« インターネットで猫動画、特集が多い | トップページ | 天職に巡り合っている方だ。 »

2022年2月17日 (木)

どこまでやれるか、分からないが賭けだ。

最近、仕事の事について述べておりますが、毎日が戦いと苦しみの日々です。

でも出来る限りやっていこうと思います。万が一、倒れる様な事があって
通院やあるいは入院があれば、生命保険に加入しているので、その手段も使いますし
それに、これからは先行が本当に見えないだけに、もうしばらくは働くという手段もありかなと思います。

一応、前にもお伝えした通りですが、今年の12月で決断を下さいます。
そこでもしも、


◆少しでも改善される(評価された、上司が良い人になった。ありえないですが、、、組織の体制が良くなったとあれば
もう1年お付き合いをします。
現時点では、一生いるつもりはないです!いつかはという決断をするつもりです。


◇でもダメであれば、そこでリタイヤします。早期ですが、それもまた一つの決断と思います。その後は旅にいく、しばらくは働くのを辞める。あるいはよく言われるWEBライターというのも生計の一つと思っております。収入は少ない状態ですが、それでも障害年金をもらいつつ、生きたいと思います。

------

その決断するきっかけというのが、アメリカの医療ドラマのERです。

その中で脳腫瘍に侵され、余命4か月と宣告された医師がおりました。
マーク先生という人柄の良い救命医です。一度は手術を受けて、脳腫瘍の悪性腫瘍が取り除かれましたが、再発。今度は、もう言語や運動の神経に腫瘍が出来ていて、取り除くと、食べる・話す・歩く事、つまり何も出来ずに生きる事になるという状態になります。

マーク先生は、その時に結婚した奥様とも話し合い、生きてほしいと伝える中でも、
「自分らしい選択をしたい。そして最後まで自分らしい生きたい」という思いを伝えます。
最後は、ハワイで家族と一緒に小屋に住み、家族と一緒に幸せで安らかな日々を送り、亡くなりました。

------

そのシーンを見た時、自分らしい生き方をしたいと。本当に思いました。
周りの人には悲しませる、あるいは「おまえをそんな風にさせた覚えはない。家族でもなんでもない」
と言われてもそれでいいです。自分らしい生き方、そして別の生き方をしたい。
生命を失うくらいなら、その方法でも、本当に思います。

まだ日はありますが、それでも短いようだと感じてます。
さて、どうなるか、分からないですが、まずはベストでいきたいと思います。


« インターネットで猫動画、特集が多い | トップページ | 天職に巡り合っている方だ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インターネットで猫動画、特集が多い | トップページ | 天職に巡り合っている方だ。 »