« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日 (土)

おらあ嬉しかよ(ありがとう)

今晩は。ユニークなタイトルですが、嬉しさのあまりお伝えします。


実は10月に入り、毎日この私のniftyブログで毎日アクセスがありました。


毎日更新した事もありますが、なんといっても皆様のおかげでございます。お礼申し上げます。


祝いもかねて、回転寿司屋でクーポン券使って食事しました。久々の寿司は格別に旨かったです。


同時に思ったのは故郷の新潟県新潟市に帰れたらと願います。ただまだコロナウイルスの騒動が収まりそうにないので、もしかしたらまた自粛して生活と思います。そしたら、10年ぶりに今すんでいる神奈川県で年越しをします。おそらくは神奈川県で住むが確率は高いです。でもそれはそれで当時の思い出を振り返りながら過ごすをしたいと思います。


10年前は、夜勤明けでした。さんざんと「おまえはいらねえ、どうしようもない」と周りに言われつつも、来年の介護職に向けて準備した思い出があります。


そして2011年は希望の年と思いながら川崎駅で買った「年越しそば」を料理し、食べながらお笑いテレビ「加トちゃん、けんちゃん」をみたのを思い出します。


今年は、間違いなくよき年と言える様にやりぬきたいです。

第6回:うつ病になってからの生活(葛藤、いじめ、辞表、大爆発)

さて、2017年1月から障害者雇用として
今度は某:人材求職会社として一般事務で働く事になりました。
今度は世間でも有名な所でした。最初は1か月間研修をしました。
出来ない事だらけでした。でも周りの人が助けてくれたりして
ここなら何とかできそうだ、出来たら長く働けたらと思いました。

そして部署異動として、機密書類を扱う部門に行きました。
そこでも事前配慮として「長い目で見てほしい。出来る様
になるまでは時間がかかる」と。伝えました。

そこは障害者の方のグループでした。うち1人がADHDの
発達障害。残りは脳梗塞での身体障害の女性、うつ病での精神障害でした。
優しい所かと思いました。しかしです。
2日目になるとこうです。

「昨日教えた事です。メモをとったのに分からんとは何事ですか」
そういわれました。これは厳しい所だと感じました。これは長い事かかるなと。
しかしそれがエスカレートしました。さらには私がおびえる態度をとると
「そんな態度をとっても何の解決にもなりません。やってください」
と。まるで血も涙もなかったです。さらには身体障碍の女性は
「さっさとやれや」とやり忘れていた確認作業を見逃しただけでも、
それを言われました。それが難なのかわからなく、私は戸惑いましたが
「メモとってんでしょうが、それみなさい、それともそのメモはただの落書き」
と言われました。

そんな事が続き、3か月間耐えました。
しかしです。今度はチャットを使っての会話となりました。
使用しているソフトがMicrosoftLyncというものでした。いわゆるSNSのLINEの様なものです。
現在は、現在は名称が変わり(Lyncはサービス終了)となり、Skype for businessとなりました。

今度はそれで延々とやられました。近くにいるのに
会話は一切無視でした。全部チャット。それに周囲に分からない様に
まさにいじめです。リアルなネットいじめです。

上司に相談しましたら「それはあなたのためを思ってやった事ですよ、
分からないのですか」と言われました。そして発達障碍者の方に
仕事を与えるという任務までいつの間にか課せられました。
PDF化する書類の準備、手続き、そして指導、そして自分の仕事
をしてさらには働いた時間を数値化として%で表示しなければ
ならず、辛い状態でした。

低ければまたチャットやら面談やらで、お叱りやらご指摘を食らいましたわ。

この時から私は、もうやばくとんでもない事をしました。
なんと職場で薬の過剰摂取として精神安定剤を沢山飲んだりという
行為、そして自分の気合入れ(別名:ヤキイレ=もともとは軍隊でのしつけの行為、ブッサシ)としてリストカットをペンでしました。

本当はやめてもいいんじゃと思いきや、辞めると
周囲がこれからどうするんだ、どうやって働くんだという
声が怖くて、辞めようにもやめられない状態でした。
世間の風あたりといってもいいくらいです。

1年後、ついには上司から毎日目標を決めましょう
ということがついにかせられ、毎日の様に
書かせられました。そこでもテーマと違えば呼び出しです。
もう誰も助けてくれる人がいないです。
支援機関という障害者専門の施設にいってもダメでした。
「あなたが悪いと」その一言です。

◇そしてインターネットビジネスにも手を染めて
少しでも利益を出そうとしました。
今だから言えますが、その時から特殊詐欺であった
「受け子」の募集が私の所にもきてました。
<100万儲かるよ。今の仕事はやめないと人生終わると。>
恐らくですが、そのメールがきっかけで今で迷惑メールが
来ていると思います◆

しかしです。ついに限界がきました。
2018年11月、精神安定剤をついに1日7状も
飲んで、ミスで怒られたとき、ついに怒りが
抑えられずに自分の机をたたきました。

「じゃ、辞めてやりますわ。私なんて必要ないでしょう!
出てきます。何が障害者雇用ですか。笑わせないでください。
人事課いきます。さようならをします」

そして人事課にいこうとしたら上司もさすがに
周囲に響き渡った事もあり、ついに
「わかった、わかった。まずは話そう。おまえのいうとおり人事も呼ぶ。
まずは周りが見ているからもうやめろ」

そしてその日は人事と話、退職したい、これ以上は我慢できない
ということをはなしました。ただ人事からは、
「もう少し、考えなさい。まずは冷静にならないと。本当にその決断がよいかわからないよ。それにだ。これからどうするんだ」と
引き止められ、いったんは30分仕事を休んで、その後は
周囲に頭を深くさげて仕事を再開しました。

そして2019年から人事と何度か面談するという形に
なりました。それも臨床心理士の方とです。
いわゆる健康面談かつ、監視つきでの仕事をするというものです。

さらには意地悪だった上司が組織変更で異動
することに。しかし、身体障碍の女性は残る事に。相変わらず
苦しい言葉ばかりです。大雨はやむ事は決してありませんでした。毎日が嵐と強風、そして生き残りの世界です。

そして部署異動へのカウントダウンが始まりました。
続きは、次回。今度こそ最終回です。

2020年10月30日 (金)

第5回:うつ病になってから(障害者雇用、しかしまた。どうして)

介護職をリストラされ、事前に退職前に
ハローワークへいきました。今度は反省をいかして
事前に職務経歴書、履歴書を作成していきました。

そして過去の事情をすべて話しました。
・うつ病になった
・今も薬を服用して、5年目になる
・事故を介護で沢山起こした
・なれるまでに時間がかかり、それが周囲に悪影響を与える

すべて話した所、「今度は一般企業で働く事が非常に難しくなる。
それにあなた自身は配慮が無いと今後は同じ事の繰り返しになるし
5年近くも薬を飲んでいる以上は、国の制度も使うべきだ。
それに落ち込んだり、薬を長く飲むということは
長い事に精神に著しく障害もあることをお医者様はすでに認識はしているべき。
障害者として生きるべきだ」

その言葉から障害者として生きることを決意しました。
薬はもう外せる見込みももうないです。それにこの世の中の
動きであるスピード、正確、時代の変化がつねにできないということはこうです。

・ロボットでいえば、「不良品、欠陥品」がつねに出ている状態。命令しても違った答えやエラーがかえってくる欠陥品。
・パソコンでいえば、すでにサポート終了した機種やソフトが稼働しながら動いている状態。バージョンUPは完全に不可。
・マラソンでいえば、同じ走り方しかできない状態。変化が出来ない。


自分でいうのも何ですが、本当です。

でも人間である以上は、自殺をすることは決して世間体では許されない。
そのあとの周囲や家族の人たちにも大きく影響がする。そこに損害や悪評がくる。

そうすると、自分には障害を持っていることを認めて頂く。
つねに薬も精神安定剤と頓服薬、睡眠剤を飲んでいる。でも時間をかければ出来るからということをということを認めてもらう為に「精神障害者」となる事を決意しました。当然周囲には、反対の声。家族と亀裂も走り大変でした。
でもです。嘘ついて生きる事自体に、もう罪だと思いました。

そこはキリスト教の教えもあるかと思います。
「罪を認めなさい。それを食い当たらめないものには神の国に行くことはできない」
聖書の言葉の中に似た様な言葉があります。何度もキリストの聖書の話が出てきてますが、まあこういうときに宗教って色々と人の道を教えてくれるのではないかと思います。

後は、私の好きなRPGのファイナルファンタジー4でのシーンで、主人公セシルが暗黒騎士から聖騎士へと変わるときのシーンを思い出しました。(詳細は、FF4と調べると出てきます。)
このシーンは、「あるがままの自分を受け入れ、そして過去を認めて、新たな自分へとなる」ということです。

その時の家族の亀裂はある意味では辛い経験ではあるものの、試練として本当に世間から何を言われても(障害者の家族、何もできないのか)という自分を認めて進めるのかという覚悟だったと思います。そう思いまして説得しました。

その後は障害者向けの職業訓練校に行き、
もう一度、働く為の基礎を身に着けました。同時に障害をもつ事はどういうことなのか、自分の特性を知る、病を知る事を勉強。そして働く上での基礎知識として挨拶、マナー、PCスキルを身に着けました。

そして就職活動を2014年4月からスタート。
ちょうど、消費税が5%だったのが、8%の増税になったスタート年です。苦しい年が始まりました。


ただ幸いな事にです。国の特例制度を使って生き延びれました。
障害者の場合は失業保険が特例(障害者雇用での応募かつ配慮が必要)として、失業した地点からもらえていたので生活は何とか安定しておりました。それも300日有効。つまり、月初めにもらえました。2013年10月からすでにもらえてました。
まさに制度をうまく活用出来たと思います。

ちなみに一般(健常者)ですと3か月間待機しないともらうことが出来ないです。そしてもらえずもらえたとしても90日間。たった3回までです。なので差がでかいです。ちなみにIT退職の時はこれに当たりましたので生活は当然苦しい立場でした。

でもです。(何度もつかっている言葉となりますが)
就職もうまくいかずです。20社受けて全部全滅。
それも契約社員くらいしかない、それに面接も3回は当たり前。

なんでと思いました。つまりです。狭いもんです。

そこでも追い詰めれます。
家族やら知人やら、周り、仲間、全部からです。
もうあとが無いです。

唯一の慰めが無料で出来るゲームセンターのゲーム。当時はなんとSEGAからリリースされたゲームで3つもありました。「ぷよぷよクエストアーケード」「コードオブジョーカー」「ザ・ワールドオブスリーキングダムズ=スリキン」この3つのゲームはなんと基本無料です。
つまり、無料で遊べます。それがありがたいものでした。1日に10件ゲームセンターの店舗をいってプレイしたこともありました!

