でもありました。

中でもSEGA社の開発したオンラインゲームの協力型オンラインゲーム「ワンダーランドウォーズ」
歴史カードゲームの「英傑大戦(読:えいけつたいせん)」では、本当にお世話になりました。


====
◆ワンダーランドウォーズに限っては1日1プレイ無料という事もあり、毎日ゲームセンター通いしました。
今も継続中です。仕事でのフラストレーション(いわばストレス)やブログでカテゴリとして
掲げております「会社いきたくない病」という深刻な病気を緩和する心の薬になっております。
さらには私、このゲームを通して特定の方だけとマッチングして戦うフレンドマッチという企画を立てました。
ボロボロでしたが(いわば失敗だらけ)でしたがそれでも実現出来て、さらにはYOUTUBEの投稿を積極的に続けるきっかけにもなりました。私もYOUTUBERではないですが、これも趣味の一つとなりました。

====

◇英傑大戦は、歴史上の実在人物を扱っているだけに共感を覚えます。
坂本龍馬、織田信長、劉備、坂本乙女(竜馬のお姉さん)、関羽、孫権
と日本史、三国志と出てきてますが、それらを合戦させたゲームとなっております。

それにより歴史にますます興味を持ちました。
特に坂本龍馬が、これは本当の話として高いのですが実は「発達障碍者」だったという事も
分かりました。西洋以外が浸透していない時代。だからこそ、学校は退学になり、いじめも受け、
人の話が聞けないという竜馬。

それによって乙女さんがお母さん変わりになって(竜馬が14歳の時に母親が病死)
読み書きや剣術を教え、やがては成長して、歴史に残る人物にもなりました。
主に大政奉還(たいせいほうかん)という今まで幕府だった政治を天皇制に変える事によって、争いを無くし、諸外国からの文化も受け入れる政策を掲げた人物でもあります。

====


それらのゲームがいわば人生のモチベーション(やる気)にもなっております。

2022年12月17日 (土)

話合いの結果(考えます。でも真相は)

さて度々申し上げております、支援機関(障害者雇用)での話し合いですが
書類を見せながら、顔には感情をあらわにせずに何とか話をしました。

例えるならば、営業のニコニコトーク+改善出来たら嬉しいです。

「いつもありがとうございます。実はですね、ここを改善出来たらもっとよくなるのですし、
それに悲しい出来事の離職も回避出来ると思うんですよね。これは私自身だけでなくご退職された方もお話しとしてあった
事なんですよ。どうか会社がよりよく出来る環境もまた大切と思います。」

まるで、営業トークの様に話をしました。

ただ結果は、「まあ考えます。方針ですから。ただ書類にまとめてくれたことは確かにまとめてありますので
上長には見せます。場合によっては会議にもします。」

まあゆうなれば、前向きに考える事も感じます。
でも疑問もあって、「まあ、こんなこといっておけば、納得して仕事するしな。そういっておくか」
という心も感じました。表情から。支援機関側も「会社の方針もあるんだから、それはな。」
と難色。

無駄だったか、と思いますがそれでも自分の想いをいえた事、感情論にならなかった事だけは
評価せねばと本当に思いました。

これも人生経験だと、何事も経験だと言い聞かせております。

2022年12月16日 (金)

【決戦】いよいよ決戦(話合い)だ

さて昨日もお伝えしました支援機関との面談(障害者向け職業の支援先)
と職場上司との書類が出来ました。手書きがよいのですが、私は字が汚いので
Wordで自宅で作成して、印刷しました。

本当なら会社のPC使いたいですが、もう破棄されてしまい、これしか方法がありませんでした。
なんかフリーに使えるものがあればよいなと思うのですが、難しい時代です。
業務目的であれば、使用可能という風に制約さえあれば良いと本当に思います。

