フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« うつ病になって12年間の生活、明日から公開します | トップページ | 第2回:うつ病になってからの生活(夜勤を経験) »

2020年10月26日 (月)

第1回目うつ病になってからの生活(スパルタ教育の洗礼)

私自身、ツイッターで告知もしておりますがうつ病をもっております。

12年前からです。2008年です。そもそもなんでそうなったのかを

説明を致します。ちなみに私は今日まで3回転職しております。けっこう、3回転職ですと
リスクあるなと思うかもしれないですが、うち2回はどうすることもできない理由で解雇されました。
さらには薬も医師の指示で毎日飲んでおります。

飲んでいるのは精神安定剤のジェイゾロフト錠という薬。
発作を抑える頓服薬というリーゼという薬です。

ただ今は薬を減らす方向へと向かっております。

 

きっかけはIT業界で夜勤をしていた時です。
住み慣れた新潟から離れて神奈川県川崎市へ。そしてそこで1人暮らしをし、ITの派遣会社で働く事となりました。
そして横浜のとあるデータセンターに行きました。そこでの上司から暴行と罵声を浴びたことがきっかけです。
その上司というのがスゴイ方でした。もと軍隊です。

やっぱりすごいのですが、スパルタ形式での教え方でした。何かできなければ殴る、ける、そして「出来ないのは貴様のせいだ」と
罵声を浴びました

そこから気分がおかしくなり、精神科で見てもらった所、「うつ病」と診断を受けました。
その後は上司にもう無理です。と報告し、いったん待機へ。
現場が見つかるまではその間は、謹慎処分として勉強を10日間やりました。

しかしこれがのちにコロナウイルスでの自宅勤務で多いに役立つとは思いもしませんでした。
余談ですが、その生活が1か月半続きまして、周囲は「変になった、体が思う様に動かず勤務できなくなった」
と話がありましたが、私はその地点で耐性があったせいか、まったく平気で、むしろ自分からどんどんと会社課題を最短で終わらせてさらには目標として資格取得をして、一気に周囲の方と差をつけました。結果、大好評化となりました。


さて話を戻します。

そこでやっと少しは症状が落ち着くと思いました。
よい現場だなと思いましたら、ちょっとそこでも飛んでもない事がありました。
それは次回お話しします。

« うつ病になって12年間の生活、明日から公開します | トップページ | 第2回:うつ病になってからの生活(夜勤を経験) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うつ病になって12年間の生活、明日から公開します | トップページ | 第2回:うつ病になってからの生活(夜勤を経験) »