まさにSEGAのゲームの大ファンとなってました。特にスリキン限っては、ハロワーク通ったあとに延々とプレイしてました。戦いに勝てば、無料でずっと出来た事や色々と知人から「職がきまらんのか」と罵声くらった時は、なぜだかゲームセンターに駆け込みこのゲームばかりしてました。同時にそこから三国志の熱狂的なファンとなり、インターネットで三国志を調べたり、図書館で漫画見たりと色々としました。
そこで、武将や軍師のことを知りました、私は一番好きな武将は張遼(ちょうりょう)という武将です。
ゲームのスリキンでも初めて一緒に戦を共にした仲間ですし、三国志の歴史上では1万の敵兵をたった1人でなぎたおすくらいの実力がありました。

まさに毎日がじり貧。
しかしです。奇跡が起きました。
生命保険会社から面接が通過。さらには2回、3回も
通過し、最終面接も合格しました。その時に御礼も兼ねてゲームセンターで100円も入れました。

なぜかというのは、分からないですが恐らくはたまたま人がいなかったというのも大きかったと思います。
あるいはですが、障害者の法定雇用率を満たす為もあったとも考えられます。
確か2021年からはもっと引き上げになるので、企業側も障害者を雇うという状況ににもなりますが、
まだこのご時世。まだ厳しいと思います。

話を戻します。もうそれしか考えられないです。本当にもうそれしか考えられないです。

そして採用され、事務関連として働きました。
最初はお客様のアンケート入力、保険事務の契約番号確認、
生命保険に関するセールス勉強、保険関連番号を自社システムを使って
調査。そして色々と部署異動を重ねて、最後にはイベント関連会社部門
という所へ行きました。そこでは生命保険のすばらしさとイベントを通して
世間の方に伝える為に「ボランティアイベント、自社広報活動」
さらには社内全体の士気やサポートの為の「優秀な営業社員のスピーチを文字起こし
=何を話しているかを文章にして、冊子として発行」や御礼カードと呼ばれる
社員同士を誉めあうカードの発行や交換での手続き、紹介をしてました。

楽しかったです。本当にずっといたかったし
楽しい会社でした。やっと実力も認めてもらえた。社員としてもなれるかもしれないとずっと信じてました。


でも、、、また悲劇が。
契約満了3年までという条件でした。

後からわかったのですが、ハロワークには
求人情報条件として3年までと記載。しかし面接や
ホームページでは一切紹介がなかったです。
つまりは騙しもあったかと思います。悲しいです。だましは。さらには、人事から「障害者を雇うだけの金はない」という言葉。
なんのために今まで努力したの、だったら最初から卒業前提でいけばよかった。今でも大後悔です。

当然ながら泣きました。もういられない。
そこでまた職探しです。
今度は、生命保険会社側から定めた求人サポート会社を
通じて就職しました。ただ私の場合は、その地点で

・一度も休みをしていなかった。
・スキルUPの為に毎日資格取得をした。
・常日頃から仕事ができる様になるために工夫をしたり、それを周囲に伝えた
・障害についてはコントロールできる様に身体を鍛える、考えを変える(客観視)してのりきった
・障害はハンデでなく、個性。むしろそれを生かせば健常者と同じ様に働ける

それらを面接でいい、なんと1か月半で内定2つもとりました。
実は社内でもかなり早い段階で決まっていたので
皆さん驚いてました。

さて今度は求職会社に勤める事に。
しかし、また今度は本当に人生でどん底で
最悪の事がまっていました。いじめ、いやがらせ、陰口、
チャットいじめ=別名:リアルネットいじめ。
障害者雇用なのに配慮がないという、まさにサバイバルで生き残り、頼れるのは己だけな所へ行くことになりました。
まさに毎日が戦争状態となります。毎日が血まみれと苦しみの日々です。それが始まることとなりました。

もしかしたら障害者雇用でこんな事はないと、思いきや私はありました。残念ですが、それが現実でもありました。
何度も述べますが、これは本当にあった事です。

同時に私もついに限界に近づき、
辞表を2回もたたきつけ、怒り頂点になり、大罵声をして上司と大喧嘩しました。2018年と2019年に起こしました。

これがもうスゴイです。もし障害者で私がなければです。
冗談抜きです。リアルファイト(殴りあい)をし、馬乗りになって相手のほほを何度も平手打ちしてました。それくらい危険で危ない精神状態でした。

どうなったのか、続きは次回に述べます。

2020年10月29日 (木)

第4回:うつ病になってから(介護職。しかしリストラ)

その後、私は特別養護老人ホームのデイサービス:日帰り部門にて介護職員として働く事になりました。

そこでは要介護の方が8割ほどいる施設でした。そこで入浴介助、おむつ交換、食事介助、レクリエーション、お誕生日といったイベント主催や企画をしました。時には介護車両の運転もしました。

しかしです。入社して1週間で事故おこしました。私が歩行介助の時にしっかりと支えなかった事で、ご利用者様を転倒をしてしまったのです。
その方は足が重く、いわゆる歩く事が歩行困難な方でした。幸いにもけがは大した事はなかったですが、私は事故報告書というサラリーマンでいう始末書をかきました。

最初はまだ許されてました。しかしです。今度は入浴介助で、入浴介助用のリフトにのせようとしたときにそこでも転倒を起こさせてしまいました。いわば機械の扱いでミスがあった事です。そこでも報告書です。今度は、車の運転中に利用者様の所へ急ごうとして、慌ててしまい、民家の壁に激突。ご利用者様の食事を配慮が必要な食事を間違えて提供(減塩が必要な方に普通の食事を出した)事もしてしまいました。

本当はもっと数えきれない事もしました。そこから職員とだんだんと亀裂が走り、また相手にされずといった状況でした。
しまいには、職員と口もきいてくれなくなったり、女性から「もういらねえよ」という言葉も飛び散りました。私はトイレで泣いた事が何度あったかわからずでした。気づけば一番で私がメンバーの中で始末書を沢山かいており、いわゆるトップになってました。

「俺が悪い、でも介護もダメか。どうしたらよいのか」

それでもです。自分も喜べば周りの人も変わると思いまして、お誕生日会の企画では、オカリナが出来る事もあって「ハッピーバースデー」の曲を私が吹いてもよろしいでしょうか。とそして一番なのが、夏祭りのイベントとして「うすずみ太鼓」というなかなか難しい和太鼓の演奏を必死になって練習をしました。それが功をなしてか、なんとソロ演奏も任せてもらえる事になりましたし、アンコールもいただきました。

後はIT業界にいただけあって、利用者様のレクリエーションのカリキュラム作成の表を新規で作成したり、入力も任せてもらえる様になりました。

まあ、この時今でもよかったと思ったのが、趣味であるゲームセンター:バンダイナムコゲームス様からリリースされました「太鼓の達人」をプレイしたことがリズム感や音感をつかみました。ちなみに利用者からは「太鼓聞いてて、あんたが一番うまかった。最高の演奏だ。また聞かせてくれ」とお褒めまで。
太鼓の達人に大感謝です。もう本当にこのゲームをやっていたおかげでリズム感がついてます。普通モード(演奏中にかなり連打したり、トントントンと何度もしたりという曲もあり)だったら一通りできるレベルです。それに太鼓たたくと何だか元気出ます。

この時、まさか趣味が役立つとは思いもしなかったです。

でもです。結果的には補助。肝心の介護が出来なければ意味がありませんでした。

そして2013年7月にリストラを宣告されました。施設長と上司からです。
「いろんな場がある、そこで働きなさい。」

その通りでした。事故ばかり起こす職員なんて誰も入りたくないのが世間だ。
そこでどうしようかとハロワークにいき、そこで障害者として生きる事を決意しました。

次回へ。

2020年10月28日 (水)

第3回:うつ病になってからの生活(ITさよなら、介護職目指す)

さて3回までの予定でしたが、追加して第7回までにします。

語ると長くなることが分かりました。

さて、介護職を目指すためにまずは、「ホームヘルパー2級」の資格を取らなければと思いました。同時に求人だけでなく介護職のイベントも探したいと思いまして、最寄りの社会福祉協議会にもいきました。ちなみにハローワークには一切行かなかったです。

なぜそんな行動がとれたかといいますと、私はもともとは大学時代のころは福祉関連の学科でした。しかし、当時は友達付き合いがまったくできず具体的には会話が出来ないし、過去にゲームソフトやいじめにあったことで人と付き合うことも怖さばかり身に染みてしまい、避けてました。一時期、本当に引きこもりになってしまいました。そうすれば、何もされずにすむということを身にしみてわかったからです。

それも学問に影響してか、多くの福祉学科で必要な単位を落し、ついには卒業も出来ないということになりました。
そこで当時は、ITについて資格を取りたいと思い、そこで資格取得に成功したことでIT関連に入りたいと思い、福祉は完全に諦めました。

しかしです。今度は福祉関連でよくある夜勤も経験した。
ITを通してうだれ強くはなった。今度は人付き合いも出来たからできる。
そう自信をもってつねに情報や過去の自分の経験を話してヘルパー2級をとれる所を目指しました。

