« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月30日 (水)

仕事での私の上半期評価発表。結果は。

さてさて、私の仕事での上半期評価が発表されました。
上司からです。どうだったか、


成績下がってクビ(解雇)か

あるいは上げますか。

まあ情けで上げます。

上げられませんわ。


どれになったかといいますと、



結果はこれでした。



「情けで上げます」になりました。



理由はといいますと実は上司がコロナウイルスで

3週間欠員となった際に私がリーダーとして補佐をしていた事、上司しか知らない事が私が知っていた事や
いざとなれば体張って行動したことが評価された為です。

その後の異動でも問題がありながらも(モチベーションが下がっている。覚えがわるい)と評価受けながら根性と誠意を見せて
仕事した結果、なんとかですが、上がる事が出来ました。


昨年から準社員(正社員ではないですが、定年退職まで勤めが可能)となった為、賞与も出る事になりました。
賞与だなんて、何年振りにもらえるんだろうか。正社員でないともらえないものですが、もらえるのはまあ嬉しいです。
ですが、ほんのわずかでございますが大事に使います。

どこまで勤められるかは本当に分からずですが、これもギャンブルとしてとらえて、
長く勤められたらと思います。同時に裏側ではWEBライターというわずかながらですが、記事(障害者雇用で大切な点、自らの体調、ブログを長く記載するための秘訣)といったお仕事専用のライターネット起業様から不定期で依頼をうけてわずかながら利益を得ております。
500円~600円単位、運よければ1000円ですが、現状これで満足しております。

こういった稼ぎができるのも時代の一つと私は思います。













2022年11月29日 (火)

相手には情けも必要+備えも必要

私、相手方にも情けはつねにかけます。
宗教とかやっているのかと思われがちですが、やっていないです。
ですが、人間というのはだれしもが間違いをおかしながら生きている生き物です。

例えば「待ち合わせ場所を間違えた」「行くまでに時間がかかる」
よくある事です。その時は、「ではゆっくりと待ちますよ。大丈夫です」
と声をかけたり「●●駅であれば私がそちらまで向かいます。何かあれば電話をください。すぐに出ます」
といった機転も必要です。そういった備えがある事で相手方も落ち着いて行動する事も出来ます。
それいったら私も同じ様なケースで助けられてきた人間でもあるだけに、人の事はいえないです。
でも情けは本当に大事です。

コロナ禍いつまで続くか分かりません。仕事場でも「コロナウイルスになりました」
がありましたし、それで欠員者が出た場合の仕事のやり方や動かし方も変わります。
そういった時必要なのが、情けと備えです。

万が一のとき、どう動くか。やるべきことは何か。

それを備える事は、すぐに自信をもって「OKです」と言える事にもつながります。
仕事の話ばかりになりますが、ボランティアでもプライベートでもそれは言える事です。
いざとなれば代理でも、という事も私も今年になって増えてきております。
その時は機転を利かせて行動をとっております。

2022年11月28日 (月)

信頼を得る為には「根性」と「誠意」

◆まるでスパイや盗賊人の様な話になりますがこれが私の仕事スタイルです。ですが同時に情をもってやるのが私です。内容によってはご不快な想いかと思いますが、先にお詫びを致します。◆

私の仕事、正直いって上司が職人気質だけあって
本当に怖いです。まあ曲がった事が嫌いで、少しでも物置間違えでも
指摘されてしまいます。はっきりいって萎縮してしまいます。
朝起きるのもおっくうです。

でもそこで負けたら、「仕事引退」です。
歯を食いしばりながら、眠れずの日々ながら戦うのが私なりのスタイルです。
今の会社を6年勤めてますが、ずっと変わらずです。

時には勤めている会社が機密情報なので、携帯電話の持ち込みがダメ(カメラ付き携帯で書類を撮影されたり、万が一、会議内容をメモすると情報漏洩する可能性が高いため、事前申請が必要)となるためですが、
やむを得ずしております。誰もいない所を見計らって業務であります

「ゴミ収集分別作業・部屋の配置・掃除で必要な確認箇所」を撮影しております。
そして携帯のフォルダ機能にしてまとめております。
まるで、スパイや盗賊の様な事です。ですが、「障害者雇用」といえマニュアルが無いなら多少のことなりともこの様な手段を使わねば仕事は出来ません!それ位に過酷です。まるで本当のスパイだなと思います。

そうでもしなければ、「おまえ仕事覚える気あんのか」と言われて、ますます
こちらがつぶされてなくなります。
冗談抜きです。ある意味ひねくれ「根性」です。維持でも覚える。ベスト尽くす。それでも駄目で体が壊れたらしょうがないです。

ですが、同時に忘れてはならないのが、「誠意」です。

「おはようございます。お困りでしょうか、何かやりましょうか、申し訳ございません。
失礼致します。私が1人体制でも大丈夫です。必ずメールでご報告を致します。」
挨拶や報連相、時には相手が不測事態で別の所へ急遽いかねばならない時はその様にします。
誠意です。それこそ信頼を勝ち取り、そして出来るだけ長く仕事を続ける手段という事は
心がけております。



来年どうなるかはわからないです。もしかしたら違った働き方もありかなと思います。

組織ではつねにどこでもそうかもしれないですが、やっぱり組織都合により解雇や
相性の悪いもの同士が組めばいつかは、体調だけでなく心も崩しかねる危険な状態になります。それは強く感じてます。

さてどこまで勤められるかの賭け、どうなるか。来年はどうしているか。それでも卑劣かもしれないですが、出来る限りの手段を使って戦いに挑んでいきます。



2022年11月27日 (日)

朝のコーヒーも美味い(同時に必要)

私、大半が朝が紅茶ではございますが、コーヒーも飲みます。
理由は、眠気覚ましの為です。

実は今の仕事が朝の8時。家を出るのが6時に出なければ間に合わない場所だけに
もう本当に朝起きるのが辛くなりました。
「もともと相手が嫌だ、いやだ」と
いう事もありますし、朝は本当に起きるのがつらいです。

そんなとき、コーヒーを飲みます。コーヒーにはカフェインという脳の動きを活性化(いわゆるやる気、集中)
の働きがあります。ただ飲みすぎると胃のもたれ、逆に眠れなくなるという事もありますので
そこは難しい点でもあります。なので牛乳を入れたりして、コーヒー牛乳にすることもあります。

今ではコーヒーは私のパートナーの様なものでございます。
仕事帰りによくマクドナルドで温かいコーヒーも飲む様になりました。
ありがたいものです。

今年も残り1か月ですが、今年は私にとって漢字で表すと重いものになりそうな
形です。そういえば、毎年、今年の漢字が出ますが、恐らくは同じ様な形になると思います。

2022年11月26日 (土)

Windows11に挑戦中(色んな場で)

私、マイクロソフト社の最新PCのWindows11に日々挑戦をしております。

初操作がなんとゲームセンターでした。その後に電化製品屋さんです。
仕事場では一度も無しです。といいますが今、もう職場に私専用のPCが無いため、今では無縁になっております。

