« 結局頼れるのは自分自身だ | トップページ | 少しは認められたか(仕事で) »

2022年9月21日 (水)

白菜が美味しいです

私、先週の農業ボランティア活動にて、とれたての白菜を頂きました。
白菜の収穫時期は冬場ではありますが、成長段階の葉っぱを頂きました。
間引きという余分な葉っぱを取り除いたものになります。

無農薬栽培で育てているので、生でも安心して食べられます。
食べると不思議と元気と心が癒しを覚える形です。
ボランティア終了後、家に帰った後もついついかじり、そして心からこういいました。

「ああ、人間は本来は自然と一緒にいきているんだな。
そしてこの自然をだんだんと忘れている自分がいるんだな。
機械とか文明の進歩で本当に忘れがちになっている。便利な世の中だからこそ、今一度
外で太陽と緑を見て、自分の心を洗い流したい。そしてまた美味しい野菜を食べたい。生きる喜びを感じたい」

そう思える様になっております。ある意味では農業ボランティアは、
心の貴重な支えの一つとなっております。緑と人間は共存しているんだと心から感じます。
そして心の安定を支えてもくれております。

ありがとう、自然よ。そしてそれを身近に教えてくれる野菜に尊敬の念を持ちます。
写真は白菜の畑です。今度の活動でどれだけ大きくなっているか楽しみでございます。


2_20220918032901

« 結局頼れるのは自分自身だ | トップページ | 少しは認められたか(仕事で) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局頼れるのは自分自身だ | トップページ | 少しは認められたか(仕事で) »