そうしているうちに2011年になりました。そして7月についに現場退職し、ついにIT業界と卒業しました。

そして2011年8月から東京都町田市にある福祉専門学校に通信制としてヘルパー2級をとりました。
でもそこでも問題が。

身体介護(実技)が全然できずでした。
しまいには実技中に相手方に大けがまで負わせてしまいました。
その実習が服の着衣。それも右半身まひという想定で行いました。でもうまくいかずついに力をいれてしまった結果。相手方は首を大きくいためました。首のねんざですが、その人から「おまえ、老人だったら一発で骨おれてるぞ。どうするんだ」

そういわれて、とても悔しかったです。そうです。なれるまでに時間がかかった。それも何倍もです。
それでもやり続けました。でもその間も、やっぱり「介護に俺は向いていないな」と心では思いましたが「やってみよう、これが俺にとっては唯一の生活する手段だ」と言い聞かせて、できないながらもできる様に努力しました。

そしてヘルパーの為に実習もしました。そこでもできずの事連続でした。挨拶は出来ても、着衣はやっぱり出来ず、食事介助も一歩間違えていたら命に係わる事態に(具体的には、飲み込めたことを確認せずにご利用者様に食事を入れた)、そして目まぐるしい現実を介護を通してみました。ケアが足りない。。。でもです。

結局こんな自分にでもできるのか、そう思った時に実習のカリキュラムを終えた後、ある夜勤担当の職員さんからこうお話しいただきました。

「見ていたよ。一生懸命になってやっていたのを。笑顔がよかった。仕事なんてね。できなくてもいい。笑顔になれることが一番なんだよ。できるよ。おまえさんは。」

それを聞いて自信が身に付きました。その後はヘルパー2級を取れました。嬉しかった。これで就職もできる。
そしてハロワークにいき応募しました。そこで職務経歴書というのをかきかたを初めてしりました。
そこは何とか職員さんと自分の経験を照らし合わせてかきました。そして履歴書もパソコンで作成してみたらという
ことで、それで作成することも身に着けました。ただです。このときはすでにくるのが遅すぎた状態でした。本来ならヘルパー2級を
取りながら情報収集し、その地点から就職活動してもよかったのです。いわば、戦略でいえば読みがあまりにも遅すぎました。
業務でいえば対応遅れです。

そしてです。世の中甘くないです。行く先々で不採用ばかりです、どうしてケアが足りない現場なのになんでよ。
さらには家族からも知人からも、世間からも「職はいつになったらきまる、どうして決まらない、おまえの努力不足」

と何度も言われ、心も体も壊れてしまいました。ついには、夜昼逆転生活です。

実の所、介護業界が人手不足は事実。しかしです。本当にできるのかといわれると、そこで採用する側も考えます。
特に初めての人ほど、なかなかうけいれにくいです。すぐやめてしまうのも事実の職業だけにです。
それに他者の命に係わる業務です。施設側が事故を起こしたときは責任が取れるかどうかもかかりますし、福祉も、あまり言い方よくないですが、サービス業でもあります。これは私の入社した施設でもそういわれました。

なので10社近く介護業界受けて、不採用という方も珍しくない事もハロワークの方からお聞きもしました。
なので、後から介護業界入って分かったのですが、あえてコネを利用して(いわゆるボランティアと称して、その間に現場経験ありにして下さり、事実としては現場経験あり。でも実際には本当にできてました。)で入った方もいました。

これでは就職活動も出来ずでした。正月に新潟に戻るときもとてもしんどく、本当は戻りたくなかった。でも戻らざるおえない状況でした。
年超しをしても、年を越していない雰囲気でした。2012年であけましておめでとうのはずですが、、まだ私の中では職が決まるまではずっと2011年でした。
体感でそうずっと感じました。

本当に地獄でした。そこでです。

戦略として、かつてIT時代に営業担当がしていた押しかけ営業というのがありました。
それをまねて、ある福祉施設に押しかけて、見学、そのあとに採用試験を受けたいと申し出をした所、面接OK。ちょうどハローワークに求人だだそうとしたタイミングだったとの事でした。

その後、2012年1月にデイサービス部門で働くことになりました。
知人や家族に一斉メールで採用決まったということをメールし、喜びの言葉を頂いたこと嬉しかったです。
あの時は8通くらい送りました。当時はまだSNSのLINEがそこまで普及してなかったし、まだやり方すらわかりませんでしたのでメールです。

でもでも、またもそこで問題とあるとは、、、おもいもしませんでした。

続きは4回目で述べます。

2020年10月27日 (火)

第2回:うつ病になってからの生活(夜勤を経験)

さて、部署異動をしてから安定は半年は
してました。今度はヘルプデスク。
24時間365日。前の所も一緒でしたが
今度は夜勤は1人体制で、座ることのできる
仕事。日勤は2人体制でした。

システムもわかりやすく、
図面もあらかじめ見せてくれましたし、
SEが作成して下さったマニュアル書も
PCにあったのでいつでも観覧出来ました。
最低限の操作が出来れば、まず仕事は出来ました。
最初は怒られ、泣きましたが、それでも
リーダーの方が気を使ってくれて
一緒に謝って下さったり、アドバイスをくれたり
と助かってました。

これでいい。そうここで安定して一生懸命になれば
よい。わからない所も誰かいればいいと。

しかしです。そんな向上心の無い気持ちを
気に入らない方がいました。そして1年後には
何も教えてくれなくなりました。いわば、
最初は優しくですが厳しくなり
ついには鬼となったのです

。もう私の力では
どうすることも出来なかったです。

・システムが変わったと言われてもどう付けたらよいかわからない・
 口もきけなくなりました。
・もう頭の中は混乱。
・萎縮すればなおさら怒り。
・なんのために働くのか、ロボットでもいいのでは。
・辞めたい。でも辞めれば両親が怒鳴る。

ついにはメンバー全員がなりました。
もう全員が敵でした。

誰も助けれくれない。派遣先からは
もうここがダメなら自主退職と。

---

その後どうしたかといいますと高校の時の
キリスト教の学校にいっていたこともあり、
聖書の時間がありました。そこに聖書の言葉の中で
「あなたの耐えられなかった試練はない。」という言葉が
ありました。確かマタイの福音書だったと思います。
他にも、「耐え続けることが、あなたがキリストの香りを
放つ人となる」という言葉がありました。

ここから、「俺と同じ思いをする人がいるかもしれない」
だったらやって、経験を積んで強くなろうと思いました。

同時になぜだか不思議ですが、(これも聖書も導きか)
と思いますが、当時海外ドラマ:ER(救急救命室)が第15シリーズで
放送終了とありました。アメリカのドラマはよく続編みたいな形で
放送されており、それが視聴者にとってはどう展開へと結びつくかという
ワクワク感がありました。

日本ではNHKが放送。吹き替え版でした。
その関係もあってワンシーズン遅れて放送してました。

もう一回見よう。あきらめずに血を大量に流し、
病に侵されている患者の為に尽くす医師たちの姿を。

それを見ていたら、どんな状況でも立ち向かうという力が身に付きました。

未だに残念ながらメンバーからは最悪の目で見られてました。
でもそれでも経験と思って、そしてもし転職することに
なっても3年はやってみようと思いまして、耐えました。

でもです。失敗は相変わらずでした。
ついにはシステムを1時間を止めるという
やってはならないことに、ついに全員が激怒
「さすがにもうお前はいられないな」と
いう言葉。

同時にうつ病・そううつ病の症状も
重くなり、ついには睡眠剤も服用しないと
完全に眠れなくなりました。通勤もギリギリまで
寝てタクシーを使うという金銭の無駄しても
無理しても働きました。もう職場にはいきたくない、
行くぐらいなら死んでもよいと思ったくらいでした。

夜勤ではもう緊張のあまりに嘔吐してしまう位でしたが
そこはごまかしました。

「怒られるだけなら誰だってできる。
もう体も心もボロボロだ。家族の顔もやがては
大事な思い出も忘れる日がくるだろう。だったら
喜びを探しておだやかな人生を迎えよう」

本当に心の中で叫んでました。

そして2010年。
この時、ついに退職を決意し、
かつてあきらめていた介護職を目指すことに
しました。

続きは3回目に移ります。

2020年10月26日 (月)

第1回目うつ病になってからの生活(スパルタ教育の洗礼)

私自身、ツイッターで告知もしておりますがうつ病をもっております。

12年前からです。2008年です。そもそもなんでそうなったのかを

説明を致します。ちなみに私は今日まで3回転職しております。けっこう、3回転職ですと
リスクあるなと思うかもしれないですが、うち2回はどうすることもできない理由で解雇されました。
さらには薬も医師の指示で毎日飲んでおります。

飲んでいるのは精神安定剤のジェイゾロフト錠という薬。
発作を抑える頓服薬というリーゼという薬です。

ただ今は薬を減らす方向へと向かっております。

 

きっかけはIT業界で夜勤をしていた時です。
住み慣れた新潟から離れて神奈川県川崎市へ。そしてそこで1人暮らしをし、ITの派遣会社で働く事となりました。
そして横浜のとあるデータセンターに行きました。そこでの上司から暴行と罵声を浴びたことがきっかけです。
その上司というのがスゴイ方でした。もと軍隊です。

やっぱりすごいのですが、スパルタ形式での教え方でした。何かできなければ殴る、ける、そして「出来ないのは貴様のせいだ」と
罵声を浴びました

そこから気分がおかしくなり、精神科で見てもらった所、「うつ病」と診断を受けました。
その後は上司にもう無理です。と報告し、いったん待機へ。
現場が見つかるまではその間は、謹慎処分として勉強を10日間やりました。

しかしこれがのちにコロナウイルスでの自宅勤務で多いに役立つとは思いもしませんでした。
余談ですが、その生活が1か月半続きまして、周囲は「変になった、体が思う様に動かず勤務できなくなった」
と話がありましたが、私はその地点で耐性があったせいか、まったく平気で、むしろ自分からどんどんと会社課題を最短で終わらせてさらには目標として資格取得をして、一気に周囲の方と差をつけました。結果、大好評化となりました。


