« 3月は別れと出会いの季節+私は | トップページ | 世の中のオンライン化が怖い »

2022年3月 2日 (水)

私は自宅でオンライン確定申告は出来ない(下手すると無効扱い)

タイトル通りですが、私はe-tax=オンライン確定申告は、出来ないです。

国税庁は、確定申告がスタートした2月に新型コロナ対策で「ぜひ自宅のインターネットで確定申告が出来ます」と勧めておりました。確かに便利です。実は私も1回だけやった事があります。

が、です。
この点はぜひ国税庁の方にはご配慮頂けたら、あるいは自治体で不明点があれば
相談会をしてもらいたいです。

実は大きな落とし穴もありまして、1つでも入力の誤りがあると、下手すると
還付金0扱いという事にもなりかねます。それも連絡無しです。こちらから連絡するまで
気づかなかったという事例が私にはありました。

2019年に15万円という医療費が発生しました。
そこでe-taxでやったらと最寄りの医療機関から話がありましたのでやりました。
確かに出来ました。しかし、したものを印刷にもかけないといけないですし、郵送費もかかりました。
それでもです。行かなくても良い点はありました。

しかし半年たっても還付金が振込が無しでした。
いくらなんでもこれは、何かあったと思いまして税務署に問い合わせましたら、
「還付金が0円扱いでした」と話がありました。

これは見てもらったほうがよいと思いまして、
申告した時の内容書類をそのままもっていき、税務署で見てもらいましたら、
実は申告の際に、「障害者」の有無という欄があり、そこでチェックがついていなかった事で還付金が0円になった事が分かりました。それだけの理由で0です。


ただ幸いにも医療費控除の場合は5年間猶予があるため、もう1度再申告をし、2020年の2月に還付金が戻りました。

それ以来、難しい用語も多いし、たった一つのミスだけでこんな事になるなんて、
そう思いまして、オンライン申告は見合わせる事にしました。

本当はフリーランスや株式投資をされている方は全部ご自身でされている方が多いとありますが、
知識も無しの私がやると、この様な事例になってしまった事は大きな労力がそがれてしまった事でもありました。

どうか、その点もシステムとして改善されれば、またやろうかと思います。




« 3月は別れと出会いの季節+私は | トップページ | 世の中のオンライン化が怖い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月は別れと出会いの季節+私は | トップページ | 世の中のオンライン化が怖い »