まさに格差、ついそんな事までよぎってしまいました。

でも話し合いは感情論にならず、書類の力も併せて冷静に話をしたいと心の底から
思っております。

余談ですが、私が在籍して6年で8人も目の前で辞めている方を目撃しました。

ついには先月1人辞めたと話で聞きました。障害ゆえやら、あるいは「別のことをしてみたい」というのもあってと思います。今では1つの会社でなくていい、という考えもあって「転職」という考えが増えたのも事実です。これは時代の流れなので、否定できないです。

まあ私ももしかしたら、別の生き方を考えてます。
もう絶望しております。今の所。だったらベストを尽くして、もうだめなら別への方向です。


2022年12月15日 (木)

明日は書類で勝負して話しよう(感情論)にならず

さて、以前ブログで述べました障害者雇用での支援をする機関の支援機関と
面談が明日に行われます。

そこで書類を作成しました。
絶望の答えがくるか、改善するかという2つの答えになると思います。

ただ今の組織は絶望の方向と思います。

「それが私達のやり方ですから」その答えです。
その時は口頭で述べた事もあったので、その通りになったのかもしれないです。
なぜなら言葉は人間としては忘却(いわれる都合の悪い事は忘れる)になるからです。

しかし書いた事は印象として残ります。
Twitterにしろブログにしろ、記録が残ります。
なので紙にして私、作成して3人面談でやります。

もしかしたら、良い結果となるのではないか、
それによっては私もなんとか続けるの方向に向かわせるかもしれないです。
自身でいうのも難ですが、「健闘を祈る」でいきます。




2022年12月14日 (水)

同僚が怖い。身勝手行動するのでフォロー

実は私の所、障害者雇用で働いておりますが、
なにかあった時に助けて下さる健常者の上司がおりません。
ただ電話連絡は可能ですが、すぐに出られません。

つまり、何かあったら「自分で判断して、ちゃんと述べて解決」が鉄則です。
私の上司も障害者です。融通がきかず、マニュアル通りに「チェックシートつける・片付けの手順」に動こうとしないので、
私もその点に関しては、疑問に思います。片付け程度ならまだごまかしがききますが、
チェックシートは上司に送られる為、何かあればクレームが来ます。

私だってクレーム苦手です。だからこそ、先に「まずお詫びです。
チェックシートで間違いがあります。私が確認して、ご指摘しましたが、”それでいいので出します”と言われました。なのでチェックマークが入っておらず空欄です。本来なら空欄でなく出来なかった箇所は ”/” が入ります。
しかし、●●さんは、私の上司という事もありまして、強くいえず大変申し訳ございません。ご認識のほどお願い申し上げます」

と電話のクレーム対応みたいにしていいました。

上司も「わかった。わかった。認識しておく。後はこっちで何とかする。やるだけの事はやっているから、もういい」

とぶっきらぼうにいいました。ホンねで言えば「止めろ」という感じでしたが、まあ障害者雇用だけに
いいすぎたら問題になる事も、上司は認識していると思います。

こんな事続けていたら、私も体どうなるか、むしろ心がやられると思います。
来年はこのブログで「仕事続けてます」の可能性は、かなり怪しいです。
まさに別かあるいは、本当に生き方変える可能性高いです。

2022年12月13日 (火)

まて感情的になるな。書類で勝負してみたらどうだ

実は、私の知人がこのブログを見てましてアドバイスをくれました。
この様にお話ししてくれました。

「感情的になりたい気持ちはわかる。あなたの所は障害者雇用とはとても思えない。
だが感情論になると、ますます相手もそれで太刀打ちする事となる。そうするとあなた自身の
心もますます折れやすくなる。だから、書類(いわば記録)で勝負してはどうか。あなたなら丁寧な言葉で
文章も書ける能力もあるから大丈夫だ。」

そう頂きました。
実は今週の金曜日に障害者支援する団体機関の「支援機関」と
職場の臨床心理士と3人面談があります。

そこで書類を作成しました。
内容は後日お伝えを致します。

でもいっている事は本当です。
人間の感情は「鏡」とも言われております。怒りになれば怒る。
笑えば、笑う。状況によっては、その通りでない事もありますが、まずはその通りと本当思いました。

