« 4月が始まりました。(格差を考える) | トップページ | 【仏門の話を】体がボロボロだが、それを優しさへと »

2022年4月 2日 (土)

4月での出来事(仕事が辛いなら、様子見て、異動か辞職を)

私、4月でぶち当たった壁というのが、2008年のIT業界での仕事です。

結果からいって、派遣会社だった事もありまして、4か月で別部署へ移動し、
その後は別の所で3年間働き、その後は体質的に合わないと感じて、退職を自らしました。

ちなみにしたのは、プログラマーやシステムエンジニアといった高度な事ではなく
オペレータというATMやクレジットカードのデータ関連のサーバーの保守点検、運用、関連会社様からの
24時間体制で電話対応をする。いわゆる監視業務をしておりました。

いわばIT版の警備会社でございます。

その時、すごーい怖い上司でした。
それもあまりよくないですが、暴力有、罵声ありというトンデモない方でありました。
いわゆるパワハラでございます。それに何度も耐えました。ちょっとでも出来んと殴る、蹴る、そして罵声

「てめえ~聞いてんのか。おめえの耳は飾りか。パソコンなら壊れ物だな。1円でも売れねえな」


まあ壊れ物です。私は素直に認めます。しかし暴力は、しかし逆らえば逆にかえりうちにあうという
悲劇もあいました。今の職場も実の所は、、、、、言葉の暴力は日常です。

そこで私から新入社員になった方や中途の方へアドバイスを
様子見て、異動か、辞職を進めます。私もそれいったらてめえもしたらどうだ、と言われますが
ギャンブル好きな事や定年退職まで補償はされた事、さらには36という年になって3回も職を変えておりますので
さすがにこれ以上は難しいと感じております。

一番はギャンブルですね。かけてみます。
給与上がるか、私の貢献次第では、どこまで成果でるかと。
実の所、サブリーダーになれともいわれるだけに、ある意味では出世する可能性もあります。

でも本当に難しければその手だってあります。いわば考えての手段も、一つの行動として、生きる為、心を守る為に必要です。



« 4月が始まりました。(格差を考える) | トップページ | 【仏門の話を】体がボロボロだが、それを優しさへと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月が始まりました。(格差を考える) | トップページ | 【仏門の話を】体がボロボロだが、それを優しさへと »