« ゲームセンター代金を電子マネー支払い | トップページ | 今はじめよう、明日の為に(TVCMで印象ある言葉) »

2021年12月16日 (木)

宗教について(正しい道へ導くものである)

私、宗教についても時々考えます。

日本にも信仰の自由というのがあり、お寺以外にも外国のキリスト教、イスラム教の教会があります。

ただ残念な事に新興宗教団体も存在するのも事実です。
よく街頭で演説をして、「あなた方は救いを求めているのであれば、私達のもとにきてください」ときらびやかに宣伝をする宗教もあります。
さすがにどこまでなのかは私も見る気もしないので、遠ざけておりますので具体的には分からないです。

ただ言えるのは、新興宗教での共通点は、

「歴史観のある神様ではないという事、歴史があったとしても偽りを見せかけて、騙している事」は共通点でもあります。
例えば、キリスト教と見せかけて、実は団体を立てた教祖が神だという所もあります。それは宗教ではないです。

ですが、正しい宗教を通してみるとこう思います。
宗教とは、人を正しい道へと導くためのものであります。

人は生きている限りは、過ちや罪を犯していきます。
対人関係であったり、騙したり、時には罪(現代でいう犯罪)を犯す事もあります。
でもそれを正したり、同じ間違いの道へ歩まない為、あるいは間違えた道にいきそうになった時の警告をするために宗教でもあります。

私の家は信仰はないですし、信者でないです。
ただ私自身が高校の時にキリスト教系の学校にいただけあって、聖書の授業を通してそれを感じました。
聖書の中にある言葉には、
「人はパンのみにいきるのではなく、言葉によっていきる」
「疲れたもの、重荷を背負ったものは私の所へきなさい。休ませてあげよう」
というのもあります。

まさによりどころとして生きる事、そしてつねに神にそぐわない生き方をしている事が大切と思います。
人々を正しい道へと導くためにも、宗教の考えも時として大事なのではないかと考えております。

« ゲームセンター代金を電子マネー支払い | トップページ | 今はじめよう、明日の為に(TVCMで印象ある言葉) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲームセンター代金を電子マネー支払い | トップページ | 今はじめよう、明日の為に(TVCMで印象ある言葉) »