« 苦しみは未来への栄光の道だ(何度もつぶやいてます) | トップページ | ネット社会がもたらした危険(儲かるウソ話) »

2022年4月20日 (水)

苦しみを知る人は、知識と優しさを知っている

宗教の様なお言葉かもしれないですが、これは本当のお話しでもあります。

やっぱり苦しみを多く知る人ほど、優しさを知り、そして知識も増えていきます。

例えば、人生相談の電話。最近ではラジオ番組でもよくあります。私もよく聞いております。
人生経験の多い方がご相談に応じております。

中には精神科の先生、国家資格の臨床心理士、精神保健福祉士という心のケアの専門の方もおります。
あるいは対面もあります。コロナの影響もあってかオンラインでも実施はされております。

最近しったのですが、人生で過酷な経験をされた方が相談員としている方もおりました。
匿名という事にしておきますが、生い立ちとして

息子さんが悪さに走り、何度も警察沙汰になったりしたという方
をいながらも相談に応じている方もおります。

共通して言えるのは、苦しみというのを経験を皆さんしてきております。

精神科の先生にしろ、臨床心理士にしても、国家資格も単に筆記試験だけではないです。
簡単に取れるものではなく、より多くの方と接して、そして経験を積まなければ、そして
何よりも人を救いたいという気持ちが必要になります。その過程の中でも苦しみというのはあります。
葛藤だってあります。あるいはそうでなくても、先ほどあげました方の事例をとれば、
その中に、時には怒りを任せて殴りたいという気持ちもあったでしょうが、本当に強い心でもって
忍耐強く耐えて、息子さんを諭したという方もおります。

私も「いのちの電話」をかつて使った時、本当に相談員の方は親身に相談にのって下さいました。
解決とまではいかなくても、それでも聞いては言葉として
「あなたが生きている事は、必ず人のためになっています。命は粗末にせず、大事にしてあげてください。自分を愛する事は、他の方を愛する事と一緒です」

今でもこの言葉は、ありがたい言葉です。でもその言葉もきっと、相談員の方もこれまでの苦しみや恐らくは人生での中での
経験に苦しみがあったと私は思います。それを乗り越えてきたからこそ、私に伝えられたと感じます。

苦しみはを知る人、それは知識も得ておりますし、優しさを何よりも知っております。

« 苦しみは未来への栄光の道だ(何度もつぶやいてます) | トップページ | ネット社会がもたらした危険(儲かるウソ話) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苦しみは未来への栄光の道だ(何度もつぶやいてます) | トップページ | ネット社会がもたらした危険(儲かるウソ話) »