私、ご存知かと思いますがゲームセンターでPCをお借りして、YOUTUBEで生配信をしております。
だいたいほとんどの店舗がWindows10でございます。中にはオフラインで録画だけであればWindows7という所のお店もあります。

写真が初デビューの写真です。

Windows11

アイコンが真ん中になっているのが一番の特徴です。さらにはWindowsのマークを開くとでてくる
メニューバー(ソフトの一覧)も一新されております。まさに私の中では完全新作のWindowsでもあります。
まさに日進月歩の世界のITと本当に思いました。

やっぱりWindows11は難しいです。
なんだか、スマートフォンを意識したつくりになっているせいか、何だかPCユーザーには難しい、慣れた方は戸惑いやすいです。

もしかしたら大半の方が10の方がよかった、7が一番だという方
がいるかと思います。ちなみに私はWindowsXPでありました。恐らくはこのPCを通して、インターネットデビューをしたりPCが良いものだと思った方が多かったと思います。7もクラシックスタイルというものにするとXPと同じ画面に出来たので初めての方にも優しいPCだったと思います。

実はですが、どうしても慣れないという方には、実は「クラシックシェル」というフリーソフトがあります。いわゆる画面改造も出来ます。私、既にもう1台Windows10を持ってますが、操作するとほぼXPと同じ画面になります。

2022年11月25日 (金)

法話をよく聞いています(お坊さんのお言葉)

私、今年に入って「法話」を聞いております。
昔は直接、お寺や法事の時でないと聞けない時代でしたが、
今はインターネットで探すといくらでも聞けます。
中でもYOUTUBEで検索すると、いろいろと出てきます。

よくお笑いでありますグランプリを法話版で「法話グランプリ」という大会もあるくらいです。グランプリだけあって喜劇を交え、そして時には真剣なまなざしのあるお坊さんのお話しに、笑いつつも、「ああ、生きる事はまるで悟りそのものだ」と私はつい感じます。

法話。聞いていますといろいろと振り返る事もあります。
「時代の流れ、人間が生きる事とは何か、苦しみとは、現代社会の問題化、弱さをどう受け入れるか」
それを受け止めやすい様にして、誰でも聞ける形になっております。
なんと言いますか食べ物でいうと、歯が弱くても柔らかくして食べられる様にして、聞けるお話しが多いです。

私も今、生き方について迷っています。

「人間関係がうまくいかない、仕事がうまくいかない、失敗続きだ」
そんな時、法話は心の支えともなっております。

皆さんも何か、人生でつまづいた時、それが法話が力になってくれると私は思います。

2022年11月24日 (木)

私は食べ残しをしない(食べられる分だけ)

さて、食品ロスの話を一昨日しましたが、
私、つねに心に決めている事があります。食べ物では。

それは「食べ残しはしない」です。
小さい時は、よく両親からこう言われてました。

「こうやって野菜やお米が食べられるのは、お百姓さんが一生懸命に作ってくれたおかげ。だから感謝の気持ちをもってたべなさい。
残すなんてもったいない。最後までキチンと食べなさい」

それ位に昔は、食べる事が生きる事と結びついていた時代だった事を感じます。
祖父母も同じことをいってました。「今は毎日、お腹一杯食べらる時代だね。でも残すのはね。何だかせつない」

だから現代がいかに食べるものが多く、むしろ山の様にある事があらわれています。
しかしながら、それが行き届かない現状や今もなお続く飢餓、そして戦争を考えると
つい、「何とか行き届かないものか、再利用できないか」と本当に考えております。

地球環境問題の中にもこの食品ロスもあると思います。
温暖化と一緒になって考えれば、食べることを廃棄するときにも恐らくは火で燃料を消費するので
エネルギーもかかると思います。なのでそれを土に埋めたり出来ないかとも思います。
わたしもつい最近ですが、土とプランターを買いました。小さな野菜の皮くらいしかできないですが
それを埋めて肥料にしております。

ものがリサイクル化される様に、食べ物もまた再利用や食べられない方にも気軽に食べられる出来る世の中に進んでいけたら、
本当にそう思います。

2022年11月23日 (水)

農業ボランティア活動9年目

私、農業ボランティア団体であるNPO法人よいおやさい
という所で9年間活動参加をしております。



11月参加で9年目です。初めて参加した2013年11月は
あの頃は、そうです。老人介護職でリストラにあいまして、その後の人生でどうしようかと
迷っていた時にこの活動と出会いました。その後、学生様、農家様と沢山の方々と
交流を深め、同時に作物に関する知識も身につけつつおります。



でも改めて思いました。農業って、自然を身近に感じる事の出来る貴重な場であると。
「地球環境」についても考えます。作物は自然の天候に左右されやすいものです。
大雨ですと、なかなか成長が思う様にいかなかったり、猛暑ですと枯れてしまったりと
まるで、作物が「自然の危機」をサインとして表してくれているんだなと思いました。
大切だなと思いました。



ですが人の心を和やかにもしてくれるものです。
きっと作物もコロナという現状をよくわかっているうえで育っていると強く思います。
件名に育つ姿に私、毎回の参加をするたびに元気と勇気を頂いております。



今回も活動参加をしまして動画を作成しました。
<第23回目 NPO法人よいおやさい 活動動画 2022年11月19日(土)>
https://www.youtube.com/watch?v=38XGgoICofk&t=1s



画像は、伐採した木々(古くなった枝)が多くなった為、たき火で片付けもしました。
一見、育った枝を切る、燃やすのはかわいそうな作業と思いますが、これも
育てているブルーベリーの成長を促す大切な作業です。
実際に切ったあとに新しい芽や育つ若い新鮮な枝も出てきます。

Dsc_4253

 

2022年11月22日 (火)

日本は食料豊富だが捨てる(CMでも訴え有)

私、以前にも食品ロスの問題で駅のベンチで
賞味期限がまだ間に合う食べ物を、見て「これはもったいない」と思い、
持ち帰って食べた事を記事にしました。もちろん、そこは
万が一を考えて、胃腸薬や中毒予防にお茶、本当に未開封なのかを何度も確認した上で食べました。用心して食べるのも何だか怖いなと思いました。
ただ幸いにも2回した中で一度も無しでした。明らかに、忘れたというよりも

「お腹一杯だからいいや」だったのではないかと思います。

同時に思ったのが、私はこうです。

「日本は食料が豊富。でもこうやって平気で捨てるのは怖い。

それにだ。以前、TVCMの公共広告機構(現:ACジャパン)で、”沢山の食べ物を残す国、不思議な日本=ただ著作権もあるので似た言葉に変えてます。”確か、デブネコちゃんが出てきて、「にゃんで、食べ物が一杯こんなにあるのに食べ残しがあるのかニャー。不思議だニャー」
とありました。

