フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« ゲームセンターのゲームで、仕事に生かせた | トップページ | じゃがいも生活が2か月目に突入 »

2020年10月21日 (水)

口論して怒るのも手段(ブチ切れる。ダメなら辞める!)

口論して怒るのも手段(ブチ切れる。ダメなら辞める!)
仕事が本気でダメであれば、最終手段です。
まるで、技でいえば奥義中の奥義。ギャンブルでいえば、ラストチャンスでもあります。
でも、本当に今の環境がダメであれば、これを使ってもよいです。むしろ自分の思いを伝えた方が
自分にとっても、相手にとっても良いからです。(ただ、本当に使って100%良いわけではないです。でも手立てはあります。)


過激な発言ですが、これはやりました!
障害者雇用ですが、本気でやりました!
もう我慢が限界でついにやりまして、口論にまで発展。
あげくのはてには人生で怒った事がないですが、
大声でこういいました。人生で一番の怒りでした!

2019年11月についにいいました。それも怒りを上げた大声です。
「私、辞めます。あなたの様な何もしらない方には
何も言われたくない。出ていきます。あなたは人をいい様に
利用しているだけだ。そんな人についていきたくない!
あなただけの場じゃないんだ。現場を知らない方に何もいわれる資格はない。」

今の職場にて口論しました。
私のアラサーの言葉でいえば「キレる、逆ギレ」です。
冗談抜きで起こしました。

何度もいいますが私は、障害者雇用です。
入社当初から私は事務職としてつきました。
ですがそこの上司は1か月間平気で休み、平謝り。
さらには現場のことは何もしらないでグループ長で
健常者です。さらには部下に対しては、好き勝手な
事を成長としていいはります。

「つねに目標を毎日決める様に」
「毎日、レポートをかかせる。出来ない人は呼び出す」
「出来ない理由はなんだ」

完全に理解していないと分かりました。
当然ながら私は、何度も呼ばれました。最初は
無理やりでも耐えました。ですが、もう我慢の限界、
食う手段なんていくらでもある。最悪なら生活保護やら
障害者年金で暮らそうなんて考えました。だんだんと
それでよいと思いました。

◆余談ですが、障害者年金は体が丈夫だと本当にもらえない可能性も調べたり聞いたりして分かりました。
私は精神障害者3級です。一番、軽い等級なので、まずはそんなにもらえないです。
症状や自治体、医師の診断や年金機構によりますが、
年間でせいぜい20万ちょっとくらいです。そしてこれを
もらいながら働く企業の中には、年金を止める事が働く条件と定める
所もあります。これは前職の生命保険会社はそうでした。人によっては
異例な場という方もいます。
ちなみに今ももらってないです。というのも入社時に確認としてあった為に
恐らくはそれで給与の差し引きもあった可能性も高いです。◆

さて、本題に。
それを周囲の目の前でいったので、全員が注目しました。
でも逆によかったです。いいたいことはっきり言えました。

「あ、これで俺は首だ。バンザイだ。親やら親友やら
何言おうが関係ない。俺の人生だ。いわれる資格はない。
社内規定である、口論をしてはならないも
ひっかかった。人事に解雇宣告されても上等だ。バンザイだよ。バンザイ。」

もう理性を失って、完全にひねくれ小僧となりました。

すっきりしました。その後20分休んで戻り、謝罪。
次の日もいきました。グループ長に謝りました。さすがに障害をお持ちの方々
に怒鳴ったことは少なくとも心理的ダメージになったことは
分かっていたからです。でも私は辞めることに変わりはありませんでした。

ですが、意外な展開でした。
即、人事の方と社内の臨床心理士の方に呼び出しくらいました。
首だな。と思いましたら

「あなたを異動させます。今度は社内でヘルプデスクをしてもらいます。
なぜなら色々と経験をしてもらいたいです。そして障害者雇用も悪いと
世間で本当に誤解を招かないでほしいです。それにあなたは
入社してから一度も休んでいないし、遅刻・欠席もないし
3年目となります。一つの節目として、その才能を別の所で生かしてみてください。
まずは人事としては、今の部署にあなたを合わない所にいさせた事は、本当に申し訳ございませんでした。
お詫び致します。そしてそれでも合わないなら、仕方と思っております。」

もしかしたら、言い振られしている事も人事は恐れもあったと感じました。
でもそういったということは、少なくとも配慮のある所はある、ことを証明でもあったと思います。


---

それを聞いて、私も謝り、素直に承諾しました。
そして今の部署にいます。でもそこはそこで
きついです。豹変する方いますし、女性が上司なので
気分変わりやすいです。ドライですし、言いたいことは言われます。
時にはキチンと言われたことをしてなかった事もあり、そこは
男らしく頭を下げます。でももう我慢ならん時もありますが食いしばります。
私、実の所は人生はかけ事をつねに思ってます。まあ不運かなと
思いつつやるかと思ってます。

ですが、まだグループ長が
「困ったことがあったらいつでもいいなさい」
といって下さったり、現場が分かる方なので大変
ありがたかったです。それもあり、色々といわれてますが
続けてます。それに契約している運送関連業者様(Y運輸様)には
「あなたいい笑顔してますよ。私保証します。
それに私もうれしいです」それもあってY運輸様は積極的に
どんどん配送依頼を今年からする様になりました。ある意味
信頼できるし、良い方々がいて下さり、やれる力を与えて下さった
事に感謝です。


でも今思えば、本当によかったです。ブチギレて。
絵で表すとこんな感じです。もう怒りが抑えられず、吐いている状態です。
まさに手が付けられん状態です。(私、怒り出すと止められないです。なのでかなり危ない状態と化します。)

O0793060814814775625


ちなみにですが、もしやめていたら私は次の職場には、
人材求職会社(よく言われるDODA、マイナビ、最近では障害者雇用専門の
会社のゼネラルパートナーズ)を活用して次を選んでました。
今住んでいる私の東京首都圏ですと、そういった会社の本拠地があるので
いつでもカウンセリングにも相談にのれます。ネットだけでは
不安面もあります。

逆に私の出身地の新潟の様な地方は、この方法が難しいです。
その場合は厚生労働省認定の「若者サポートステーション」という場で相談に乗るのがよいですし
最近ではDODA=運営元:パーソルキャリア、パーソルテンプスタッフ様も
地方に力をいれておりますのでもしかしたら営業所があれば、相談にも乗って頂けます。

長々とかきましたが、本気で怒ることも必要です。
逆にガス抜きしないと、それこそ世間でいう暴力やネット中傷する行為
をしでかねませんし、それが犯罪行為にも発展しかねません。
それこそ、殺人だったり、よく言われる受け子という特殊詐欺の
一員の仲間になる事のひきがねにもなります。

もしかしたら、あの怒りによって首やら謝れ、出ていけの結果にもなっていたでしょう。
でもそれくらいで済むなら、もういいです。周りの方には
申し訳なかったです。でもそれしか手段がなかったです。もうドラマでいえば犯人やゲリラ集団に、銃やナイフを押し付けられている状態でもありました。
だからこそ、「肉を切らせて骨を断つ」という形でやりました!

そしてどこまでやれるか分からないですが、今はやっていくつもりです。
ただ、報連相の活用をした事は少なくとも良好な関係までは作れる様になりました。

最後にイラストをがむしゃらに書きました。
その時の心を描きました。もはや、理性を失った
鬼の様だったと私は思いました。

« ゲームセンターのゲームで、仕事に生かせた | トップページ | じゃがいも生活が2か月目に突入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲームセンターのゲームで、仕事に生かせた | トップページ | じゃがいも生活が2か月目に突入 »