2022年12月12日 (月)

カボチャを食べて元気が少し回復

何だか最近は野菜をしっかり食べたほうがいいなと
思いまして、カボチャを食べております。

カボチャにはACEというビタミンがA、C、Eと含まれており
まさに万能の栄養野菜です。体の調子を整え、風邪の予防にもなる栄養素も含まれております。
よく昔から「かぼちゃ」を食べて風邪をのりきるという言葉もあるくらい、
昔の方の知恵は素晴らしいと思います。

なので早速、カボチャの煮つけ・カレーを入れたカボチャ(これが以外と甘味が増して美味しく食べられる)
カボチャの炒め物と作りました。甘くておいしいです。

このところの色々な出来事、本当に怖くて、なんか不安だらけでしたが
カボチャの甘さと美味さで少し和らいだ形になりました。

人間って改めて食事は大切な事であり、生命を維持するだけでなくて、幸せを楽しむ場でもあるなと感じました。

2022年12月11日 (日)

(重症かも。)普段通りの生活が出来ない

タイトル通りですが、普段通りの生活がだんだんと出来なくなりました。

皆さん、普段でしたら夜にお風呂に入って寝るという生活が当たり前ですが、
もう私は1か月くらいは朝に入る生活になりました。
◆汚い話ですみませんが、入れない時もあります。そのまま職場行くときもありますが、その時はアルコール消毒で濡らしたタオルで
体を全て拭いてから出社します。駅の個室トイレを借りてやってます。よくないのは分かります。でももうそれしないと、さすがにまずいと思いましたのでそうしてます。ひげも万が一の時に備えて電気カミソリをもっています。◆

さらに夜になると怖さが増します。
「明日もまた上司の怒りやら理不尽電話がくるんだ」
そう思うと、苦しくなり、頓服薬(読:とんぷくやく)という過呼吸や胸の動悸、意味の分からない苦しみを
抑える薬を過剰摂取したくなります。俗にいうオーバードズです。
今だからいえるのですが、私やってしまいまして、その度に
慌てて水を大量に飲んで、吐き戻しました。
だからです。夜はゲームセンターへ行き、遊び尽くす。そうすると、
薬よりも遊びに集中出来て、さらには雑念も飛びます。遊び場に感謝です。


実はなんですが、知人の方がそのことを心配してくれて、私の障害者雇用の問題点も洗い出してくれました。結論からいって

「もうやめていい。障害年金の申請方法ものちに調べる。それにね。
テレワークでの障害者雇用もあるんだわ。月に何回か出社だけど、あなたの様に
キチンとマナーが守れる人(少なくともその方にはメール・言葉使いではしっかりしていると評価された)なら大丈夫だ。働き方かえないと、本当にあなたどうなるか分からないよ。動けなくなったら命も危うい。」

無理しないで、本当にそこだけは。命は失ったら、何の意味もない。
お母さん・お父さんも皆悲しむ。

そういってくれた時、涙が止まらなかったです。
確かにそうです。身分や名誉も人間には必要ですが、いくら手にいれてもいのちまで失えば
悲しみだけになります。

改めて何度もいいますが来年の2023年は「運命の年」でもあります。

<12/11 0:08に追記致します。>

どの様になっているか、分からずです。ただ言えるのは、
まだまだ続くコロナ禍・そして難しい年である事です。
今後、値上げが進むめば、明日の食べるものが本当にあるか
分からずでございます。出来る限り、私も食料寄付という形で
民間ボランティア団体と連絡をしてやれればと思います。

2022年12月10日 (土)

【いらつき話】上司よ。休日を何だと思ってやがるんだ

◆見る方によっては重苦しい話になるかもしれないです。先に心からお詫びを
申し上げます。申し訳ございません。ですが、これは上司としてありえる事なのかと本当に思いました◆