猫のCMはかわいいかったですが、今はこれが現実問題で深刻化しております。

でも時代が進むにつれて、飢餓が日本にも迫っている事を感じます。
日本の子供が「お腹が空いたよ、食べるものは」という言葉が現にあります。
それを防ぐためにも「こども食堂」「食料寄付」というボランティアがあります。

それに少しで当てる事は出来ないだろうか、食品ロス。ここでも思います。格差社会が目の前にある事を。



2022年11月21日 (月)

【昨日のきっかけ】好きをもっと、進めろ

◆本当は、違う言葉ですが著作権もありますので、似た言葉と文面にしました。

こんばんは。恐らくこれを更新しているころは、
「仕事だ。寝つけられない。怖い」という病気が私に襲いかかっているころでもあります。
高確率でそうです。朝起きれば、満員電車。いけば職人気質の上司。力仕事の連続(これはまだどうにでもなるレベル。理由は1人で出来るのである意味では気楽だが、大変)があります。

そんなとき、私の支えの本があります。
IT企業:ライブドア創設者の堀江貴文氏ことホリエモンの書いた本があります。
私、持っております。

「今は会社だけが頼りとなる時代も、変わった。むしろ個として生きる時代も選択として増えたし、会社都合で解雇も前提となっている時代だ。インターネットが普及した以上だれでもそのチャンスはあるし、本当にやる気があればいくらでも稼げる。むしろ、会社という枠に縛られ、暗い人生を歩むくらいの人生ならそうした方がいい。それで自殺や過労して倒れるならなんのための人生であろうか。もっと人生を楽しめ。喜べ、遊べ。」

その通りです。現に2016年に起きました、ある日本の大手広告会社の新卒者の自殺は、
本当にその事件です。売上をあげろ、客に喜ばれることしろ、それに追い詰められて、命を失いました。
その方は東京大学を出た女性の優等生の方。きっと良い人が上司や役員の方でいたなら、
もっと良い人生が歩めたので、本当に悲しい事件です。私は今でもその事件の事を心に覚えております。

現に私なんて仕事帰りに「遊ぶ」が当たり前になりました。遊べなければやってられません!
暴言ですが、仕事先で「おまえは遊ぶな。勉強しろ」って言われたら「この場で、辞めます。」と堂々と答えます。アルコール中毒ならぬ、「わたしは遊び中毒でございます。」私はがははは。と大笑いして答えます。

落ち込んだ時、私はその本を何度も見ております。


2022年11月20日 (日)

長い人生だから、一つに執着しなくてもいい

まだまだ今年が終わりには、まだ先ですが、
これはつねに考えております。

最近、自然やインターネットでの色々な話(YOUTUBEで趣味を上げている方・株式投資を軸に生きている方・会社を脱サラ=いわゆる退職してフリーランス業で働いている方)を聞いていると思います。何も会社や企業だけが人生じゃないと本当に思いました。本当に仕事だけが全てないと思いました。

実は、精神科に月1回かよっているだけあって、
先生からの話でも聞いたのですが、仕事を定年退職したとたんに急に「うつ病」や「認知症」に

なったという方のお話しも聞きました。余談程度で、私から思い切って「人生は仕事だけではないですよね」とお話ししたところ、その事例をお伝えして下さいました。やっぱり長い長い人生だけあって、一つの事ばかりに執着する必要もないんだと思いました。

前々から述べております私、来年の3月でもって仕事を一旦、リタイアするという方向ですが、
未だに考えにおいております。今は身体が丈夫だからいいが、サポート不十分、それにもしも体を壊したら
次でたてなくなったらという事はつねに考えております。仮に続けたとしても”どこかで区切りはつけたい”とつねに思っております。

だから、色んな人生のやり方がある事、そして何よりも人生を楽しく生きていく事
を心においております。つい先週ですが、(これは会社にはばれていないですが)
インターネットでライターの仕事を副業しました。ライティングの依頼がありましたので
応募して投稿した結果、採用されました。

たった500円という収入でした。しかしそれでも私にとっては、大満足です。
「あ、これも一つの生き方だな。インターネット使えば収益も得られる時代になったんだ」と強く感じてます。よく言われるテレワークが普及したのはこういった背景もあるなと思います。

フリーランスになると、収益も全て自分が動かなければ稼げない、難しい世界ですし、年末調整も直接自分でしなければならないです。
ただ、自分の働き方っていろんなやり方があるんだと本当に思いました。


2022年11月19日 (土)

デジタル安全と規律重視した世へ変えてほしい

私、このところですが、
「儲かりますよ」
「あなたなら出来ます。いましないと後悔します。」
「クリックしたら1万円だ」

というわけのわからん迷惑メールが来ております。
一時期ですが、1日100通来ていた時もありました。
削除だけでは対処はしきれないと判断。メールアドレスを変えたとしても
恐らくはそういった攻撃は世間を騒がしては、やがては特殊詐欺(よく言われるネット詐欺)にも
繋がる事になるでしょう。

ちなみに警察署にも相談をしたところ、「全て削除)とお話しがありました。

ただです。
それでは、無理と判断しております。

今後は、全て「迷惑メール通報センター」という国の委託している民間団体へ
全て通報をしております。

【迷惑メール相談センター 通報メール】
https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/ihan/index.html#index5

【迷惑メール相談センター】
https://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html

今、国の機関でも「デジタル庁」が発足し、マイナンバーカードの普及や
デジタル化によって社会活動の普及を進めております。
しかしです。私の見た限りでは、残念ながらですが、肝心の安全性が抜けているとしか
いい様がないです。そして何よりデジタルについていけない人達の対策が万全でもないです。

人間には「得意・不得意」がどうしてもあります。
私に様に障害特性上で、いくら教えてもどうしても難しい、出来ないという方もおります。
現に私はパソコン以外の機械操作、運転免許以外は全ては難しいと判断されております。
↑実をいえば、「パソコン・運転も不向きレベル」でもあります。ですが、PC、パソコン共に
楽しくやっていらっしゃる方のおかげの指導の元なんとか人並に操作出来る様になりました。
特に運転に限っては、今後はもしかしたら免許取り上げの可能性(理由:精神疾患が重篤の場合は運転免許返納。)も今出てきてます。その点も不安の一つです。


もっと優しい社会になってほしい。そしてデジタルも普及させるのであれば
安全性をもっと重視してほしいです。そう願ってます。迷惑メールが来たら私は問答無用に通報します。


2022年11月18日 (金)

【私の合言葉】簡単な動画はPowerPoint編集

MicrosoftのOfficesoft。皆さんよくご使用されると思います。
私、もっとも使用しているのがPowerPointでございます。

何か皆さんの前で発表をしたりしているのか、実際に前の生命保険会社では
イベント企画で、オンライン参加の方も含めて40人以上の前(おまけに執行役員の方もおり)
でプレゼンテーションをした事もあります。

