« 障害者雇用で大切な点(共存する) | トップページ | ゲームセンターの優先で日々過ごす »

2021年10月25日 (月)

障害者雇用も狭き門に(採用も難しい、契約満了も)

過酷かなと思うかもしれないですが、
実は障害者雇用は、今はだんだんと採用が狭き門(難しい)となっております。

理由は色々とあります。
ここ10年近くで、障害者雇用が認知されてきているが、一方で社会情勢を踏まえると雇っても賃金が払えないという場も出てきております。いわゆる契約満了やリストラの対象にもなりやすいです。それもあって採用しづらくなっているのも現状です。今はコロナも追い打ちをかけている状態で、仕事が無いという場も出てきております。

確かに国の法定雇用率もありますが、達成さえすればよいですが
人を雇う事は各種保険の支払いや福利厚生とコストもかかる事なのでそう簡単には出来ないです。
だから難しい採用面接があるのも現状です。

私もかつては生命保険会社で障害者雇用で働いておりました。
面接で4回もありました。
そこは正社員採用もありとしながら、
なれないと契約満了で終わるという切り捨てでございます。切り捨てにあい、今の
厳しい場である障害者雇用へいきました。まあ長い5年でした。

----


という事でもし20社近く障害者雇用を受けても、受からんという事でも落ち込む必要、全然無しです。
だからこそ「障害者年金」もあります。
さらには、今はインターネットの時代。それだけに難しいですが、株で儲ける方法もあります。
まさにネット活用したって良い時代です。

どうしても、安定した働きたいというのであれば、
インターネットであります障害者雇用の求人サイトも活用するのもあります。
無料です。私の信頼出来る所では、以下2社となります。

・DODAチャレンジ(株式会社パーソルチャレンジ)
・株式会社ゼネラルパートナーズ

いずれも障害者雇用を専門とした職業紹介サイトです。
私の知人は両方登録し、DODAで精神障害者雇用で採用されました。
ちなみに私は、知人紹介です。


そんな感じです。なので就職できん事も恥ではなく、いろんな働き方や行動の仕方もあります。
親がなんといおうが、成人したりすればいずれは巣立ちをします。だったら自分で決める事も必要です。

私は次でダメなら本当に働くのを、本気で辞めます。もしよい場があれば働くつもりですが、
人間関係のいざこざが毎日続く中、本当に怖い場である所で神経もやられ気味になっております。
もう精神的にもスレスレ状態です。それくらいの覚悟をもって毎日やっております。それに、旅にでようかと本気で考えてもいるので、
もしやめる(リストラ)であれば、チャンスとつねにとらえております。


« 障害者雇用で大切な点(共存する) | トップページ | ゲームセンターの優先で日々過ごす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 障害者雇用で大切な点(共存する) | トップページ | ゲームセンターの優先で日々過ごす »