« 旅に出よう(身近な場へ) | トップページ | 6月から職場営業短縮へ(逆に忙しくなる) »

2022年5月29日 (日)

日々の悩みが修行ととらえて

仏教では、この世の中の苦しみや悲しみを日々、修行という風にとらえております。

忍辱(読:にんにく)といいます。ちなみに食べもののニンニクとのつながりの言葉ではないです。
意味としては、苦しみに対しても動じる事なく、受け止めて進む事でございます。

またこれかよ、という方もいるかと思いますが
私の職場は本当にひどい事になっております。
「教えない、無視する、目で見て覚えろ、情報共有無し、人を見て言動を発する(いわゆる気に入った人なら話すけど、そうでない人は無視する)」まさにパワーハラスメントのオンパレードの障害者雇用でございます。ウソではなくて、本当に冗談抜きでございます。

時々、私もおかしくなります。というよりも一番被害受けているのが私でございます。
支援機関というアドバイザーにも相談しておりますが、
「とにかく打つ手がない。環境そのものが悪すぎる。カウンセリングにはのれる」
という事で6月もまた機関に行き相談します。

実の所、支援機関も深刻な状態の方から優先して、対応をしていく形となります。
もしかしたら別の所もあるかと思いますが、病院でいう所の症状を重篤な方から見ていく形となります。
私の場合、それでも行けている状態の為、まだ深刻でない(それでもアドバイザーは深刻とは容認)
所です。

そうなると、自分自身の心の持ちようです。
そう、この苦しみを意味を用いて、忍辱とする。すなわち、苦しみを人を助ける術や訓練と化す場と
そう認めて行動する事が大事であると考えております。

どこまで持つかはわからないです。下手したら明日で終わり。でもそれをいえば人生そのものが、当てはまります。
でもこうやってインターネットではありますが、皆さまにも自分にも、何かの助けとなれる言葉をつねに
出せたらと日々思います。


« 旅に出よう(身近な場へ) | トップページ | 6月から職場営業短縮へ(逆に忙しくなる) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅に出よう(身近な場へ) | トップページ | 6月から職場営業短縮へ(逆に忙しくなる) »