実は今週の月曜日に「有給休暇」を取りました。
ですが、その時に電話が来ました。何かの緊急でやらかしたのか、
と思い慌てて電話に出ましたら

「あ、給与明細届いたよ。それだけです。」

心の中で私は思いました。

<だいたいさ、あんた休日だって申請しているんだぞ。おまえ、ふざけてんのか。
バカにしてんのか。休むなっていいたいのか。あ~んなもんの事で連絡すんなよ。ボケが。給与明細。んなもの銀行の通帳みりゃわかるわ。バカだわ。あんた。>

ちなみにその方は過去に3回もやっているだけに明らかに、
部下をちゃんと見ているか、疑問に思いました。

はっきり言って申し訳ございません。特に障害者雇用で勤めている方とかで
恵まれた環境化でしたら、本当に申し訳ないですが、
私、もう「障害者雇用」なんて絶望しか感じません。
使うだけ使う、そんな環境なんて、こんな会社やっぱり区切りつけるのがいいなって
はっきり思いました。

天秤がどう動くか分からんですが、来年は9割型でクローズ(退職)の方向で考えてます。
体はボロボロ、心もやられ、おまけにケアなんていうのも無くなった。以前、退職された上司は本当に私の事を気を使ってくれて、「準社員=正社員ではないが、定年雇用まで働ける」ことになった時は
自分の息子の様に喜んでくれて、「よかったな。あんた頑張り屋さんだから認めてくれたんだよ。そうだ、一杯ご馳走しよう」
と飲み物をご馳走してくれました。

過呼吸に陥ったときは体調にも気を使ってくれました。まさに安心も持てました。

しかし、今は安心という言葉は一つもありません。絶望です。

だから来年はやっぱり、「運命の年」だなと私は本当に思いました。

 

2022年12月 9日 (金)

道は長いから、一つにこだわらず

「人生は仕事だ、学力だ、出生だ」
いわば社会的にいえば、地位や名誉が良くなる事が一般的とされてます。
昔はそうでしたが、今はどうなのかといいますとそうでないと思います。

終身雇用もなくなりつつありますし、転職だって当たり前のような世の中になりました。
実際に転職サイトやら転職会社が出来たのもそれと思います。

だから思います。会社という場が人生でなくたっていいし、学校がいけないからといって
人生終わりではないです。私だって学校は好きだったか


嫌いでした。
いいなりになって教師から良い成績を取るというのが嫌いでしたし、
何よりも人間関係です。後は学力格差というのも。


仕事もどうか。
仕事にもよりますが今は大嫌いです。強調してかきました。
何が障害者雇用だ。嘘つけ。ふざけるなよ。人を平気で差別しやがってブ●●ク企業だ。
いつかネットでたたかれるぞ。

●にしたのは危ない言葉だったので、そうしました。

今はかけ事で仕事してますが、いつかは、、、、という覚悟はつねにあります。
命失うよりは人生をおおらかに楽しみたいし、それに差別されたら、それはそれで
逃げてもいいし、むしろ分かち合う場を作ってもいいなと私は思います。

もうすぐ2022年も終わり。色々とありますが、といってもクリスマスがあります。
さてクリスマス。どんな楽しみがあるかなとついつい思います。









2022年12月 8日 (木)

疲れた時は寝るに限る

私、疲れた時は寝るのが一番つつねに思います。

ただです。簡単にはいいますが、寝るまでには時間のかかる方もおります。

そういう時は運動をする、カフェインをとるのを控える、そして寝る前の2時間前には
IT機器やテレビといった電子機器から離して生活するのが一番でございます。
後はお酒も控えるのが一番です。仮に眠れたとしても2日酔いといった症状が出てきますのでお勧めできないです。

寝る時間については人それぞれによりますが、一般的には7時間~8時間が理想です。
難しい場合は6時間です。6時間以上寝ないと人の機能(体の傷、心)は回復するのが難しいとも
いわれております。

なので私は6時間はなるべく寝る様には心がけております。
あとは瞑想もよいです。1日の雑念を取り去り、明日という道に備える。
そういった事も大切でもあります。私も出来るだけしております。その時に心がけるのは

「今日はいい日だった」

そう言い聞かせております。嫌な事があったとしてもです。それでいいんだ。なぜならこうやって横になる事が出来るんだから。
それがいいんだよ。中には出来ない事もある日だってあるんだからだ。ありがたい。感謝してねよう。


2022年12月 7日 (水)

グリーフケア(苦しみの分かち合い)

昨日、知人が宗教について「なんで神様はコロナウイルスなんていう病を起こしたんだ」
という事を相談し、私が”そうだからこそ、分かち合うべきときではないか”と答えました。

実はこれは海外ドラマを見ていての経験で、そう言えた事にもあります。

アメリカ製作の医療ドラマ「ER救急救命室」です。
1994年~2009年まで放送されたドラマになります。
日本では2011年に吹き替え版で放送されておりました。

その中のシリーズ15の「命は引き継がれて」という場面でそれが出てきます。
<著作権の関係もあるので内容は変えてお伝えします。>
少し内容に触れますが、

実はショッキングな出来事で、この救急搬送しているシーン。患者はなんと国家で名前が知られているトップシークレットの人。いわゆる犯罪組織についての情報をもっていて、それを知れ渡る事でその犯罪組織が壊滅する極秘の情報をもっている人でした。
それだけあって犯罪組織も壊滅を防止する為、狙おうとしてました。一緒に救急車にのっているお医者さんが、その犯罪組織のしかけた時限爆弾に巻き込まれて、

負傷を負い、自身の勤めている病院で搬送され治療を受けます。しかし、意識は戻らず、脳死となりました。

結局はドナー登録をしていた為、
心臓、肺、肝臓を難病に苦しんでいる患者さんに移植されました。

その方は沢山の同僚や患者からも信頼を得ており、次期に救急救命室の診療部長(一番偉い階級)という立場になろうという中だけあって同僚たちは悲しみと苦しみの日々を過ごしました。葬儀は教会で行われました。その後、一番中のよかった医師があえて、亡くなった医師と一緒によくかよっていたバー(酒場)へ同僚を招待。

そこで「みんなで思い出話でも語ろう。そう、何でもいい。さあ誰からかな。」といいました。


かたくなに同僚からは「実は、私が失恋した時に立ち直らせてくれたの。なあに一つの通過点っていうものだよ。これもまたいい出会いさって。そして必ずいい出会いがやってくる。そのためのものだよ。」

いじめにあっていた仲間からは
「兄貴はくじけて、ひねていてどうしようもなかった俺にこういった。おまえなら、

なんだってできる、そうおまえならできるさ。何でも。できると。世の中をひねくれた俺を助けてくれた」

女性医師からは
「今、移植団体から連絡があったの。
難病リストにのっていた彼らへの移植先が決まったって。本当に手のほどこしがなくて、移植でなければ治らない病になってて、いずれも助けをもとめていた人たちだった。そう。彼は3人の難病の命を救った。最後の最後までドクターの指名を果たした。」



バーに招待した医師は
「彼はね、ここのお店のおつまみがお気に入りだった。よく仕事帰りに大変だった時、僕はよくここで彼におごってもらっていたんだ。今日は彼にかわって僕がみんなにごちそうを出すよ。チーズスティックフライド=チーズスティックの揚げ物を皆におごろう。そう皆で食べて、そして今日は好きに話して飲もう」


とたわいのない思い出話をしました。
でもそれがまた痛みを分かち合い、そしてお互い苦しんでいるけど、何とかやっていこう。
そう彼もまた天国からドクターとして第二の指名を果たしていると。そう信じて歩んでおりました。

