« 暑いですが農作業 | トップページ | 通信エンジニア(au通信障害:保守と懸命な仕事) »

2022年7月 3日 (日)

10円とテレホンカード大切(公衆電話で必ず通話出来る)

こんばんは。

既に報道でご存知かと思いますが、
携帯電話会社のauで「通信障害」という
インターネット・通話が出来ない状態となりました。
Twitterのトレンドワード(やはり言葉)でも
それが上がっていた事もあり、相当大変な
状況であった事も認識しました。

インターネットの場合は、公共施設や地方自治体で設置されている
無料のWi-Fi(無線LAN)で代用出来ます。あるいは、自宅でのPCで代用でメールも出来ます。

しかしです。電話となるとさすがにできないです。
そこで、公衆電話で10円とテレホンカードが
大切になります。これがあれば通話が出来ます。
テレホンカードはコンビニにいけば50度数であれば
500円で販売されております。

また今回は分からないですがNTTの場合は
災害発生時は、特例措置として公衆電話から
被災地への通話は「無料」となります。つまり
10円玉・テレホンカードで
被災地へ通話をした場合は無料です。
さらに時間切れ無しで、途切れる事なく出来ます。
私も東日本大震災の時、東京から新潟も
対象エリアに入った為、これで家族と30分
話をしました。
◆もちろん周囲にまっている方が
いない事を確認した上でやりました。

本当に便利な時代だからこそ備え
は本当に重要と私、強く思います。
便利だからこそ、落とし穴もあり、
それが発生した時ほどより
穴(いわゆる欠点)も大きくなるのが
現代社会。だからこそ公衆電話で必要な
もの(10円・テレホンカード)はつねに
もっております。

« 暑いですが農作業 | トップページ | 通信エンジニア(au通信障害:保守と懸命な仕事) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑いですが農作業 | トップページ | 通信エンジニア(au通信障害:保守と懸命な仕事) »