フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 第3回:うつ病になってからの生活(ITさよなら、介護職目指す) | トップページ | 第5回:うつ病になってから(障害者雇用、しかしまた。どうして) »

2020年10月29日 (木)

第4回:うつ病になってから(介護職。しかしリストラ)

その後、私は特別養護老人ホームのデイサービス:日帰り部門にて介護職員として働く事になりました。

そこでは要介護の方が8割ほどいる施設でした。そこで入浴介助、おむつ交換、食事介助、レクリエーション、お誕生日といったイベント主催や企画をしました。時には介護車両の運転もしました。

しかしです。入社して1週間で事故おこしました。私が歩行介助の時にしっかりと支えなかった事で、ご利用者様を転倒をしてしまったのです。
その方は足が重く、いわゆる歩く事が歩行困難な方でした。幸いにもけがは大した事はなかったですが、私は事故報告書というサラリーマンでいう始末書をかきました。

最初はまだ許されてました。しかしです。今度は入浴介助で、入浴介助用のリフトにのせようとしたときにそこでも転倒を起こさせてしまいました。いわば機械の扱いでミスがあった事です。そこでも報告書です。今度は、車の運転中に利用者様の所へ急ごうとして、慌ててしまい、民家の壁に激突。ご利用者様の食事を配慮が必要な食事を間違えて提供(減塩が必要な方に普通の食事を出した)事もしてしまいました。

本当はもっと数えきれない事もしました。そこから職員とだんだんと亀裂が走り、また相手にされずといった状況でした。
しまいには、職員と口もきいてくれなくなったり、女性から「もういらねえよ」という言葉も飛び散りました。私はトイレで泣いた事が何度あったかわからずでした。気づけば一番で私がメンバーの中で始末書を沢山かいており、いわゆるトップになってました。

「俺が悪い、でも介護もダメか。どうしたらよいのか」

それでもです。自分も喜べば周りの人も変わると思いまして、お誕生日会の企画では、オカリナが出来る事もあって「ハッピーバースデー」の曲を私が吹いてもよろしいでしょうか。とそして一番なのが、夏祭りのイベントとして「うすずみ太鼓」というなかなか難しい和太鼓の演奏を必死になって練習をしました。それが功をなしてか、なんとソロ演奏も任せてもらえる事になりましたし、アンコールもいただきました。

後はIT業界にいただけあって、利用者様のレクリエーションのカリキュラム作成の表を新規で作成したり、入力も任せてもらえる様になりました。

まあ、この時今でもよかったと思ったのが、趣味であるゲームセンター:バンダイナムコゲームス様からリリースされました「太鼓の達人」をプレイしたことがリズム感や音感をつかみました。ちなみに利用者からは「太鼓聞いてて、あんたが一番うまかった。最高の演奏だ。また聞かせてくれ」とお褒めまで。
太鼓の達人に大感謝です。もう本当にこのゲームをやっていたおかげでリズム感がついてます。普通モード(演奏中にかなり連打したり、トントントンと何度もしたりという曲もあり)だったら一通りできるレベルです。それに太鼓たたくと何だか元気出ます。

この時、まさか趣味が役立つとは思いもしなかったです。

でもです。結果的には補助。肝心の介護が出来なければ意味がありませんでした。

そして2013年7月にリストラを宣告されました。施設長と上司からです。
「いろんな場がある、そこで働きなさい。」

その通りでした。事故ばかり起こす職員なんて誰も入りたくないのが世間だ。
そこでどうしようかとハロワークにいき、そこで障害者として生きる事を決意しました。

次回へ。

« 第3回:うつ病になってからの生活(ITさよなら、介護職目指す) | トップページ | 第5回:うつ病になってから(障害者雇用、しかしまた。どうして) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回:うつ病になってからの生活(ITさよなら、介護職目指す) | トップページ | 第5回:うつ病になってから(障害者雇用、しかしまた。どうして) »