思います。海外ドラマから得られる事も多い。医療ドラマは命だけでなく、心や苦しみといった感情も
多く扱っております。それもありまして、私医療ドラマはよく見ております。
今みたいものは、「シカゴ・メッド」です。これもまた以前紹介しましたがSNSについて取り上げた医療ドラマでもありました。

2022年12月 6日 (火)

コロナが与えた悪影響(心)

未だに収まる事のないコロナウイルス。だんだんと
新型のウイルスの名前へとかわり、オミクロン・デルタやらと私ではもうわけがわからん
様な状態な名前(ついていけない)ものになっております。どうやって進化をしているのやらわからん状態です。

それだけに皆さんにおいても悪影響もあるかと思います。
感染された方、それによって仕事を失われた方、あるいは諸事情で周囲からの差別を受けた方がた
本当に、苦しい中の道のりを通られています事を心からお察し申し上げます。

私に出来る事といいましたら、少しでもその苦痛が和らぎます様にと心から祈る事ぐらいしかできないですが
少しでもその祈りが届きましたら幸いでございます。

私の知人の場合は、宗教の「信仰」を失ったとありました。
◆ただ、よく世間でいわれるカルト宗教ではなくて、ちゃんとした宗教です◆

「なぜ神様はこんなひどいことをもたらすのか、礼拝もオンラインになった、教会くるなと言われた。じゃ、いわばするなという事だ。これのどこが喜べだ。あんまりだ。どうしたらいい。信仰は捨てるべきか」

そんな悩みを私は電話で聞きました。
正直、私も分からないです。神様であれば奇跡を起こして病を治したり、邪気を払ったりすることが
キリスト教ですと聖書の中にも書かれております。余談ですが私は高校・大学ともにキリスト教系の学校にいましたので聖書の授業でそのことを学びました。礼拝も必須科目でしたのでやりました。

私も迷いに迷い、聞きながらこう答えました。

「正直私も分からない。でもこれは言える。それも”信仰”ではないか。
この様な状況だから痛みを分かち合うべきだ。恐らく他の信者さんも苦しんでいるはずだ。
そうだからこそ、痛みや苦しみを互いに話して、支えあうのが大切ではないだろうか。私だって失業を3回もした。だからこそ、差別を受けた。でもその時は分かち合う場所がなかった。でももしあったなら、きっとそのことでの人間不信にもならなかった。だから、お互い分かち合ってみてはどうか。いわゆる”分かち合い”それをきっと神様も望んでいるはずだ。この時代だからこそだ」

その後ですが、
知人は時が経つにつれて、だんだんと声が明るくはなりました。
恐らくですが、きっと分かち合いをしたのではないかと思います。

逆にプラスの面からいえば心を大切にすることも必要と私は思いました。
当たり前にできていた事が、今どう感じるのか、人と触れ合える事がどれだけありがたい事なのか
それを感じる時ではないか。私はそう思いました。


2022年12月 5日 (月)

資格試験に挑戦しようか検討中

私、毎年毎年資格試験に挑戦をしております。

去年、一昨年、3年前も受けました。

一部年では受けなかった年に関しては、翌年に2つとるという形をとっておりました。
今年はどうしようかと検討中です。

なぜかといいますと資格試験はお金もかかるのも現状ですし、時間も費やす事も多い為です。
ですが、その中において「限られた時間の中で何が自分に出来るか、どれだけ学びを得られるか」
というのも楽しみでやっております。

今、挑戦しようとしているのが、MOS(MicrosoftOfficeスペシャリスト)という試験です。
Excel2019です。今までXP(2002)から受けてきましたが、versionが進むにつれて難しくなっている傾向が
非常に強くなっております。新しい関数や高度な事を要求する問題も増えております。

そう考えると、その困難に対して、どう立ち向かうかという事を考えております。

ただ仕事も大切にしなければならないのもありますので、そこはよく検討をしております。
やるのであれば朝5時起き、夜10時~12時まで勉強。でもゲームセンター通いは続ける事は致します。
だって遊びこそ優先であり、その中でも勉強の要素(右にいってもダメなら別の道からいく。やり方次第では強い敵でも一発逆転して倒せる)
という事をゲームを通して学びました。

でもやるのであれば本当に前向きに検討したいです。挑戦する気持ちはつねに忘れず、そして挑んでいきたいです。
もし可能でしたら応援頂けたら大変嬉しいです。

2022年12月 4日 (日)

記事を書き続けて2000件へ+感じる事

恐縮ながらではありますが、このブログを続けて15周年になりました。
同時にです。一昨日の記事ですが、これで2000件の記事投稿を致しました。

Twitterだと、確か5000件くらいは記載はしております。
いくらやっても無料という事もありまして、画像も沢山付けました。
でも当時の2007年はそういった無料というものが無かった為、今の時代のすごさを感じております。

WEBページだけの世界からブログ、SNSへと広がり、今ではLINE・インスタグラムと
時代は大きく変わりました。ITの世界は無限大に広がってもおります。

ただ逆にその流れについていけないと難しいという面もあります。

SNSが嫌いだから使わない、というのもそこから「差別」も生まれているのも事実です。
逆にそこが私も難しい所であります。知人にも便利だよといっても、聞いた所
過去に誹謗中傷のメッセージが次々と来てしまい、心が折れてしまったといってました。
いわばSNS恐怖症というものになります。

手軽に使える反面にある壁、それはどの時代も永久に続く事になると思います。
我々に出来ることは何か、それは「最小限に誹謗やトラブル」を防ぐ事ではないかと思います。
完全は本当に難しい問題にもなります。しかしやらないよりはやった方がよい。
そうしなければ増々困難な問題へとなる事も確かです。

同時に認めるという事もあります。SNSがダメならメールでもいいよ。電話でもいいよ。
そうやって思いやりをもって接するIT社会へ。私もその一人であり続けたいとつねに思います。
現にそれは認めております。

2022年12月 3日 (土)

会社だけが人生でない。そう思うと気が楽。

まだまだ今年は続きますが、私にとっては大変革の年でもありました。

タイトル通りです。冗談抜きで上司と口喧嘩して、あげくの果てには上司を泣かしてしまいました。
ちなみに女性上司です。「感情の浮き沈みええかげんにしてください。恥ずかしくないんですか。あなたは」

普段からそうやっている事もありまして、私も感情爆発させました。そうせざるおえない状況でした。
ちなみにその女性上司は泣きました。自分が言われたくない事をついに言われたという事もあったと思います。

が、これは今始まった事ではないです。前いた上司(既に退職)も怒り、その後は指導しても直らずでした。

まあそれが原因で左遷されました。
今の部署にもおりますが、まあ職人気質の上司。
いきあたりばったりといった所ですわ。

どこまで持つのやら、休日も生活はいっペンして寝る事に集中する日々と変わりました。
でもでもまあ、ギャンブル、人生はギャンブルの考えで私はおります。

世間というのは未だに冷たい風というのがあり、会社勤めしていない若者は
「怠け者」というレッテルをはられているというのが現状でもあります。
でもそれにも負けず、というか今は会社だけが人生でないと本当に本当に強く思います。

それはつねに言い聞かせておりますし、むしろここがダメなら
最悪はしばらく働かない選択も一つとしております。

私自身、どこまでやれるか、ベストは尽くします。
ただ駄目になりそうになったら、その時は引き下がる。
その戦術で何とか最低でも来年の3月までは生き延びたいと思います。

ですが、最悪の場合はそれた道へいきます。命を生かし、そして自分自身を豊かにするためにです。
会社に勤められない事、すなわち負け組と思い、本気で自殺を考えた事だってありました。
現に社会問題の中である広告会社の新卒の方は残念ながらそれで命を失いました。もう追い込まれて最後には家族に電話で
「さようなら」といって亡くなりました。

命を失ったら何の意味もありません。


最悪の場合は、「障害年金・障害者向けの就労施設=A型・B型、株式生計、インターネットでのWEBライターの仕事」も考えております。現にライターはやってわずかながら収入を得ています。いわば副業です。消費税増税したなら、こうした生き方ももはや当たり前と私は強く断言します。
こうしてみると色々な生き方出来るのも今の時代だなと思ってます。


2022年12月 2日 (金)

YOUTUBEで自作ラジオを製作(顔出し無し)

ラジオをYOUTUBE内で自作として作成しております。

最近あげたものですとこちらです。
セガのオンラインゲームのワンダーランドウォーズを上げておりますが、
実際の所、私の今後の進路話やら将来の事について述べております。
過去に夜勤勤務していて、それもありましてAM3:00という遅い時間に生ライブ配信をしました。
それにも関わらずご観覧頂きまして有難うございました。

【WLW番外編6】フレンドマッチングの感想+検討中(冒険譚)
https://www.youtube.com/watch?v=fX8Ztu0V3Nc

WLW番外編4【生放送:ラジオ形式で配信】ワンダーランドウォーズの私の感想、近況、その他(他のゲーム含む)

https://www.youtube.com/watch?v=nXXvDwVcZqA&t=4618s

どちらもゲーム話ではありますが、、半分以上が自分自身の話でございます。なのでゲーム知らなくても、アルティメットってこんな人間なんだというのがご存知になるかと思います。

 

さてさてまあ、

まあなぜ遅い時間かといいますと、


眠れなかったというのもあります。

 

これも病の一つでございます。時どき寝ても起きてしまうという悪循環にも
陥っております。一時期睡眠剤も服用しておりましたが、そうすると本当に朝起きれなくなってしまいます。
進路についても悩んでおりますが、ギャンブルと例えて進んでもおります。

その点についてもラジオ内で語っております。
顔出しにしている理由はイケメンでないので、音だけ+画像にしております。
最近になって画像を出しながら、しゃべるという方法のやり方が分かりました。

YouTuberとは程遠い私のやり方ではございますが、ラジオ好きだったという事もありまして
このやり方もいいなと思いました。
色々なやり方を取ると、面白いものです。




2022年12月 1日 (木)

【朗報】継続は力なりが実現されている

私、農業ボランティアでありますNPO法人よいおやさいという
所に9年間おります。2021年7月から私自身が撮影と編集をして作成しております
「活動動画」というものを作成しております。デジカメ、2つ折り携帯電話、PowerPoint、ウィンドウズムービーメーカーを駆使して作成しております。

 



最初は10件観覧あればいいなと思いましたが、これが以外な事に最高で
一つの動画で200件あったり、時には100件ある動画が25本上げた中で3本達成しております。中にはハッシュタグというものも組み込む様になった事や口コミで広がった事もあります。



毎日ほぼ上げている事もあるかなと思います。

最近の上げた動画はこちらでございます。
<第1回目 農業ボランティア(NPO法人 よいおやさい)2021年7月度活動動画>
https://www.youtube.com/watch?v=IEgxjBdqhwQ&list=PLDpGk0945u0zL0SnvfUeK5uFmE6t2N_9U&index=1

Ll

当初ははじめてという事もありましてアニメーションの出し方も
早すぎたり、声が聞こえずらいという点もありましたが、だんだんと改善はされてきました。

 


時々ですが、他の参加者の方からも動画として上げられております。その方々のクオリティには私は完全負けております。

素晴らしいソフトや編集技術には私は完全負けてます。

 


しかし継続して取る事に関しては、それは熱意でカバーしてひたすら取り続けております。なので見る方にとっては1か月後の様子もよくわかるというお声も頂きました。

まさに継続は力なり、そう感じました。

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »