« どこまでやれるか、分からないが賭けだ。 | トップページ | 童話:桃太郎を私なりに創作(ある意味では平和的) »

2022年2月18日 (金)

天職に巡り合っている方だ。

仕事の事やら、まあどこまでやれるかやらと今週と先週といい、
やけに不満があった話ばかりでした。大変失礼致しました。

人生楽あったら、苦しみがあるともいいますが、
逆にあるという事も感じました。楽、楽しい事もありました。


宝っていいますか、おまけしてもらいました。飲食店で。



いきつけのお店を私、何軒かいっております。
そのうちの一つに個人店の喫茶店があります。
そのお店もコロナの影響を受けてかですが、お店のメニューを減らしたり、
値段も変わるとありました。2月から対象となりました。

私の頼んでいたメニューがなくなったのもありまして、
さらにはちょっと高値にもなりました。だいたいそのお店はハンバーガー、サラダ頼むと、590円。
ですが、今日行きましたら

「今日はマスターに内緒です。500円でいいです。この事はご内密に。いつもありがとうございます」

いつもニコニコと笑っている方でした。
なんか嬉しかったです。何度もいっておりますし、それにです。
その方の笑顔をみておりましたら、「この方は接客業が大好きなんだな。でもその中でも食べ物屋さんが好きなんだな」
心から強く思いました。

やっぱり思いました。
人間には適正のもの、すなわち天職というのがあると。
同時にそれが見つけられた時、どんなに苦しい事があっても楽しめると。

私も今までやった仕事が残念ながら「天職=すなわち向いている仕事。いうなれば神様から贈り物の様に才能があり、向いているもの」
というものには出会った事はないです。もしも出会えるとしたなら、それは幸せと思います。

でもそう簡単ではないなと本当に思います。
でも天職というのに出会えるなら、それも一つの判断材料と思いました。

« どこまでやれるか、分からないが賭けだ。 | トップページ | 童話:桃太郎を私なりに創作(ある意味では平和的) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どこまでやれるか、分からないが賭けだ。 | トップページ | 童話:桃太郎を私なりに創作(ある意味では平和的) »