さて話を戻します。

そこでやっと少しは症状が落ち着くと思いました。
よい現場だなと思いましたら、ちょっとそこでも飛んでもない事がありました。
それは次回お話しします。

2020年10月25日 (日)

うつ病になって12年間の生活、明日から公開します

臨時でブログ更新します。

 

今、私の患っているうつ病についての生活をまとめております。今週、それらの記事をブログとしてご紹介をします。
そこにはゲームセンターのネタも含まれております。まさにゲームそのものが人生の中ですくわれた出来事も載せてます。

もしかしたらです。これから職業を探す人、介護を目指す人、失業中の人いろいろな人の参考となると思っております。
私自身が障害もったことも述べていきます。

 

家族の葛藤もありました。縁をきる段階までついに来たこともありましたし、本当につらかったです。
でもです。生きていることがあれば、どこかで休まる場所や逃げる道もあると私は思います。
それがあってこそ、人生が送れると思います。

 

少しでもこんな人間が生きている、そして少しでもやろうとしていることがお伝わり出来たら幸いでございます。
明日から計6回に分けてお伝えします。見て頂けたら、もしかしたら私という人間がどういった形でそうなったかが分かります。

初めの作った銀行通帳(新潟)が使用不可に

実は、つい最近しったことですが、新潟で始めて作りました銀行通帳が

来年で使用不可になる事を知りました。理由はシステムの関係及び会社合併による影響との事です。

初めて作った銀行通帳は、「第四銀行」様という新潟に本社のある銀行です。

来年でもって、「第四北越銀行」という名前になります。いわゆる地元の銀行同士で合併をして今後は業務を行うとの事です。
私、初めて勤めた会社がITのオペレータというシステムを管理と監視する部門にいましたので、こういったことになると
監視する側も緊張がつねに走ります。なぜかといいますと不具合が起きると、つねにサーバーのメンテナンスをしたり、緊急で
システムを戻したことを確認するためにに残業しなければならなかったりとある為です。

難しい用語もありました。ジョブとかチャネルとか。
一言でいえば、見守りです。その業務をしてました。

それに伴い、旧式の通帳は使用不可になります。

なので、近いうちに東京支社の池袋か大手町までいって事情を説明して、通帳更新をしてきます。
助かりました。てっきり新潟まで帰省しないと作れないと思いましたが、インターネットで調べましたら
東京にも支社があった事を知りました。大変助かりました。

でも出来たらです。出来れば初めてということもあるので、思い出として残したいと思います。

2020年10月24日 (土)

改めて感謝(毎日アクセス頂いております)

皆様。この様なつたないniftyブログ(3年前から開始したアメーバブログ https://ameblo.jp/neo29

もご観覧頂きありがとうございます。

 

毎日、アクセスを頂いております。今までは0件が連続して1週間ほどあったりしましたが、

見て頂けることに、こちらも更新をしたいと思う気持ちも強くなってきております。

感謝を申し上げます。

 

最近は、生活において何か役立てる情報がないかなと日々考えております。

特に、学生さんとか、これから将来どうしようかと考えている方に色々とお伝え出来たらと思います。

失職や職がなくても、制度を使ったりなんなら転職サイトや国が委託している就労支援機関を活用しても探すという方法

もあります。(実際に私もこれらを活用しております)

 

時には日常で起きた出来事なんかも更新もしておりますが、それも何かお伝えできるものが

ないかなと思っております。

 

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2020年10月23日 (金)

ブログPR文を作成

よく会社のホームページのメールに自社のホームページのPR文というのを見かけます。私も仕事中やプライベートの方とやりとりするとよくみかけます。 


私もあえてうまくはないですが、作成してみました。こんな形でございます。


元祖ブログ(NIFTY)でこんな形でPRします。2007年から作成しているページ、無料制約あってもまだまだ続けてす。 


【のんびり豊かに】

*PR*

普段の私の生活の風景や日々の感じること、時には

遊び人の様な事?や好きな事に変わった事もしております。

それをそのまま公開しております。

<ブログ>

http://impress-life702.cocolog-nifty.com/blog/

<ホームページ>

http://jis295.starfree.jp/

スマートフォンに対応させてきてます!

過去にした仕事(ITのヘルプデスク)が役立ち中


今日はお仕事は有給休暇で取得したので、お休みでございます。というわけ、なんと朝起きたのが10時。危ない。

 

といいますのも、実は昨日は突発残業が発生。さらには悪運が普段からある私のせいか、とトラブルも発生。「もう勘弁してくれよ。あああ~。今日はトラブル日和だ。」と愚痴をもらしつつも、電話応対をしました。
そして1人体制の為、周囲の方に状況説明のメール報告とPDFの画像添付をしました。
(本来なら文章だけですが、言葉だけでは非常に難しかったです。書類に不備があり、ここの箇所が分からないので教えてほしいという内容。ただ見る人によってはここの箇所と言われても、分からない方もいるので、書類ごと社内プリンターでスキャンしてPDF化して状況説明しました)文書だけで伝わりづらい時、画像も付け加えて説明する。
こういうのもスキルの一つと思います。

 

実の所、状況報告をメールするという文化が無い職場だっただめに私がこれをやり始めましたら、「みんながいない中でも状況が伝わってくる。これこそ本当に引き継ぎという形が出来ている」という風にお褒めの言葉を頂きました。

 

やっぱり、改めて思います。ITのヘルプデスクやってて本当によかったです。ある意味でいろんな場所で貢献出来ております。
ちなみに私のやっていたのは24時間365日のシステム監視のヘルプデスクです。当然ながら夜勤ありました。

 

改めて当時の皆様に感謝のお言葉を申し上げます。ありがとうございます。さんざん色々とやらかしましたがこうやって、世間の皆々様に役立っております。リーダーのTさんには特に色々と言葉使いや相手方に伝える方法を教えて下さり嬉しかったです。(Tさんお元気なとつい思います。)

 

帰りはストレスのあまりについつい夜遊びしてしまいました。

ラーメンを食べ、ゲームセンターで延々と遊びまくり、そして1万歩近くもあるきました。そのラーメン(ワンタンメン)がとてもおいしく、さらには600円以下で食べられたのでもしかしたら、残業して一石二鳥だったのではないかと思います。
2020102219490501

 

さて今日も元気よく過ごします。

Office2010の思い出(会社役員の前で。)

さて、今月の10月13日にMicrosoftOfficeでサポート終了となりましたOffice2010の思い出を述べます。

いろいろと活用しました。ワードで文字起こしという営業担当の方の話したビデオテープの文字おこしをしたり、エクセルでは

イベント関連の集計表を作成しました。一番なのが、実は私は70人の目の前(オンラインの参加者も含む)

PowerPoint2010を使用して、イベントのプレゼンテーションをした事です。あの時は、本当に緊張しました。なぜかといいますと

会社役員の方が4人もいらっしゃいましたし、重役もおりました。

実は、私は大手外資系の生命保険株式会社(金融関連)での、社内のイベント企画を担当しておりました。
いわゆる広報活動です。その中で年に1回社内ボランティアというのをしてます。もちろん参加は任意で強制しませんが
家族も参加OKのイベントを1人で企画し、それを発表しました。というよりも企画者が誰もいなかった事も尾をひいた事が
あり、私がやりました。かなりキツカッタです。

Office2010になってから動きも快適となったのでそこで

アニメーションも強調したい点でいろいろと入れたり、そこに動画も組み込みもしました。
(ただ、動画は容量を相当消費するので、圧縮したりして乱れもありましたがそこは言葉で説明しました。)

なんとかなりの方からお褒めの言葉を沢山といただきました。

練習したのも大きいです。それに私は原稿用紙は基本一切使用せず、お客様の顔をひたすら見て話すというスタイルをとっております。
いわゆる、顔と言葉を重点としておくスタイルです。

でもです。やっぱりそれが出来たのもOffice2010のおかげです。色もお客様が見ていて安心する色の水色と緑を強調としたもの、
画像も自分自身が見てて喜んでいるものと選べました。

さて当日は、そのイベントに78人も参加者がいた事がありまして、とてもうれしかったです。
ちなみにそれは、「ゴミ拾い」でなんと区が運営するボランティア団体と共同でおこないました。

まあ今思うと、これぞOfficesoftの力と思いました。
文明の機器も使い方とアイデア次第では、お客様の目の前でエンタープライズということで
活用できることを実感しました。今はOffice365という最新のOfficeがいつでも使える時代。もっともっと
いろんな表現の仕方や色あいも楽しめる様になっていると思います。
(ちなみに私は自分の予算の関係でOffice2019にしました。でもこれはこれで楽しいです。)

 

 

2020年10月22日 (木)

じゃがいも生活が2か月目に突入

いや、本当に人生の中でジャガイモをこんなにも食べたのは初めてです。

週に3回以上はじゃがいもを食べております。揚げる、ゆでる、煮る、いためる、炊飯器のご飯と一緒に入れる。
そのままは難しいので必ず火を通して食べております。
一番やっているのは「揚げる」です。

油しいて、ジャガイモを薄くきってそれを5分以上上げて、塩コショウです。

レストランの様に形がキチンとは整っていない、上品の無い
家庭版のフライドポテトです。ですが、これがまた飽きがまったく来ないです。
まるでおやつや食事変わり、下手すると夜食変わりに食べております。

最高で1日12個食したことがありますが、
まだあります。

◇写真が、簡単な白飯料理です。
カットしたジャガイモを4個ほど入れて、白米と一緒に入れて塩コショウを入れる。あとは炊飯器で炊いて、完成。
題して「ジャガイモ飯」です。これは食が進みますし、混ぜご飯の手軽料理の一つです。
そしてお腹も満たされるし、トッピングとしてしょうゆやマヨネーズを加えると、まさにゴージャスな味となります。
お手軽かつお勧め一品料理ですよ。

O0480085414838578438


でもです。食べてばかりいますが、太らない状態です。
後で調べてみたらわかったのですが、ジャガイモは、もともとそこまではカロリーは無く太りにくい食材です。
ダイエット食としてお勧めは、小吹芋となります。

ただし、油を非常に吸いやすい性質であるため、調理法によっては高カロリー食にも変わってしまいます。
なので、油であげる時は極力、油をわずかにしたり、フタをして蒸したりもしています。

もしかしたら3か月目も、という感じもありますがほぼ突入すると思います。
まだまだジャガイモは小さいものを含めると50個近くあります。

 

2020年10月21日 (水)

口論して怒るのも手段(ブチ切れる。ダメなら辞める!)

