« 味噌はありがたい食べ物 | トップページ | 昨日は豪快に夕飯食べました »

2019年12月 4日 (水)

ラジオドラマは想像力と書く力を磨ける

こんばんは。
ラジオドラマは皆様、聞いたことがありますか。
私はもともとラジオ好きだけあって、色々と聞いておりました。

きっかけは、作家:三谷幸喜先生が監督の「ラヂオの時間」です。
実際にラジオドラマでの演出や効果音がそのまま表現化された映画です。
あれを通して、音だけで聞くドラマは想像をすることの楽しさや喜びを知りました。

実は、今でもラジオドラマはやっています。
NHKですと毎週月曜日(深夜1:00)のラジオ深夜便。
毎週いろいろなテーマを変えて放送しております。

その中でも印象に残ったのが、母子家庭の親子の話。
母子家庭だけあって、休みの日になってもお母さん忙しくて、子供さんはどこにもつれてってもれなかった。担任の先生は、それを知り学校の手伝いをしてくれ、家の庭の草むしりが大変といって、やってくれたらご馳走をしたり時にはドライブへつれてってくれたりと。そんな心から温まるドラマがありました。

映像ですと、役者さんだけでなくて、ロケをする為に色々な所で予算がかかったりと制作側も大変だなとも思います。今は、映像社会ではある世の中ですが、言葉で聞くとまた楽しいです。色々な想像の仕方が出来るので、たとえば紹介したドラマでの先生は怖い先生かもしれないけど、心は優しいのではなとか、もしかしたら小太りだけど色々と苦労のあったのではと、色々な考えもしやすくなるのではと思います。

私も言葉で表現するって苦手です。ブログ書いてて変な文章だなと思う方もいると思います。でもラジオを通して、感じたことを書いたり、感想文を書いたりしてだんだんと文章を書ける様になったのを覚えております。

また色々なラジオドラマが聞けたらと思います。
もしも文章書くのが苦手とか、何書いたよいか分からない時は、
箇条書きでも構いません。何か感じた事を紙にたくさん書いてみて下さい。
下手でもOKです。それを積み重ねると沢山とかける様になってきます。

 

« 味噌はありがたい食べ物 | トップページ | 昨日は豪快に夕飯食べました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 味噌はありがたい食べ物 | トップページ | 昨日は豪快に夕飯食べました »