« 【御礼】神奈川に移住して14年目 | トップページ | 私は自宅でオンライン確定申告は出来ない(下手すると無効扱い) »

2022年3月 1日 (火)

3月は別れと出会いの季節+私は

私、3月となりますと別れと出会いの季節と思います。

皆様も同じかと思います。お仕事だったり、あるいは進学や卒業、新たな挑戦の前をする時でもあるかと
思います。

私の所も、3月でお別れされる知人の方がいます。
その方はこれから故郷へ帰るとおっしゃってました。
何があったのかはわからないですが、ただ親御さんの事や将来の事を考えて、都会から
さようならをするという決断をしたとの事です。

良い道へ行ける事を願っております。



そして私ではありますが、実は3月までにしなければならない事があります。
それは確定申告での医療費控除の確認です。

実は今回は、医療費が10万以下でありました。
計算しましたら97300円という費用でありました。
なので、もしかしたらともう今回は無しかなと思いました。

が、です。

実は所得控除額が200万以下の場合は5万以上医療費が発生しているのであれば、
還付金の対象となる事もわかりました。しかし今回は私にとっては初めてのケースです。

この件を最寄りの税務署に問い合わせて確認を取ってみます。
既に源泉徴収票は会社側からいただいたので、後はどの欄かを確認をします。

その際ですが、あまりよくないですが直接税務署で、手続きをしてきます。
今はe-taxというオンライン申告も出来るのですが、私の場合は非常に難しいものと
考えております。この点ももう少し改善してくれれば、申告もやりたいと思いますが、
この件でなぜ直接相談するかも後日述べます。ちょっと色々と苦い思い出や失敗談もあります。


« 【御礼】神奈川に移住して14年目 | トップページ | 私は自宅でオンライン確定申告は出来ない(下手すると無効扱い) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【御礼】神奈川に移住して14年目 | トップページ | 私は自宅でオンライン確定申告は出来ない(下手すると無効扱い) »