口論して怒るのも手段(ブチ切れる。ダメなら辞める!)
仕事が本気でダメであれば、最終手段です。
まるで、技でいえば奥義中の奥義。ギャンブルでいえば、ラストチャンスでもあります。
でも、本当に今の環境がダメであれば、これを使ってもよいです。むしろ自分の思いを伝えた方が
自分にとっても、相手にとっても良いからです。(ただ、本当に使って100%良いわけではないです。でも手立てはあります。)


過激な発言ですが、これはやりました!
障害者雇用ですが、本気でやりました!
もう我慢が限界でついにやりまして、口論にまで発展。
あげくのはてには人生で怒った事がないですが、
大声でこういいました。人生で一番の怒りでした!

2019年11月についにいいました。それも怒りを上げた大声です。
「私、辞めます。あなたの様な何もしらない方には
何も言われたくない。出ていきます。あなたは人をいい様に
利用しているだけだ。そんな人についていきたくない!
あなただけの場じゃないんだ。現場を知らない方に何もいわれる資格はない。」

今の職場にて口論しました。
私のアラサーの言葉でいえば「キレる、逆ギレ」です。
冗談抜きで起こしました。

何度もいいますが私は、障害者雇用です。
入社当初から私は事務職としてつきました。
ですがそこの上司は1か月間平気で休み、平謝り。
さらには現場のことは何もしらないでグループ長で
健常者です。さらには部下に対しては、好き勝手な
事を成長としていいはります。

「つねに目標を毎日決める様に」
「毎日、レポートをかかせる。出来ない人は呼び出す」
「出来ない理由はなんだ」

完全に理解していないと分かりました。
当然ながら私は、何度も呼ばれました。最初は
無理やりでも耐えました。ですが、もう我慢の限界、
食う手段なんていくらでもある。最悪なら生活保護やら
障害者年金で暮らそうなんて考えました。だんだんと
それでよいと思いました。

◆余談ですが、障害者年金は体が丈夫だと本当にもらえない可能性も調べたり聞いたりして分かりました。
私は精神障害者3級です。一番、軽い等級なので、まずはそんなにもらえないです。
症状や自治体、医師の診断や年金機構によりますが、
年間でせいぜい20万ちょっとくらいです。そしてこれを
もらいながら働く企業の中には、年金を止める事が働く条件と定める
所もあります。これは前職の生命保険会社はそうでした。人によっては
異例な場という方もいます。
ちなみに今ももらってないです。というのも入社時に確認としてあった為に
恐らくはそれで給与の差し引きもあった可能性も高いです。◆

さて、本題に。
それを周囲の目の前でいったので、全員が注目しました。
でも逆によかったです。いいたいことはっきり言えました。

「あ、これで俺は首だ。バンザイだ。親やら親友やら
何言おうが関係ない。俺の人生だ。いわれる資格はない。
社内規定である、口論をしてはならないも
ひっかかった。人事に解雇宣告されても上等だ。バンザイだよ。バンザイ。」

もう理性を失って、完全にひねくれ小僧となりました。

すっきりしました。その後20分休んで戻り、謝罪。
次の日もいきました。グループ長に謝りました。さすがに障害をお持ちの方々
に怒鳴ったことは少なくとも心理的ダメージになったことは
分かっていたからです。でも私は辞めることに変わりはありませんでした。

ですが、意外な展開でした。
即、人事の方と社内の臨床心理士の方に呼び出しくらいました。
首だな。と思いましたら

「あなたを異動させます。今度は社内でヘルプデスクをしてもらいます。
なぜなら色々と経験をしてもらいたいです。そして障害者雇用も悪いと
世間で本当に誤解を招かないでほしいです。それにあなたは
入社してから一度も休んでいないし、遅刻・欠席もないし
3年目となります。一つの節目として、その才能を別の所で生かしてみてください。
まずは人事としては、今の部署にあなたを合わない所にいさせた事は、本当に申し訳ございませんでした。
お詫び致します。そしてそれでも合わないなら、仕方と思っております。」

もしかしたら、言い振られしている事も人事は恐れもあったと感じました。
でもそういったということは、少なくとも配慮のある所はある、ことを証明でもあったと思います。


---

それを聞いて、私も謝り、素直に承諾しました。
そして今の部署にいます。でもそこはそこで
きついです。豹変する方いますし、女性が上司なので
気分変わりやすいです。ドライですし、言いたいことは言われます。
時にはキチンと言われたことをしてなかった事もあり、そこは
男らしく頭を下げます。でももう我慢ならん時もありますが食いしばります。
私、実の所は人生はかけ事をつねに思ってます。まあ不運かなと
思いつつやるかと思ってます。

ですが、まだグループ長が
「困ったことがあったらいつでもいいなさい」
といって下さったり、現場が分かる方なので大変
ありがたかったです。それもあり、色々といわれてますが
続けてます。それに契約している運送関連業者様(Y運輸様)には
「あなたいい笑顔してますよ。私保証します。
それに私もうれしいです」それもあってY運輸様は積極的に
どんどん配送依頼を今年からする様になりました。ある意味
信頼できるし、良い方々がいて下さり、やれる力を与えて下さった
事に感謝です。


でも今思えば、本当によかったです。ブチギレて。
絵で表すとこんな感じです。もう怒りが抑えられず、吐いている状態です。
まさに手が付けられん状態です。(私、怒り出すと止められないです。なのでかなり危ない状態と化します。)

O0793060814814775625


ちなみにですが、もしやめていたら私は次の職場には、
人材求職会社(よく言われるDODA、マイナビ、最近では障害者雇用専門の
会社のゼネラルパートナーズ)を活用して次を選んでました。
今住んでいる私の東京首都圏ですと、そういった会社の本拠地があるので
いつでもカウンセリングにも相談にのれます。ネットだけでは
不安面もあります。

逆に私の出身地の新潟の様な地方は、この方法が難しいです。
その場合は厚生労働省認定の「若者サポートステーション」という場で相談に乗るのがよいですし
最近ではDODA=運営元:パーソルキャリア、パーソルテンプスタッフ様も
地方に力をいれておりますのでもしかしたら営業所があれば、相談にも乗って頂けます。

長々とかきましたが、本気で怒ることも必要です。
逆にガス抜きしないと、それこそ世間でいう暴力やネット中傷する行為
をしでかねませんし、それが犯罪行為にも発展しかねません。
それこそ、殺人だったり、よく言われる受け子という特殊詐欺の
一員の仲間になる事のひきがねにもなります。

もしかしたら、あの怒りによって首やら謝れ、出ていけの結果にもなっていたでしょう。
でもそれくらいで済むなら、もういいです。周りの方には
申し訳なかったです。でもそれしか手段がなかったです。もうドラマでいえば犯人やゲリラ集団に、銃やナイフを押し付けられている状態でもありました。
だからこそ、「肉を切らせて骨を断つ」という形でやりました!

そしてどこまでやれるか分からないですが、今はやっていくつもりです。
ただ、報連相の活用をした事は少なくとも良好な関係までは作れる様になりました。

最後にイラストをがむしゃらに書きました。
その時の心を描きました。もはや、理性を失った
鬼の様だったと私は思いました。

2020年10月20日 (火)

ゲームセンターのゲームで、仕事に生かせた

私、ゲームセンターでオンラインゲーム(インターネット回線を使用)をしております。
しているゲームが株式会社:セガの開発「ワンダーランドウォーズ」というゲームをしております。
童話や昔話の元にしたキャラクターを操作して、悪に立ち向かうとゲームです。
全国のゲームセンターの方と協力して行います。

いろいろなキャラクターがいて、シンデレラや桃太郎、美女と野獣、浦島太郎といますが、
私は、シンデレラのサンドリオン、マッチ売りの少女のミクサというキャラクターを使用しております。

オンラインゲームだけあって、ほかの方とつねに協力しあって、協力対戦をします。これが非常に重要になっております。

オンラインゲームだけに顔、姿が見えずなのでゲーム中にあるチャット機能(簡易チャット)が非常に重要になります。
それが出来る、できないで大きく対戦でも差が出てきます。

実は、このゲームを通して私は、仕事でも活用しております。
私の仕事も、まあどの仕事も重要だと思いますが、連携が必要になっております。
それを声掛けという形でやっております。

例えば、「●●さん。午前中の作業は全て作業完了しました。残りはこの作業をお願いします」

「たった今、関係者含めて情報共有でメールを送りました。」

「●●さん、私がこの作業をします。」

「すみません。今、作業取り込み中です。発送物の手続きお願いできますか」

と声をかける様にしております。時にはうるさいと思うかもしれないですが、情報連携が出来ていないと、うまくいくものもうまくいかずです。下手するとミスの原因にもなります。それを防止する為です。

ビジネスでいう報連相の様なものです。

でもこれが功でありました。それをやる様になってからメンバーとの関係も良くなってきております。
最初は、私がやり始めて、「おいおい、やるなよ。そこまでやらんでもわかる」と言われてました。
しかし、やり続けた事や相手方が困っているときにやった事でだんだんと信頼が寄せられる様になりました。

このワンダーランドウォーズというゲームがなければ、この発想はなかったです。だからこのゲームに感謝はしております。
それもありまして、ツイッターでも告知してますが、1か月間連続してゲームしたり、つねに「どうやったら勝てるだろうか、うまく良好に皆さんとプレイできるだろうか」と考える様にもなりました。日々成長を感じられる様になってきております。

 

2020年10月19日 (月)

マイナンバーカードで運転免許の更新が便利に

既に報道でもありましたが、

マイナンバーカードによって免許の番号が一致になります。それによって

 