さてさてタイトル通りですが、なぜ一番良く使うのかといいますと
動画編集が出来るからです。簡単な動画は、全てPowerPoint2019で作成しております。
例えば、よく私がセガのゲームセンターのオンラインゲームのワンダーランドウォーズでの
番外編(50店舗のゲームセンターでプレイして”伝説の旅人”という称号をもらう。昇格試験に合格した)
というのもPowerPointです。

MicrosoftのOfficeも動画が主流になっている事を上げている事もあり、
2016のversionから動画編集が可能となりました。

簡単な動画であれば、作成する事が出来ます。高画質にしたり、今回の様にして、文字をいれたりしての説明も可能です。今では「私は簡単な動画ならPowerPointで編集だ」が合言葉になってます。

2022年11月17日 (木)

【ドラマの名言】ただただ一つ、一つの道を歩いているだけだ

◆著作権の関係もあるため、似た台詞に変えております。

これはアメリカの医療ドラマ:シカゴメッドというドラマの精神科のチャールズ先生が
おっしゃっていた言葉です。ドラマのシーンで精神の病に侵されている患者さんが心を開かず(治療を拒否。自分はどこも悪くない)
に対して説得をし、治療を進める様にうながし、そして他の医師から「うらやましいです。先生の様な方は本当素晴らしい」

チャールズ先生はこういいました。
「私は何も大きな事はしていない。ただただ一つ、一つの道を歩いているだけだ」

でもその言葉は、一見は単調に見えますが歩むことの大変さも感じたと私は思いました。
チャールズ先生も医師でありながら、自ら心の病をもっております。
なので時には、冷静さを書いたり、他の医師にも消極的な事を言うシーンがあります。
それでも、日々自分を見つめなおして歩み、反省して、進む姿は心から尊敬をします。

私自身もそうです。
正直、仕事がうまくいかず、毎日やれ目標を達成しろ、ビビるんじゃねえといわれてへこたれて
は怖くなり、夜も眠れません。でもそれでも自分の出来る事を、つまり「一つの道を歩く」
そのことをつねにしていきたいと感じています。

もしも会社から「おまえはクビだ。いらねえ」あるいは自ら体調を崩し、もう心が限界になってしまって
離職届を医師の指示で出す事になった、リストラされた時、そしてもうできない立てない時は
「また別の道が出来たんだ。それを歩もう」

そう感じます。きっと道は長くても1つ1つ歩く事で、経験や感動する事にも出会えると私は信じてます。



2022年11月16日 (水)

【頂きもの】常備薬を入れるケースを頂きました

私、ご存知の通りですが、2008年からうつ病になり、
2013年から「精神障害者」として生きております。

薬も9錠飲んでおります。が、調子が良いと時々飲み忘れてしまう事もあります。
そこで防止するためと思いまして、何かないかなと思いましたら、
知人の方から「飲んでいるんであれば、何かケースに入れた方がいい。あなたの場合は
リュックサックの小物入れに入れているけど、すぐかさばるし、サイフを出し入れすると意外と落としやすい」
という事で頂きました。

小物入れです。例えると女性用の鏡や裁縫道具を入れる様なものであります。
もっといえばマウスピース(ボクシング選手のする歯ぎしり防止)の様な形のものを頂きました。
この中に必須で飲む以下の薬

・ジェイゾロフト(精神安定剤=1日3粒朝必ず飲む)
・リーゼ(頓服材=いわゆる興奮や情緒不安を和らげる薬、朝2つ、昼2つ、夜2つ)

今までは1日4粒でしたが、今は倍です。
それだけ体と心にもダメージが日々大きく、治すのが難しい状況化になっております。
なれるまでまだ時間かかります。それもあってか、進路も考えたいと思う様にも
なったのもきっかけです。

でも病は友達という考えを持っている方もおります。その方の考えも取り入れたい
です。よく幻覚や妄想、時には誰もしゃべってもいないのに聞こえてくる(おまえこっちこい、何やっているんだ)
という幻聴もあります。でもその時には「まあ、まてこっちにも用事がある。済ませたらいくさ。」
「すまないな。薬を飲んだらいこう」とあえている状態を想定して、付き合うという方、いわゆる病に対する
付き合いをうまくして過ごされる方もおります。

私もそうできたら、つねに感じます。

2022年11月15日 (火)

また食品ロスがあった(食べ物を大切にしてほしい)

実はですが、また食品ロスが駅のベンチにありました。
今度は調理パン(ホットドック)です。賞味期限はギリギリで後1時間できれるという状態。

前回とおなじく、声掛け(落した方いませんか)と10分ほどベンチでおいて
今一度、未開封である事を確認。

自宅に持ち帰り、加熱を余分にして食べました。
本当に食べても安全である事を確認。また予防として中毒予防の緑茶と梅干を食べながらにしました。

本当にほってはおけない問題でもあります。

なんだかひろい食いみたいなことしているから、余計に体に悪くなるのでは、
「本当にアルティメット、大丈夫か、おかしくねえか、病院で入院はやくしろや」と過激な言葉もあると思います。

でも食品ロスは見逃したくないです。本当にもったいないです。
これをもし餓死寸前の子供たちに上げられたら、どれだけ喜んでくれるでしょうか。
アフリカやカンボジアの問題が、もう日本にまで来ている事は、もしかしたらです。

今は環境問題で温暖化もあるので、日本もいつか同じ問題と化すのも時間の問題となっています。
それだけ危機も出てきております。ついやった事は悪いことではないか、そう思います。
ですが、食品ロス。本当に何とかできる問題であればぜひやってほしいと思います。

2022年11月14日 (月)

嫌な事終わったら、楽しい事しよう

「嫌な終わったら、楽しい事しよう。それも沢山だ。」

いつも嫌いな仕事のとき、私なりの合言葉でもあります。
ゲームセンター、マクドナルドの100円コーヒー、パソコンでのブログ更新や
Excelの勉強(仕事上では社内PCが破棄された為、もう役には立ちませんが、趣味程度でもやっていたら、きっと何か物事の考えが変わる)
とそう思います。

皆さんもそう感じる時あると思います。
私も学校という場になじめなかったタイプです。
勉強できない、スポーツもできない(水泳だけは唯一出来たが、授業自体が少ないため評価はあまりあげてくれない)友達付き合いをしていたら金銭を騙されたり、ゲームソフトを取られる、そして親からは「おまえがしっかりいわなければいけないのになぜいわない。大恥だ。それになんだ通信簿の成績。1と2なんて見た事がない」といわれたりしました。

ある意味では心から学校も嫌っていました。でももともとの神様がくれた才能なのか1日も休まずに学校にいきました。授業が分からなくてもいきました。高校の時は卒業式の時に卒業賞状と同時に「皆勤賞」まで頂きました。でも頂いた時は一瞬だけは嬉しかったですが、心の中では「やっぱり学校は嫌いだ」と思いました。

その後も大学に進みましたが、その姿勢は変わらずでした。対人関係で悩み、卒業式の時の謝恩会は出席拒否してすぐに家に帰りました。当時は携帯メールでやりとりしていた方も全員、卒業式後には懇親会の参加は即拒否。むしろ、NTTドコモショップへ即行きたいと母親へ依頼して、全員の知人と先生の着信とメール拒否設定にしました。

そして家で食事するのが楽しみだった事もあり、その時は大いに喜びました。
大好きな母親の作ってくれたハンバーグ、そして新潟の白米を沢山と食べました。とても美味しかったです。


今は色んな生き方があります。学校にいかなくたってパソコンでも勉強が出来る。現に働く事なくても
株式で投資して稼いでいる知人がいる事も私はしっております。私は株はそこまで勉強中の身なので大損する可能性もあるので
まずは法制度である「障害年金」からかと思います。もしかしたら自宅でフリーになってインターネットでわずかながらですが
収益を得るネットライターの仕事をするという事もあるかと思います。

◆実は100円単位ですが、現在、会社で内緒に副業という事でやっております。副業で現時点で10万円の収益を超えていない、年収300万以下という事もありまして、確定申告の対象ではないです。今の仕事は残業が出来ないので、稼ぎが固定給です。つーかこんなに苦労しているんだから、もっとだせよといいたくなります。

色んな選択肢が出てきている。昔のやり方をしなくてもいい。
そう、もしかしたらです。来年はそうなるかもと心では思っている自分もいるのも現状です。

2022年11月13日 (日)

感情が大爆発(飲食店でパニック障害)

実は私、今だからこそ話せるのですが、10月中に上長との面談で
思わしくない結果が出た事もあり「飲食店で大泣き」をしてしまいました。
いわゆる感情爆発=パニック障害を起こしました。店内中にわめく行為でした。
去年の4月は、勤務中に過呼吸。怖いものでした。

でも、その時に助けて下さった方がおりました。

別の男性のご年配(恐らくは福祉関係の方)から
「大丈夫ですか、お薬飲んでいたみたいですが、苦しいなら店員さん呼びましょうか」
と穏やかに話をしてくれた。

私は「大変申し訳ありません。会社で人とトラブルあって、悔し泣きしていました。」と話したところ、怒りもせずこう答えて下さった。

「お辛かったでしょう。いいですよ。泣きたいときは泣いていいですよ。」と背中をさすってくれた。その後に涙声も落ち着いた顔を見て、「ちょっと失礼しますね。大丈夫ですよ」対面で座り込み、少し話をしてくれた。

「あの、差支えなければですが、このお薬は何か心を落ち着かせる薬ですか。」

「頓服薬っていう心の不安を取り除く薬です。私、うつ病を14年前から患っていて、つね日ごろからこれを飲んでいるのです。」

「うつ病は、辛いですよね。私の知人も同じ様な薬を飲んで、会社を無理してでもいって、結局は吐き気や頭痛が止まらずに退社しました。でもそれが逆に、本人にとっては良かったです。いつも”俺は死にたい、もう生きたくない”といっていました。だからもし出社をし続けていたら、命も危うい位に追い込まれていたのですよ。今、うつ病になっている方はだんだんと増えておりますよ。」

「それに、サラリーマンっては、売上を上げろだの、利益上げなさいだの、とても辛い商売ですよね。でもですね、出来ることをすればいいですよ。それだけでいいですよ。
もうクビになったら、私はよくやったと言ってあげて、別のことをすればいいんですよ。
サラリーマンじゃなくても、別の道でやり直せますよ。」と励ましてくれた。
さらに男性は帰りぎわに、100円をくれた。
「少ないけどお茶でも飲んでください。あげますよ。明日はいい日になりますよ。それでは。大丈夫ですよ」

こういった人がいて下さる世の中、いてほしいです。それに無償になって話を聞いて下さり、
そして心配りと同情して下さる愛、それこそ世の中で欠乏しているものであると私は思います。
福祉関係と方と思いますが、恐らくはきっと神父さんや牧師さんといった正統的なキリスト教の先生かと思います。優しい口調、今でも覚えております。

出来る事をしてみよう。ギャンブルなんてかいたけど、まずは2023年3月までなんとか、出来なくても年内まででも
そう感じました。ダメな時は別の道。その様に信じて歩みたいと思いました。

2022年11月12日 (土)

【幻聴・妄想か】人生というギャンブルのチップをかけな

私、今でも会社を、仕事を辞めてみたいと何度も心の中に言い聞かせております。
でも時々です。心が不正常なのか、それとも心の中の自分がもう1人いるのか
その時の言葉があります。

「おい、おまえよ。人生ってのはギャンブルっていったんじゃねえのか。仕事っていうチップ(人生の現金=現実にはギャンブルでいう現金の代わりの様なもの)をかけてみなよ。準社員もかぎつけたのも、おまえが1人で実力で手に入れたものだぜ。誰も助けてくれない、自分でなんとかしろっていうサバイバルをお前は生き抜いてきている。ある意味では軍師や武将の様な戦士だぜ。本当に尊敬するわ。だましをしてもごまかしても、それでもある意味では、英雄だ。
じゃ、かけてみよう。2022年まで耐えられたら、おまえにほんとうに5000円やる。そして飲食店で1000円以上するものなんでも食いな。
3月も耐えられたら倍の1万やるぜ。そしてそれでも続けられるなら、そうだな。ギブした時は3万やるよ。辞めてもやるぜ。」

そう幻聴といいますか、妄想といいますか本当にそう聞こえる時があります。
もしかしたら、本当に病気の表れなのかもしれないです。ですが、悪くもないかと思います。

私の祖父は前にもお伝えした通り、無類のギャンブル好きでした。

麻雀をよくしてました。家に知り合いを招いて、そこで麻雀を楽しくやっていて、「買ったら好きな食事をご馳走する、お茶をご馳走する」といった今でいう「賭け事マージャン」を当時はしていたのを覚えております。

今はその祖父は亡くなりなりましたが、今でも麻雀の卓上と道具は今でも残っております。
それを見ていると、ああやっぱり私は祖父の血を引いているんだなとつい思います。


「人生はギャンブルか、おじいちゃん。やっぱり私はおじいちゃんの血を引いているな。
かけてみるか。来年の3月まで麻雀じゃ、点数だけど、知らないから私はチップをかけてみるよ
やるか。賭け事っていうじんせいをな」

2022年11月11日 (金)

【やりました】食品ロスを防ぐ手段をしました

◆本当のことをかきます。もしかして心身がおかしいせいなのかもありまして、
そして「食品ロス」を防ぎたいという信念もあっての行動をしました。

実は駅のベンチに賞味期限ぎりぎりのおにぎりがそのままおいてありました。

中身は未開封で、それにまだあけてある状態でもありませんでした。
とある駅でありました。それもコンビニのおにぎりです。
一つは塩おにぎり、もう一つは混ぜご飯のおにぎりです。

10分ほど手に掲げて「落とし方かたいませんか」と声をかけましたが
誰も反応は無し。その後、10分、置いてあった場所においてそのままにしても
取りに来ずでした。

これでは食品ロス(いわば廃棄)になりかねないと思い、持ち帰りました。
今一度、確認をし、未開封である事を確認。そこで食べる事にしました。
ただ、外での空気も既に多く触れている事もあるため、中身を空けて
お湯をはって十分に加熱をし、お粥上にして食べました。

自分なりにではありますが、食中毒を防ぐためにも
緑茶と梅干もありましたので両方とも飲み食いしながら食べました。

その後食べても体調に異変もなく、です。
実は、10月下旬に私は「新型コロナワクチンの4回目」のオミクロン株対応のワクチンも打ちました。

本当は良くないです。コロナ禍でもありますからそこで感染もあります。
ですが、、、これでは環境にだってよくないです。食品ロスで資源も失われます。

それに私は現に貧困問題にも携わった事もあり、既に食料寄付もした事もあります。
それを思うとつい、やる事なのかと思いました。賛否両論もありますが、
一刻も早くこの問題に何とか対処出来る手段があれば、そう考えます。

2022年11月10日 (木)

仕事が「大好き」という方がうらやましい

◆いきなりの感情論の話になりますが、これが私の現状でもございます。
何卒お許しくだしませ。そして何より障害者雇用の担当者には知って頂きたい、改善しないと、本当に大変な状況にもなりかねないです。

私、今の仕事は「大嫌い」です。超のつくほど嫌いです。
ですが生きるため、恥をかかない為にもやらざるおえないです。
自分の命を削っても、やる覚悟でいます。

できる事なら部署転換を要請したいですが、上長に聞いたところ
「これ以上はできません。今回でダメならヨソ(いわゆる別の職場)へいってもらいます。ただ実力がつけば検討は出来るとは思います。」というお墨付きの警告までもらいました。

いわゆるラストチャンスです。そこまでヤバイ状況についに差し掛かっております。そんな冷たい事まで言われたら、以前にも話をしました「モチベーション」は下がります。
負の循環というのに差し掛かっております。

そういう時にふと思うのが、「仕事が好き、あるいは辛くても支えてくれる方のお仲間がいればやれる」という環境がとても羨ましいです。私は今の職場では残念な事にそういった環境はなく6年間ずっと自分1人でなんとかしてきました。時には怒り爆発して、「これ以上、毎週近況業務レポートを書かせる様であれば私は辞めます。むしろ、もう退職届を出します。本気でやりますよ。この場で書きます。なので話を聞いてください」と怒鳴った事もあります。

何とか受け入れられましたが、評価はマイナスとなり、給与も減額となりました。
何の為に働くのやら、そう感じました。

なので何度も繰り返します。よほどの運命の事が無い限りは2023年で区切りの年でもあります。
現状、非常に苦しい状況にもおります。なので今は今年を何とか耐えて、来年の3月には答えを出したいと考えております。

2022年11月 9日 (水)

1日中寝る事も時として大切(エネルギーを充電する為)

私、休日中は朝から夕方までずっと1日中寝る事もあります。

「おいおい良くねえだろう。悪い」
障害者雇用を支援する機関からも「それはNGです」と堂々と言われました。

ですが、申し訳ないですが現在の様な勤務をしてますとどうしても、そうせざるおえない状況です。
対人関係も障害をお持ちの方と一緒で、管理者の方も不在。そうすると、
自分ひとりが頼りです。相談も月1回しかできないので、事前に紙にまとめる必要があります。
怖いです。

朝から勤務終了までずっと緊張の糸が取れないので、つねに車でいうとアクセルを踏みっぱなしの状態です。休憩時間でも「あの人とどう接しようか、ここの清掃できていない、いち早くスタートの準備を」と連続して運転している状況です。

だからこそ、回復と心のエンジンを休ませる為に1日中寝る事もあります。
それも大事です。寝だめは良くないですが、直感的にはここで1週間分の心と回復の耐えうるだけのエネルギーを蓄える意味もあります。

ただそれをしすぎると、眠れないという事もありますので、夜寝るためにも
1時間だけ外へ出ます。それがゲームセンター通いでもありますし、コンビニまでいって
大好きな牛乳をかったり、朝なんとか食べるためにも、甘いパンやチョコレートをかって
いく事もあります。それも大事です。

なんだか毎日綱渡りですが、日々やるだけやって、ダメなら退職+法制度+一度自分を考え直すという
事も強く検討してます。命と心のバランスを見ながら来年検討をします。

2022年11月 8日 (火)

【危ないかも】規則正しい生活が出来ない

皆さん、よくあるかと思いますが忙しい時に限って食事を1日2食にしたりとか
時には入浴を翌朝にしたりとかあると思います。

本当はといいますと、医師から入浴禁止とか絶食とかの指導があれば、話は別になりますが
本来はよくないものです。むしろ体に知らない内に悪影響を及ぼします。
なぜなら人間は規則正しさというのをもって生活をしております。

朝起きて夜はキチンとねる。それは幼稚園、小学校、中学校の時から既にみについているはずです。
それが出来ずになると、体の不調だけでなく心の不調も大きく出てきてます。

現に私もそれが出始めて、入浴は翌朝。最悪の場合は遅刻を防止するためにも
本当によくないですが、入らずに仕事へいきます。そしてトイレでいち早く、消毒用のウエイトティッシュと夏用の汗フキパウダーで何とか汗や皮脂汚れを落としてから、やる。髭剃りも外でなんとか電動でやってこまかすというあらわざ手段をつかってます。眠れない時は、ひたすら念仏を唱えたり、時には闇雲に日記や絵をかいてます。

ある意味では心が崩壊してきている。と感じています。
原因は仕事もあります。「なぜモチベーションが上がらない、なぜ成果が出ない、対策はどうした」
本当に頭がおかしくなる時もあって、時には自宅で泣いたりもします。

分からないです。精神科の先生も「あなたのいっている所は障害者雇用ではないですよ。一般企業です。
正直、もう働く事は私は勧めたくない。でも最終的にはあなたの意思を尊重はします。ですが
将来はまだ長いです。よく考えてみてください。やる手段はまだありますよ」

実は、将来的には難しい状況が続く様であれば、(もう現在80%近くが危険状態)前にもお伝えした通り、退職も検討に入れてます。さらには知人が「障害年金を申請して少しでも、働きやすいA型就労支援施設という福祉制度の整った所で働くべきだ」と言って下さいました。手助けもするといってました。

準社員になれた(定年までは勤められるが、給与は契約社員のまま。さらには企業都合で解雇される事は当然あり)事で安定は図れましたが、いくらそれでも命まで失ったら何の意味もありません。
やはり2023年は運命の年とならざるおえない可能性は十分に高くなっております。

どうか、健康が守って下さい。神様を信じてみたいとこの時ばかりは思いました。

2022年11月 7日 (月)

ブログ継続可能(容量も有)+農業活動の動画

さて、このNiftyブログですが、フリープランという容量制限2GBというのがありまして、
いつかは終わりを告げるものになります。(ただ、途中でベーシックというプランに加入すると
月額はかかりますが、継続は出来て容量も無制限になります)

ただ私は最後まで無料でやり続けます。
今のペースだと、まだ最低でも1年半以上は続けられます。

よく、MicrosoftのOfficesoftやオンラインゲームとかですとサポート終了とかネットワークサービス終了
(よく言われるサービス終了)があります。これはどうしてもセキュリティ上の関係や開発元の都合(売上やゲームで使用するサーバーやハードディスクの老朽化)もあります。

ただ私はできればこのまま続けていきたいとも考えております。
来年で15年目になります。この無料化、もう本当にまさか続けられるとは思いもしなかったので
ある意味では歴史に残るのではないかとも思います。

当時はフューチャーフォン(俗にいいますガラケー)でも更新しましたし、動画もまだYOUTUBEの日本語版が出来たばかりで、まだWEB上に貼り付けがまだ出来ないときに、動画をWMVというマイクロソフト社の動画形式で貼り付けしたのを覚えております。そしてブログも独学で作成致しました。
本当は塾で習いたかったですが、高額だけに独学でやる、「ホームページは作りたいけどHTMLが出来ないからこれでやる」で、ブログからスタートしました。

今ではYOUTUBEでの動画貼り付けが簡単に出来る様になったので、IT化で便利さも

増えたなと思います。

ただ、一方で古い機種は、観覧不可というのも出てきたので、そこは残念でならないというのもあります。

ガラケーも実はまだ使っている方、時々見かけます。NTTはiモード自体の検索は昨年で終了しているので、今ではメールと電話、まれにみられるサイトが少しだけというサービスですが、まだ使用されている方もいるだけに、それだけ愛着や重要度(シンプルだけど、扱いやすい)というのもあります。私も3年前はガラケー所持でした。

誰でも良きIT化、それが実現出来たらとも同時にこのブログつづって思います。


最後に今回、動画をまた作成しました。今年に入って20本近くも更新しております。
全部無料で作成しております。こちらでございます。

12

【第22回目 NPO法人よいおやさい 臨時活動動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ca1HcBzTj-E

私、恐縮ながらですが、農業ボランティアである「NPO法人よいおやさい」に9年間
活動しており、そしてもっとも一番長く参加しております。参加回数は、100回以上参加しております。
実の所、もう自分で数えた限りだと、自主的なものを含めると124回参加しております。


2022年11月 6日 (日)

焼き魚は、骨も皮も全部食べる

これ本当ですが、私は焼き魚大好き人間です。
生まれが新潟県という海に面した所で生まれた事もあるせいか、魚好きです。
一番は焼き魚でございます。

なので定食屋さんで「焼き魚定食」を見ると喜び、ついつい骨も皮も全部食べて
あげくのはてには、おさらには魚のかけらが一つもなく食べているという形です。

秋だけにサンマといった油ののった魚が好きですが、他の魚も好きでございます。
以外な事ですが、骨もよく噛むと味があります。そして人間に必要なカルシウムも多くとる事ができるので
大変ありがたいです。これで骨や歯を丈夫にして、日々の生活をキチンと歩んでいけたらと思います。

後はストレス対策です。カルシウムはイライラを鎮める効果もあるので、
うつ病持ちの私は、イライラの頻度も多いです。その上で魚は牛乳と同じく大変ありがたい食べ物でもあります。
魚以外にも果物のカキも丸ごとつい食べてしまいます。それ位に美味しいです。

11月になり、寒さもましてきます。ストレスもたまるだけあって、
しっかりとカルシウムやビタミンを取って日々の生活をキチンと過ごせたらと思います。
皆様も体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

2022年11月 5日 (土)

基礎があってこそ出来る(ITでは特に感じる)

私、今年からYOUTUBEでの生ライブ配信や動画作成を積極的にしております。
習得の比率からいいますと、教わったのは2割(それもなんとゲームセンターの店員さん。OBSという録画ソフト。フリーソフトなのでインターネット上から入手。以外な事にとても詳しい方で、丁寧に説明して下さいました。)残り8割は自力でインターネットで調べて情報を集めて作成をしました。

でもやっぱり思うのですが、基礎があるからこそできた事と私は思います。
私も自分専用のIT機器を初めてもったのは2004年。大学進学の時のノートPCです。
中にはOffice2003のWord、Excel、PowerPoint、Outlookが入ってました。

しかしです。当時はパソコン恐怖症でインターネットで調べるにも怖がりでした。
さらにはPowerPointも操作しても分からずで、「分からないよ」と台までたたく始末。
当時はかなり短気でもありました。きっかけはYOUTUBEでもお話しをした事がありますが、
私、高校時代に赤点をとりました。2002年です。ちょうど政府からIT革命、e-Japanといったデジタル化を普及させる動きがあった時代です。今はもっと進めているだけに、恐らく当時の私でも今の時代なら間違いなく赤点でした。

ゲームの生ライブ中に雑談で話をしております。
第25回目 ワンダーランドウォーズ実況動画:全国対戦(キャスト20のサンドリヨンで2連勝に成功)】
◆なお、無線のヘッドセットを使用している為、つねにエコー(聞こえづらい状況)が発生しております。

https://www.youtube.com/watch?v=Kg_WJ45hqWo&t=31s

音量を大きめにすると多少聞き取りやすくなります。申し訳ございません。30分の動画で16分~19分ごろにPCでの赤点、家族からパソコンの基礎を教わる、子供~大人向けのPC学習塾へ5年かよい(Windowsの知識、Office、パソコン検定・MOSという資格の取得、ホームページ作成の基礎知識、経営学で必要な日商簿記検定3級の基礎知識を身につける)いくその話をしました。


さて文章内でも補足します。

結局は予算にあった(当時学生でアルバイト代は月に1万~3万程度)だった為、格安のPC塾に通い、そこでOS(PCの基本操作)、Officeの使い方の基礎を教わりそして操作出来る様になりました。

そこで、だんだんと「これなら独学でやれそうだ。」と自分なりに応用力がつきました。そこで
自力でブログ・ホームページを作成出来る様になりました。当時、塾は私が稼いだレストランのアルバイト代で支払っていたので、講座をうけようにも高額。それもあって、それだけは「節約の為にも自分でやる。あるいはズルかもしれないが、テキストだけ見せてくれませんかと先生にいって、一部だけ頭に入れて覚えよう。後は図書館にいって、そこで見てメモしよう」

という当時から「貧乏魂」でもって、習得したのを覚えております。
それ位にある意味では卑しい気持ち(ある意味では卑劣な手段)もありました。何が何でも技術を、盗んでやるという野心も多くありました。


人それぞれありますが、私は基礎が出来てこそ、物事は習得出来ると思います。
ITは特にそれが表れていると思います。難しい操作(プログラミング・見た目だけでは操作が分からないもの)もあるので、直感だけでは通じないのが私なりの考えです。実はよくあるオンライン会議ソフトの「ZOOM、Microsoft teams」も私もその一つと思います。

これも独学で取得しました。社内では誰も教えてくれなかったので、見様見真似と調べで何とか学び通しました。なので、もし金銭に余裕が出来たらまた塾に通いたいというのも一つの目標でもあります。



2022年11月 4日 (金)

全ての人が安心を(実際にあった路上の話)

私、実はといいますと10月の下旬にとある場にて、
路上生活者(ホームレス)の方に110円を募金をしました。東京都首都圏内でも駅や路上で

段ボールに「困っています。どうかすこしだけで構いませんので助けてください」と
書かれて、空き缶がお金を入れる所となっております。

私も最初に見た時は、「本当にやっていいのかな、もしかしたらな。あげた瞬間に襲われるのではないか。よくいわれる騙しのような手口ではないだろうか。」
と強く思いました。何十分も上げるか、立ち去るか、ためらいました。

ですが、不思議とですが、昔学生時代の時にキリスト教系の学校にいた時に


「自分の出来ることで人を助けてあげなさい」

という題でもって、先生がお話しをされていたのを思い出して、つい募金をしました。

その方は寒さゆえに中々手が動かずでしたが、頭を下げて下さいました。
本当に困っていたと感じました。

こういった状況を見ると、日本は確かに他の国と比べたら水は安心してのめて、食べられて、IT機器も気軽に持てる。
しかし、それがもうだんだんと、そうでなくなってきていると思いました。

現に「食料寄付」「こども食堂」といったなかなか諸事情で食べられない方向けの為の措置をボランティア団体の方がとっているだけに、この問題は本当に他人ごとでないことは明白化されております。

なので、本当に全ての人が安心できる社会。それは本当に難しい問題ではありますが、
何か解決できる手段があれば、ぜひとも実現化してほしいと願っております。

2022年11月 3日 (木)

来年もまた確定申告(医療費控除)

私、5年連続してですが、確定申告を税務署でしております。
といいますのもタイトル通りですが、理由は「医療費控除」です。

制度では10万以上越えた場合は、確定申告の対象となり、還付金が戻ります。
そうでなかったとしても低所得の場合(250万以下。ただ自治体にもよる)は5万以上であれば、それも還付金の対象となります。
実は私、昨年は10万超えずでしたが、その低所得に該当した為、還付金手続きをした結果、返ってきました。

今年はほぼ10万超えそうな形です。
今の会社入ってからもう、医療費がかかる一方の状態。
理由は主に3つ。


====
◆歯は銀歯抜ける、折れる。が計3回。なので定期検査もお勧めされたので通っております。

◆整骨院では、自律神経失調症(神経の異常により、理由もなく吐き気や頭痛、気分不調がある)の予防の為に赤外線レーザーの治療と
施術。ぎっくり腰の予防の為に通院。今の仕事はぎっくり腰になったらもうできません。それ位、体動かします。

◆精神科の通院が増えた。月1回~2回になった
====

まさに医者通いも月に必ず2回はしております。多いと6回しております。
それ位に頻度は高いです。なので月に1万以上も医療費がかかるので、ついつい節約する事も
あります。それもありましてゲームセンター代も100円だけとか、ポイント払い(主にnanacoでのポイントをチャージを利用してそれで支払い)もしております。

まさに節約です。でも、それでもご飯は食べられる、水は飲める、部屋に住めるだけでもありがたいと
思わないと。本当そう感じます。確定申告も実は、加入している生命保険会社のセミナー(無料。勧誘は無し。加入者無しでも参加可能)を通して、資金運用や節約をする大切さを学びました。

これから消費だけでなく、時代の進歩もますます進みます。
それらに対応した形にすることも大切と私、強く感じております。
知りましたので、参加してよかったです。

 

 

 

2022年11月 2日 (水)

マイナンバーカードでトラブル(解決出来ず、再発行手続き)

既に報道でご存知かと思いますが、
政府から「2024年を目標に、原則的に保険証を廃止し、マイナンバーカードへ」とありました。
私の住んでいる地域でも既にマイナンバーカード対応の対応機器が医療機関や薬局屋でもありました。


しかしです。私もマイナンバーカードは昨年の6月に取得しましたが、
実はポイント2回目のキャンペーンにて、ICカードが読み取りが出来ない。
ATMも不可、携帯電話会社(現在、店舗にてポータルサイトの手続きのお手伝いを実施する店舗も有)も不可、さらには市役所も不可。結果として、見てもらったところ、

「ICカードが読み取りできない事なので、故障になります。再発行してください。1000円かかります」

やむなく、再発行手続きを取りました。
なので、もろさを感じました。マイナンバーカードにはICが組み込まれているので
そこがやられると、使えなくなります。

恐らく原因はサイフに入れていた為、出し入れでいつの間にかIC部分が傷やほこりでやられたと思われます。
行政の方にも「一刻も早く、再発行と。そして出来ればICカードの件は問題点としてあげてほしい」
とお伝えしました。

◆なお再発行は、1か月かかります。その間は幸いにもまだ保険証が使えるので、それで対応します。
通知が手紙でくるので、完了後は身分証明書を持参して、市役所にて取得できます。

また政府からのポイントキャンペーンは来年の2月末まで可能なので、再発行されましたらすぐに
手続きをします。◆

ちなみに私1段目は既に行いまして、JR東日本のICカードのsuicaで5000ポイントを

もらいました。2段目は、セブンアンドアイホールディングス発行のICカードのnanacoにする予定です。
nanacoはポイント還元率も色々と出来、さらにはゲームセンターでも支払い可能でポイントがたまるので
とても便利です。


2022年11月 1日 (火)

今年ももうすぐで。だからこそ楽しく

今年はある意味では、私にとっては変革な年だったかなと思います。

=====================================
・YOUTUBEでの生ライブ配信が出来る様になった。

・動画を沢山投稿した。

・ゲームセンター50店舗もいった。そして称号も入手する事に成功をしました。

・退職届を2回も出そうとした(今だから言えますが4月、7月に出そうとしましたら上長に止められました。

・新潟に2年半ぶりに帰省出来た。(コロナワクチンができた事、PCR検査が受けられる様になったことが大きい)
=====================================

他にも色々とありますがおいおいと話したいと思います。
中でも上から3つは大きいです。まさか今までの自分にできるわけあらへんやろう、そう思ってましたが
やってみると以外と環境化が恵まれていた事(IT機器やゲームセンター側の配慮)もあったり
時には応援して下さる方もいて、それが励みになって続ける事が出来ました。

まだ2か月あります。もしかしたらです。まだ何か楽しい事があるかと思います。
希望をもって日々歩んでいきたいとつねに思います。
今はあと、そうですね。アニメみております。アニメでテレビ東京系列の「スパイファミリー」
というのを私見ております。新宿駅での電子広告でもアピールされていただけあって、私も好きで見ております。
漫画本も見ております。


« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »