フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 緊張で眠れずの夜 | トップページ | 人の心ですくわれる。(バス停でおばあさんとの交流) »

2022年9月27日 (火)

そうか、くだばるまでやってやらあ!

感情的な言葉でお許しください。それ位にまで私の闘志と同時に
怒りが出てきました。仕事でです。

理由は、再度、支援機関から(障害者の職業)から急遽面談があった為です。
先週もありましたが、時間の都合や部屋の取り具合(現在、いる所がセキュリティと時間が非常に厳しく。時間が過ぎると
その部屋が使えない)という事もありまして、続きをしました。

結果は変わらずです。
「あなたが頑張るか、踏ん張るかにかかります。それですよ。入ったばかりですから当然、きついのもあります。
そこはあなた自身です。」

しかしな、スパルタ教育やら教える人にも問題がある事はこちらも伝えておりますが
それは、特性だから受け止めなさいと言われました。本来なら、教える人はしっかりと教育する事が
当たり前であり、上司である以上はキチンとした心がまえで教えないと、下手するとその人が離れる原因にも
なります。現に私は今の障害者雇用で、3人その方々を見て、退職を見ました。

その時に、こう言われて私は心から闘志がわきました。
厳密には怒りです。

実際はいってないですが、心からこう叫びました。
「そうか、てめえらがそういうなら、じゃ俺はくたばるまで働きます。

くたばったら、もう復職はしません。辞めますんで。その時の労災と退職金しっかりと払って下さい。そして今加入しているiDeCoも解約しますんで、手続きしてくださいね。」

もう完全にふてくされと、怒り、そして何が何だか分からない理不尽なものに対して
毒づいた気持ちと完全になりました。

もう私は障害者雇用に対して絶望を覚えました。
疲れました。本来こんなものでしょうか。障害者雇用の人事の方、どうお考えですか。
企業様で特例子会社なら、どうこの現状お考えですか。
それ位に怒りに燃えております。燃え尽き症候群になるまで戦って、ダメなら倒れる覚悟でいます。
それ位に私の怒りは収まらないです。

« 緊張で眠れずの夜 | トップページ | 人の心ですくわれる。(バス停でおばあさんとの交流) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊張で眠れずの夜 | トップページ | 人の心ですくわれる。(バス停でおばあさんとの交流) »