全国の警察署でどこでも、免許の更新や発行が可能になります。
これは、私、とてもとてもありがたい事でもあります。

参考サイト(ニフティニュース 

免許証とマイナカード一体化へ、2026年にも


https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-828374/


といいますのも、免許は住んでいる所の最寄りの警察署や免許センターでないと

更新が出来ないです。

私は今住んでいる所が神奈川県川崎市です。なので川崎市内の警察署か免許センターですと横浜の私鉄:相鉄線の二俣川にある免許センターまで
いかなければ出来ないです。

なのでずっと思いました。帰省した新潟でもやりたい。だったら旅先の警察署でもやりたい。

それが可能になれる。ありがたや~です。

文明の発展は、悪い悪いと思いがちでしたが、これは本当にありがたいです。
これで今後の運転免許の更新が楽になります。ありがたや~です。
ちなみに私の免許更新は次の年は、2025年。
一応、ゴールド免許です。時々運転もしております。

2020年10月18日 (日)

嬉しいバンザーい

実は、何が嬉しいのかといいますと、

マクドナルドでMサイズのホットコーヒーが100円で飲めるからです。10/27まで飲めます。とてもとてもとてもうれしいです。

参考サイトです。

(エキサイトニュース マックのホットコーヒーMが150円→100円に! 14日間通いまくるぞ。

https://www.excite.co.jp/news/article/bg_mania_2020_2_364997/

実際に今日、マクドナルドに行きましたら、さっそくキャンペーンでチラシもありました。
嬉しいです。といいますのも私、最近コーヒーも好きになりまして、紅茶と同じくらいに飲んでおります。

コーヒーを飲みますと、眠気覚ましにもなるだけでなく気持ちの切り替えにもなります。
昼間にコーヒーを飲んだ後に私は20分ほど仮眠をとりますが(家に持ち帰ったときにします。店内ではしないです)
そうすると、作業効率も上がります。店内ではコーヒーを飲みながら、考え事をしますと不思議と良いアイデアが思い浮かびます。
その時にメモも用意して思うことをドンドンと書きます。

それがブログネタだったり、仕事のアイデア(手順書、マクロで作りたいもの)です。
なんでも書きます。それが効率よくも出てきます。

コーヒーは私にとって、アイデアを出したり、リラックス出来たりする要素にもなっております。
というわけで積極的にマクドナルドにいってコーヒー飲みます!

2020年10月17日 (土)

転職を決意。そして4年経過

タイトル通りですが、私は4年前の今頃は転職をしなければならなかったです。

なぜなら契約社員で契約満了だった為です。最初は、正社員になれるという広告もあり、面接の中にも

契約満了という話がなかったのですが、、、残念ながら契約満了となる事になりました。

いわゆる悪い言い方ですが、前いた障害者雇用という所は、いわゆる法律上である法定雇用率を守るためだけに雇った事もあります。
4回面接もして、何度も同じ事を言われて。そして頑張ってもその結果でした。

ある意味で、悪い言い方すると騙された様なものでした。

ただ良い言い方をすれば、辛く厳しい経験をして、そこから這い上がる為には、
力だけではなく知恵や時には悪どい事をしてもやるということを教えてもらいました。

それが今の会社に入った所だったりもします。

やっとですが、上司から信頼を得られる様になり、少しずつ自分のしたかった趣味も出来る様になりました。
本当につらかったです。まあ、色々ありますが、いつかは明かしたいと思います。
本当に自分の体にとって危ない事もしましたし、すごい事に冗談抜きで「働くなんてやめて、法律である保護やらフリーターで生きてやる、なんなら障害者年金もらうわ」と本気で思いました。

まさか4年もたったとは、。でもです。うまくいけば、2022年1月まで勤めれば、「準社員」という契約から転換できます。
これは国の法律でも定められており、労働契約法第18条に「5年契約社員の働いたものに関しては、無期雇用に転換する」という法律が出ております。もちろん、本当なのか人事課にも確認した所、「社内でキチンと仕事をし、勤怠が良好であるという条件であれば、なれる。現在のあなたならその条件が満たしているので、法律通りに適応となる」ということを確認いただけました。

いわゆる今の状態をキープすればなれるということです。契約では、正直怖いです。正社員でないにしろ、多少は良くなりますし、
首を斬られるということもまずは少しでも回避ができるということです。

でもこればかりを目標にするのではなくて、スキルを身に着けて会社だけでなくて世間体でも何かできないかとも考えております。
それがボランティアだったり、人助けだったり、あるいはもしかしたらです。違うことで働くきっかけづくりというのもあると思っております。

ただ今はこれを目標とします。目指せ5年と。

2020年10月16日 (金)

ゲームセンターに行き続けて、物事を感じれる

私はゲームセンターかよいしてます。主に全国のゲームセンターの
方が協力対戦をするオンラインゲームをしてます。

対戦なので当然ながら勝ち負けの世界です。
ちなみに引き分けはないです。

完全に勝ち負けがきちんとつくものです。
勝てばそれは気持ちいいし、負ければ悔しいです。

私も日々感じるのがこれです。

勝ったときは
「やった、あの方の守り方はまさに鉄壁だ。まさに敵をよせつけをさせないゴールキーパーの様だ」

ひどく落ち込むことはないですが負けると
「なんであの方は戦わずに見ていただけなのかい。機械の故障ではないな、明らかに」
と感じるときもあります。


ただ、これはゲームセンターのゲームだけでなくスポーツの試合や仕事と色んな面もあると思います。

でも受け止め方も必要と感じるときもあります。自分に非がなくても「あの時、この方が攻撃を受けつづけている。援護すれば勝ててたかもしれない。あるいは、チャット機能で援護すると出して進んでればかわったかもしれない。連携をする様にしよう」

勝っても
「対戦相手から学ぶこともある。技をうまく使って罠をはめる技を巧みにつかう。そうか、これをうまく使うか。」

学ぶ姿勢ももてたりします。

ゲームセンターという世界。他の面でも世間から学べることが私は遊びを通して学んでます。オンラインゲームは日々、バージョンも変わる世界。いわゆる変化があります。

変化も勝ち負けと同じ様に考えられています。
これからもそういったことがきっと多く学べると私は思います。

じゃがいも主食生活が続いてます

本日もジャガイモ料理で朝飯と夕飯にしました。ジャガイモは日持ちするし、なんか食べても飽きないです。
それだけ主食になっていたのかなと思いきや、歴史上ではヨーロッパでは主食となっておりました。現在もそうです。
ベルギーではなんとフライドポテトが主食です。
朝、昼、おやつ、晩でも家庭ではついてきます。ご家庭ではフライヤーという揚げ物をあげる網もあります。(イメージとしてはマクドナルドにあるフライドポテトをあげる網です)
さらには露店ではファーストフードの様にお店がたくさんと並べられております。
うん、ウマイ最高だ。もっと食いたい。と今日もそういいながら食べました。明日ももしかしたら(実際に高確率)でジャガイモを食べると思います。

2020年10月15日 (木)

私のルーチンワーク

昨日にルーチンワークについてお伝えしましたが、

もう1つやっているルーチンワーク。それは「水泳」です。

週に1回必ず泳ぎます。毎週日曜日は、泳ぐ日と決めております。

気持ちの切り替えの意味、これから始まる1週間の仕事でのストレスや忍耐力、さらにはこれからやってくる風邪予防の

為に行います。ただ緊急事態宣言中はプール場が閉鎖されていた為、その分は早朝散歩で約1時間、歩いて、さらには家に帰ったら

ラジオ体操をしておりました。

 

出来ないものがあったら代理のものでやる。それが私なりの決め事だったりもします。

最近は日常生活に元に戻りつつありますが、もしもまた出来なくなった時は違う形でやりたいと思います。おそらくは室内がまた想定されるのであればラジオ体操を1日3回やるとか、家のアパートの階段の上り下りを繰り返すとかをします。代用で出来ることをしていたり、して水泳ほどではないですが、持久力やストレスに耐えうる力を身につけます。

皆さんのルーチンワーク、何かございますでしょうか。

他にもさがせばあるかと思います。大人のドリルの音読だったり、計算ドリルを毎日するとか、あるいは
絵を描いてみるとかでもよいと思います。

 

2020年10月14日 (水)

さようなら、ありがとうOffice2010

臨時でブログを。
昨日ですが、MicrosoftのOfficesoftの
「MicrosoftOffice2010」がサポート終了となりました。

悲しいです。今のところ、私の中では
一番のOfficesoftだったなと思います。
私なりに、機能と初めてOfficeに触れる方向けに
バランスの取れていて、グラフィックの良いものと思いました。
(まるでゲームでいう所のゲームバランスみたいな事をつい
述べてしまいました)

さて御礼も色々と。開発の方に感謝です。
そして思い出話も色々とあります。
これものちのちと述べます。

ルーチンワーク(定例作業)

皆さんはルーチンワークっていう言葉を聞いたことがありますか。

なかにはルーティンワークと言葉で表現する事もありますが、意味としては一緒です。

 

日本語にすると「定例作業=パータン化された作業」となります。

私もITの仕事をしていた時は、ルーチンワークのある業務をしてました。

 

サーバーの監視やメンテナンス(再起動→再起動後の異常がないかの確認)や遠くにあるサーバーは遠隔操作をしていて作業をしていました。ちなみに私のやっていた仕事は、オペレータという主にATMやクレジットカード、携帯電話の電波やお客さん(関連業者様)からのチェックや問い合わせをしておりました。これが24時間365日のお仕事で、夜勤もありました。詳しい事は、「オペレータ IT」と調べると出てきます。

 

それましてすみません。でもこれは、日常生活でもいえます。

 

食事や入浴、歯磨きもルーチンワークです。

中にはランニングや水泳、宗教とかですと、「1日のお祈り」や「聖書の音読」とかも当てはまります。

 

私の場合は、ゲームセンター通いです。

そうですね、実の所は7年前からなっております。

Twitterでも告知しました通り、私は2013年に介護職にリストラされまして、その時はいわばプータローの様な

状態でした。何をしたらと立ち寄ったのがゲームセンター。当時はなんと無料で遊べるゲーム(実は今でもある)

