« 【頂きもの】常備薬を入れるケースを頂きました | トップページ | 【私の合言葉】簡単な動画はPowerPoint編集 »

2022年11月17日 (木)

【ドラマの名言】ただただ一つ、一つの道を歩いているだけだ

◆著作権の関係もあるため、似た台詞に変えております。

これはアメリカの医療ドラマ:シカゴメッドというドラマの精神科のチャールズ先生が
おっしゃっていた言葉です。ドラマのシーンで精神の病に侵されている患者さんが心を開かず(治療を拒否。自分はどこも悪くない)
に対して説得をし、治療を進める様にうながし、そして他の医師から「うらやましいです。先生の様な方は本当素晴らしい」

チャールズ先生はこういいました。
「私は何も大きな事はしていない。ただただ一つ、一つの道を歩いているだけだ」

でもその言葉は、一見は単調に見えますが歩むことの大変さも感じたと私は思いました。
チャールズ先生も医師でありながら、自ら心の病をもっております。
なので時には、冷静さを書いたり、他の医師にも消極的な事を言うシーンがあります。
それでも、日々自分を見つめなおして歩み、反省して、進む姿は心から尊敬をします。

私自身もそうです。
正直、仕事がうまくいかず、毎日やれ目標を達成しろ、ビビるんじゃねえといわれてへこたれて
は怖くなり、夜も眠れません。でもそれでも自分の出来る事を、つまり「一つの道を歩く」
そのことをつねにしていきたいと感じています。

もしも会社から「おまえはクビだ。いらねえ」あるいは自ら体調を崩し、もう心が限界になってしまって
離職届を医師の指示で出す事になった、リストラされた時、そしてもうできない立てない時は
「また別の道が出来たんだ。それを歩もう」

そう感じます。きっと道は長くても1つ1つ歩く事で、経験や感動する事にも出会えると私は信じてます。



« 【頂きもの】常備薬を入れるケースを頂きました | トップページ | 【私の合言葉】簡単な動画はPowerPoint編集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【頂きもの】常備薬を入れるケースを頂きました | トップページ | 【私の合言葉】簡単な動画はPowerPoint編集 »