でぷよぷよクエストアーケードというゲームがありました。それをやる為だけにゲームセンターはしごをしたり、

時には10か所以上回った事もありました。

 

でもです。これが健康にはとてもよかったです。

株式会社SEGA様に心より感謝致します。

 




2020年10月13日 (火)

一旦、残業から解放

こんばんは。

一旦ですが、私は仕事で連続残業がなくなりました。

ですが、またいつか来るのではないかとひそかに思っております。

でもでもです。日が越える前に帰れる事や体を動かせる点(コロナウイルス感染対策の為の机やいすの掃除)を考えたら

まだありがたいです。トラブルもありますが、ずっと机にいるわけでもないですし、残業時間中は1人体制なので、ついつい
こっそりと飲み物を飲んだりもできるのでありがたいです。

何もなければ、よいのですが私の場合は悪運が強いのかたいていに何かがあるので、その点さえなければな
と思います。

 

ーーー

帰りはほぼどこかへ寄っています。
ゲームセンターに外食、散歩にと色々と行きます。

おかげで1日1万歩ちかく歩いております。
以外と健康にいいかなとも思います。

2020年10月12日 (月)

アメリカ海外ドラマ:ER救急救命室

再放送してほしいくらいの海外ドラマです。

私、このドラマを見たのがNHK衛星放送。1999年から見ておりました。見ていたのが中学校2年生です。

今ではハリウッドの大スターとなったジョージクルーニーの出演の作品です。

見ての通りの医療ドラマです。救急救命のドラマだけに急患の患者や手術のシーンが多いです。

ですがそのシーン一つ一つにおいても、責任感や患者を救いたいという思いをもって挑んでいる心に

胸を打たれてみておりました。同時に医者だって完璧じゃない、間違いを犯しながら、迷いながら、時にはスランプに陥る中でも

医者として歩んでいく姿。一番なのが手術での失敗で患者が全身不随になり、それ以来、医療をすることが怖くなった女性医師。でもその恐怖を乗り越えてその後は、また医者としてなった。まさに、「責任感」と「立ち向かう気持ち」を養える様なものでもあります。

私、最初に勤めたIT企業では何度も夜勤でトラブルに見まわれてそのたびに逃げたい、怒られたくない、怖いという恐怖ばかりでした。

ですが、その時にこのドラマを思い出して最後まで立ち向かいながら戦う姿勢にやろうと決意しました。
その後3年間務めることができました。一生勤めるという選択もありましたが、残念ながらうつ病という病が悪化したことが
大きいです。そして喜びが見えず、やむを得なかったというのもありました。

ですが、このドラマがなかったら下手したら1年も務められなかったのも事実でもあります。それくらいに
私も心が弱かった。でもこのドラマがまたやり抜く力を与えてくれました。

ありがたかったです。そこからですが、医療系ドラマやゲームにも興味を持ちました。
他ドラマではフジテレビのコードブルー、ゲームではアトラス開発の「カドゥケウスシリーズ」「hospital6人の医師」の動画を見る様になりました。いずれもERと同じ位の心になれます。

でも私の中では医療系ドラマの最高作品は、ERです。



 

2020年10月11日 (日)

無理せず、力を少しだす程度で

私の勉強スタイルでもあります。

力を出して、一気にやりぬくというのもありますが私は特性上のせいか

そのやり方だとムラができ中々長続きがしないです。そこでです。力はいれずにやりすぎずのペースでやります。

特に独学とかになると自分のペースができやすい分、無理しすぎる傾向も高いと思います。

逆に学習塾の様な場ですとよく、個別指導というのがあり、そこでレベル別というのがあるので私はあえて一番低いレベルから

やり始めます。(どうしても選ぶ際はそういった場や何度も反復できる場であることにします)

基本、私は独学ですが、基礎ができていないものに関してはだれかから最初は習います。

特にPCとか簿記はそれが一番必要と私の経験の中では思います。本当に奥深いですし、簿記は商業高校や昔から経営にかかわっての仕事を昔から受けていたでも出ていない限りはまずは小さいころからやることはないです。

ちなみに私は簿記は、「仕分け」という基礎部分が全然できないために、本当に苦戦しました。

なので機会があれば、もう一回勉強したいとも思います。幸いにも習ったことは2回ありまして、そこで初めて一連の流れや仕分けは交通ルールの様にして勉強すればできることを初めて理解しました。(理解が遅すぎたこともあります)

色々と経験したうえでまずは、自分のレベルに合わせての勉強。それをしていきたいと思います。また来年に1つとりたいです。

 

2020年10月10日 (土)

ゲームセンター状況は厳しいけど、ぜひ続けてほしい

さて、私はゲームセンター好きだけでもあって、それらに関する情報も

興味があって聞いたり、見たりしております。タイトーのインベーダーゲーム、カプコンのストリートファイター

と認知が集まり、一時期は子供から大人までみんなでゲームセンターに足を運んでいた時期もありました。格闘ゲームでは

全国大会というのもありました。それに伴い店舗も増えていったりもしていきました。さらにはおもちゃ屋やレンタルビデオ店の

所にゲーム台を置いて、収益を出すお店も出ました。メーカーも置いてもスペースをあまりとらない、売り上げ管理がしやすい様なシステムも作っておりました。

 

ですが、現在はどうなのかといいますと、

 

非常に経営が厳しい状態です。

地域ごとにもよりますが、毎年10~30程閉店をしております。

主にスマートフォンを使用したオンラインゲームが急速普及したことや昔、ゲームセンターで出たゲームが家庭用でそのままプレイすることができるといった、お店に行かなくても完全にできる様になったことが大きいです。さらには店舗側も筐体の維持費や電気代、増税の影響もあって

やむなく閉店せざるおえない状況となっております。あとは今回のコロナウイルス感染の影響もあります。

実際に東京都や大阪府では、緊急事態宣言が出たときは、娯楽施設としていたためにすべてが営業できない状態が1か月半以上もありました。

 

でもです。私から見ましたらゲームセンターはまだあってほしいです。

何よりもゲームセンターでしかできないゲームもあります。音楽ゲームというダンスやタッチパネルに合わせて音を鳴らしたりするゲームは周りの方も見ているため、(うまくなりたいとか、よしかっこよく決めたい)という気持ちにもなれます。さらには人と人が基本となる場所なので、そこでお知り合いになれたりということもあります。最近はゲームセンターもオンラインゲームもあったりしますが、それでも、周囲の方も見ておりますので、そこでアドバイスをもらったり、考察出来たりもします。

 

現に私もその1人でした。それもあって、まだ足を運びたくもなります。あとはゲームセンターにいくまで運動にもなります。
以外とですがいくまで歩いたり、距離もあったりするので、運動にもなります。歩くことでゲームに対する向き合い方や戦法を
考えることもよい空間にもなります。

ぜひぜひまだいきたいです。それにゲームは私にとって、一つの生きがいでもあります。店舗の皆様ぜひよろしくお願いいたします。

ちなみにこのゲームは、現在はサービス終了しているSEGA開発の三国志ゲーム「ザ・ワールドオブスリーキングダムズ=スリキン」
は私にとっての1つのいきがいゲームとなりました。実際お隣で一緒に常連さんとプレイしたゲームでもありましたよ。

Cimg0557

わざわざこのゲームをするために川崎と千葉を往復したこともありました。

2020年10月 9日 (金)

ゲームセンターに毎日通いへ

昨日と付随してですが、私は残業あった日は9割はゲームセンター

に帰りに必ずよっております。なぜかといいますと家にいると余計な事ばかり

考えて、ネットサーフィンやらテレビ見てばかりやらして目を酷使するためです。

だったら外の空気でもすう次いでに、歩いてゲームセンターまでいってゲームしていた

方が健康的には良いです。

 

このご時世もあって(コロナウイルス感染)ゲームセンターも危険という方も多いと思います。

ただゲームセンター側も、衛生管理が厳しくなりました。マスク着用、体温測定、ゲーム台では一定間隔をあけていたり、

消毒作業をつねにしていたり、さらには換気も常時状態と、まあ例えると電車の中の様な形です。電車も危険という話もありますが、

つねに開け閉めがあったり窓換気があるので、リスクは低いとされております。現に私はJR山手線+横須賀線はほぼ毎日利用しております。

ということもありまして、やっております。

色々しておりますが、一番はインターネット回線を使用したゲームです。

ゲームセンターもオンライン化が進んでおり、店舗だけでなく全国の方と対戦できる様になりました。

私もその一員です。

2020年10月 8日 (木)

残業続きは辛い

先週、残業することを記載しましたが
これがなかなかきついです。
総合受付+一般事務+備品搬送の仕事を3つしておりますが
その中でも電話応対があります。

中には、クレーマーという言い方はひどい
かと思いますが、会社の備品を返さない方に
電話した所「なんであんたかけるんですか」と
いわれました。そこは商売。頭をさげながら
「お忙しい所、申し訳ございません」と
事情話して、説得して返すということが続いております。

嘘でしょう、同じ社内で。
さらには上司にもメール報告するという
状態で、全部1人で請け負い状態。

でもです。前いたところと比べたらまだマシです。
体動かせるし、得意先の方とは色々と話しはできるし。
得意先(運送業者様)の方は時には慰めても下さり、それが縁もありまして
今では利用させていただいております。
Y運送様、本当に感謝しております。

さて金曜日まで続きますが、ガッツでのりきります。

2020年10月 7日 (水)

じゃがいも生活を続けて早1か月です。

じゃがいも生活を続けて早1か月です。

じゃがいもをよく食べておりますが
1か月経過しました。ほぼ毎日食べております、
ようやく半分以下となりましたが、、、、


まだ残ってます。今年はジャガイモを人生の中で
たくさんと食べております。
一度こったものとかなんかも作りたいなと
思います。例えばガレット(クレープ)
の様な料理もやってみたいなと思ってます。

一番お手軽なのが、炊飯器の中に
直接ジャガイモと水を入れて、スイッチ一つで
ふかしいもです。これ、おにぎり替わりにも
なります。まあこの様な生活が続いてますが、
飽きないです。

じゃがいもは素朴でありながら、主食の一つかな
とも思っております。お米と同じ様な感覚にも
なってます。

2020年10月 6日 (火)

PCとインターネットがあれば、色々と出来る

私はそれを感じております。テレビ電話が出来たり、仕事が出来たり

それを使って知識量を増やしたりと出来る素晴らしい道具と思います。

さらには私はこのPCがなかったらローマ字も英語も覚える事が出来ませんでした。

英語を覚える上ではローマ字の取得は必須です。しかし私は覚えられず、それで英語の成績も

非常に悪かったです。人や地名も読む事も出来ずでした。

そこでタイピングソフトを使用して、そこで初めてローマ字を覚える事に成功。

さらにはNHKの英語ニュースを見たりして、だんだんと英語が少しずつ好きになり

成績も伸びました。

本だったらこれは出来なかったです。それくらいにありがたい道具でもありました。

ちょうど1998年。Windows98が出た当時の事でしたが、インターネットもだんだんと広まり、2000年にはIT革命と政府が

打ち出して急速に発展したころでもあったあの時。その時から救われていたなと感じました。

2020年10月 5日 (月)

お帰りなさい、ガラホーのP-01J

私の所有していたガラホー(docomo)が
修理が完了して戻ってきました。
本体もすごい綺麗になってました。


というのも、実は修理の際にカメラのレンズだけ
でなく本体も腐食していた箇所があった為に
本体ごと交換してくださったとの事です。
なので電池の持ちも非常に良くなってました。
ある意味で、パワーアップして帰ってきてました。

ちなみに代替え機で借りておりました
携帯がなんと、らくらくホンという(やさしいケータイ)
でした。文字も非常に大きく、ワンプッシュ機能と
いった初めて電子機器を操作する向けの方の携帯電話でした。
ちなみにこれもガラホーです。

でも改めて見ると、この携帯もなかなか良かったです。
万歩計はついているし、今はサービス終了しましたが
LINEも出来ました。さらには何度もメールの着信があると
長めに着信音が出ているので気づかない私もこれだと気づきました。
これでもよかったかなと思いますが、でもやっぱり
使い慣れた方が良いです。

一番なのがインターネットの時に
子機替わりに出来る機能の「デザリング」とwi-fi接続が使用可能
な点です。これは頻繁に使っているので家でちょっとだけPCや
タブレットに接続するときはありがたい機能でもあります。

今後はこれを使用と併用してタブレットを持ち歩き
使えなくなったLINEや
アプリのradico(ラジオが聞けるアプリ)を使います。

 

2020年10月 4日 (日)

無料で実施(原始的方法で)

さてタイトル通りですが、私はPCやタブレットは本体とソフト

を購入したらあとは無料でやります。よくメール、Officeソフト、ウイルス対策ソフト設定では、料金がかかると家電製品屋さんでありますが

それは利用しないです。一番なのが使えば快適ですが、どうしても料金となると自分でという考えになります。

商売といえども、そこも無料でやってもらえたらと思いますね。ぜひ高いものでもあるので、そこもお願いしたいと思います。ぜひともご検討をお願いします。

基本はネットで調べてやりますが、分からん時はPCのヘルプデスクに遠隔操作でやってもらいます。

非常に信頼度も高いですし、さらにはやり方も教えてもらえるので、私はノートで聞いたことをひたすらメモします。

まるで独学ですが、これもまた一つの使いこなすための手段です。

 

2020年10月 3日 (土)

耐性があるおかげ、やれる

昨日、残業時間が思う様に長くなり、結果として21時30分に家に帰宅しました。

相手方に会社で借りた備品が規定時間になっても帰ってこなかったので、何とか連絡がつけて返す様に

電話で話をしました。それも入館書(セキュリティカード)という、その書がないと

社内に入る事が出来ない非常に重要なものです。

 

相手方は「忘れていた。電話をかけんでくれよ」と

いわれ、かなりお怒り気味でしたが、そこは「大変申し訳ございませんでした。お忙しい所、ご返答頂きありがとうございました」

と頭を下げて電話応対しました。なかなかきついものだなと思いました。

 

それでも、おかしくならないのは、耐性が出来ているというのもあります。

ITの時にしたヘルプデスクでは、何度もそういった電話がありました。時には30分以上も会話をした時もありました。

でもそういった所で、耐性が出来ているので、立ち直れないということはなかったです。

いわゆる体に頑丈な鎧が出来ている様なものかなと思います。

 

---

 

今日は少し家でおとなしくしようと思いました。

そこで収穫して沢山あるジャガイモを使って料理を作りました。

改めて、人間は自然と一緒に生きているんだと心から感じました。

 

 




今年は健康状態が良い

恐縮ながらですが、私は今年は健康状態が非常に良いです。

ただそれでも1月の3が日は食べすぎで胃がもたれてしまい、その時ばかりは胃を痛めました。
後は対人トラブルで7月にアルコールに走ってしまった事もありました。解決出来ない時は本当にもがく思いで大変でした。
苦しい時でもありました。

しかしです。それ以外は風邪ひいただの、熱が出ただのが一度も無しでした。頭痛もなしと非常に良いです。

まさに健康の数値でいえば85%くらいまで良いです。

ポイントとなったのは、外へ出る時間を増やした事。コロナウイルス感染の心配があるので早朝に出たり、

農作業でも1人で延々としたりとしました。他にも家でも園芸作業をした事で緑を身近に見て気分転換が出来た事も

多いです。この調子をぜひ保てればと本当に思っております。

健康であれば、まずは勉強もお仕事も出来るし、何よりも趣味にも打ち込める。なんとなく感じることも言葉に出すと

改めてそう思います。

2020年10月 2日 (金)

残業を来週までやります

こんにちは。私、タイトル通りですが残業が決定しました。理由は組織改革のために新しいリーダーがくるまでの間及び手続き(セキュリティー関連やPC設定、申し送り)でやることになりました。


あああああ、遅くなるし眠いです。でもその分は残業代金でるんでそれ楽しみでいきます。かつてやっていた夜勤勤務と比べればまだいいです。日付超える前にも帰れるのがありがたいです。


でもそういえるのもコンピュータ業務での夜勤経験したおかげです。イレギュラー対応もありますが、機転きかせつつやります。さて腹いっぱい食べて備えます。

まずは、やってみよう。それでいい。

飽きられて言葉かな、と思うかもしれないですが

この言葉は小学生の時に私がなかなか勉強をしなかった時に先生がおっしゃっていた言葉です。

国語の勉強の仕方が分からない時、いわゆる家庭学習です。

その時に音読する、ノートに大事な点を書くとか、まあともかく分からなかったです。

勉強の仕方が分からなかったです。小さいころから要領が悪すぎました。

どうしたら勉強出来るだろうって。考えても、結果が出なかったらもうやっても意味がない。

あきらめが最初からありました。当然ながらこの時から学習塾にいかせようと両親は思ってましたし、家庭教師もつけようともしてました。
ただ学習塾はいっても成果は上がらずで1年で辞めました。というよりも、トラブルもあったりして辞めたいとひたすら願っての事にしました。

でも、失敗をしないとやっぱりわからないです。
ただひたすら書くとかでも、そこからまずはやらないとわからないものです。


これは趣味でもいえる事でして、私の趣味である駅スタンプラリーもそうです。金がかかるとか、効率よくやろうとか
考えると、もうきりがないです。まずは動く。その後に反省点を見つければいいです。金がかかるなら1日乗車券にするとか、弁当を自宅で作って節約させるとか。効率よくは知っている路線からいっていけば(私の場合は山手線、京浜東北線、横須賀線をよくのるので最初に集める)その後にあまり乗った事のない常磐線、武蔵野線、内房線、外房線、京葉線といって押す。

失敗から身に着けた事です。まずはやってみる。結果はどうであれ、それでいいです。
大人になってから今更ですが実感してます。

2020年10月 1日 (木)

合う、合わないの続き(いろんなやり方がある)

おはようございます。9/28(月)は会社を休みました。

 

といいましても、有給休暇で事前に休みたいということで申し出をしております。

前の部署は、有給とれませんでした。今も豹変する人いるですが、それでも自由にとれるのでありがたや!です。
やっぱり、人間には「あう、あわない」は絶対にあります。無理なら、無理せずにためらわずに場所を変えるは本当に良い選択です。

 

私の今の仕事は親しい方と必ず会える(外部業者様)、体が動かせる、1人に必ずなれる時間(休憩時間以外での仕事)で私に合っておりました。いわゆるグッドマッチングです。

 

ダメだったらその時こそ、転職サイトを活用する(私の中で信頼があるのは、DODA=パーソルキャリア様:対人での面談が可能。私の様に障害があると制約がある状態でも求人紹介がある)、行政に相談する、国の制度を活用する。それが一番です。

 

働き方改革もある以上、ましてはコロナウイルスでその動きももっと活発ですから

それをすべきと私は感じております。

 

ホリエモンこと、実業家:堀江隆文氏の本にも同じ様な記載がありました。働き方や世の中のついた考え方、そして好きな事を追及する姿勢には共感しております。(私、ホリエモンの考えには共感しております。)

私の言葉で変えて表現します。

 

「組織という働き方にいちいち縛られずにいろんなやり方がある。収入だけにこだわらずに好きな事をし続ける事で生活だって面白くなる。

むしろ、お金とかにこだわらず、自分が興味のある事こそが将来が見えてくる」

 

何度も読んでおります。

私も駅スタンプ集めが趣味です。直接生産にあっているものではないです。これは収入は無いでしょう。でももしかしたらです。

今の時代だったら、ここまで動画配信できるYOUTUBEやライターでスカウトや自分から収益を得る手段もあります。
そうでなかったとしても、周囲の方には「楽しいですよ。これほど面白い事はない」とおつたえもできる時代です。

昔ではできなかった事が今ではできる。それを感じております。

 




« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »