« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月18日 (日)

昨日の暑さには参りました

こんばんは。
昨日は、すごい暑い天気でした。
私はといいますと、横浜市のゲームセンターへ行き、
持参した麦茶を飲みながらゲームプレイしました。


その後、自宅に戻ったのですが
夕方になって急に頭痛がしてしまい、
頭痛薬を飲んで、自宅で横になりました。ついには
今まで使用していなかったエアコンも使用しないと
もう耐えられないと思い、つける事にしました。
部屋の室温計は見たら、なんと41度という状態でした。

ついつい私は、こうつぶやきました
「お天道様も夏は暑いのは、知っているけどちょいと、頼むから暑さ加減をしてほしいねえ。皆々様もきっとそう感じてるだろうから、ここは一つお願い致しますわ。」

と外を見ながらついつい言いました。

今年の暑さには参ってます。
でもそればかりいってもしょうがない。


まずは、体調を整えながら日々の生活を
過ごす。そして時にはアスファルトの
地面に水をまく「打ち水」をして外部気温を下げる等してのりきりたいと思います。

 

2019年8月16日 (金)

ゲームセンター:コードオブジョーカー(略COJ)振り返り+イラスト思い出

こんにちは。
皆様、お盆はいかが過ごされましたか。

私は故郷の新潟県新潟市に行き、そこで墓参りをしました。
新潟はとてつもなく暑く念入りにお墓に水をかけました。

せめてもの、色々と迷惑をかけてきた孫の償いと思い念入りにかけました。
「暑いだろうなじいちゃん、ばあちゃんよ。これで涼んでくれ」と言いながらかけました。
お天道様も暑さを加減してくれたらと思いました。暑かったです。

----

さて、私が3年前くらい前からゲームセンターで
プレイしておりましたSEGA開発のカードゲーム
:コードオブジョーカー(COJ)について振り返ります。

このゲームのスゴイ所は、なんといっても「基本無料」です。
つまりタダで出来ます。

スマートフォンにある無料化というのをゲームセンター
に導入したという点。ガラケー(今はガラホー)ユーザーの私にとってはそういったゲームはする事すら、
しなかった、そもそも縁自体もなかったので、大変ありがたかったです。
店舗はインターネットで回線が結ばれており、オンライン対戦でやります。

このゲーム2019年7月11日でサービス終了しました。
その間、私は以下の変化がありました。

・ゲームセンターに30日間連続で通ってメーカー公認で"皆勤賞"という証をもらう
・ゲームセンターの店舗大会に参加する
・高価で貴重なカードを大会参加者の皆様から無償で頂く(相当出るのが難しい位貴重)
・1000種類以上もカードを増やす
・終電間際までゲームをプレイする
・SEGA本社で公式イベント大会に見学にいく
・わざわざ遠いゲームセンターまでいく

一番は、なんといってもこれです。

◆ゲームイラストで投稿されている方々の影響を受けて投稿をした◆

最初は絵は下手ですし、PCでも高い画像編集ソフトは所持
していない事もあったので、どうしようかと思いましたが、
この際は、下手でもいいから描こうと思いましてツイッターや
ブログで公開した所、沢山の方から反響を頂きました。
(結局使用したのは無料ソフト、Windows7と10のペイントを使用しました。ペイントは、無料ソフト。
我ながら名づければ、貧乏イラストでございます。無料作成でございます。)

今まで描いたイラストを保存しました。こちらです。

Jj

中には「イラストをネット上で使わせて下さい」というのも
ありました。喜んでOKしました。私の下手な絵でもいいのかなと思いましたが、
喜んで下さったのもありがたい事でした。

画像が今まで描いたイラストでございます。

これから開設しているホームページに新たなコーナーを設けてCOJに関する思い出を
延々と語るものを作っていきます。いわゆる美術館の様な形にして、絵の感想も色々と描きたいと思います。
アドレスは、http://jis295.starfree.jp/ でございます。

 

★ツイッターで告知しておりましたが、遅くなりましてすみませんでした。
ありがとうございます。

ホームページも見づらい点が多いと思いますが、なるべく、スマートフォンもPCも見やすい環境で
作成したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2019年8月10日 (土)

食べる事は生きる事と幸せを感じる場

あたり前ではありますが、

食べていると生きる為と同時に幸せを感じる場でもあります。

実は、私はこの所は食べすぎの傾向が強くなり、体重が気づいたら3キロ以上も

あった事が分かりました。食べる事自体が幸せを感じるときだと思ってしまいます。

気になるのが、健康診断。実は4日前に受けてきました。体重が1年前よりも増えていた事にここで気づきました。
一応、インターネットでBMI(肥満度)について調べたら
標準値という事が分かりましたが、、、、血液検査が一番気になりますね。

454654


過去に落ちた事がありまして、再検査を受けた事があります。血液は。
それに痛いです。私は注射が大の苦手。いつも看護師には大迷惑でございます。

それもありますが

ですが、その分は水泳をしたり、歩いたりをして健康を保つ様にしております。

私は好き嫌いは無しで、大好きの方が食べ物では多いです。

一番好きなものは、実は決められないというなんと、決断力のない人間です。
しいていいますと、魚料理です。

魚好きの人間。基本的には骨も皮も全部食べます。気づいたら魚が無い状態です。
何でも好きです。


2019年8月 6日 (火)

感動こそが大切だ

こんばんは。

私、グルメ漫画:美味しんぼを読んでました。

これはすごい、人生の教訓だという言葉とありました。

21世紀の豊かさとは何かという中に、何が大事なのか

その中にあった言葉に「感動」とありました。

(◆漫画の中の言葉をそのまま引用すると、著作権になりますので、自分の言葉にして置き換えました)

どんなに貧しい生活でも、質素な食事だろうと、身なりが貧しくても

生きている事、美味しいと思う事に幸せとあれば、それは心の底から感動と贅沢を味わう事が出来る

それが私の言葉の中に残りました。

 

今は何だか便利なものや富に大きく流されがち、能力が高い程良いという様な世の中になっているとも感じます。

時代遅れだったり、身なりがあまり質素だったり、能力が低いと何だか生きづらさを感じてしまいがちになります。

でも、それでも「あ、今日はこんな事が出来た、あなたと一緒にいられてよかった。弱いからこそ、助けたいし、誰かに幸せを分けてあげたい、私にしか出来ない事もあるんだ」という気持ちになれると私は思いました。

今は大きな感動ではないです。でも気づけた事、そして小さなことだって大きくなれば感動になると思います。
良い本が読めたと改めて感じました。

2019年8月 4日 (日)

海外医療ドラマ:ER(救急救命室)での印象話

こんばんは。
昨日、一昨日と海外ドラマ:ER(救急救命室)をずっと見てました。
NTTドコモのサービスサイトのDTVというもので
無料で見ております。(31日間は無料で見られます。)

このドラマ約15年間続いたものです。
ドラマでは、シーズンと表しています。
NHKでも衛星放送、総合テレビで毎週放送されてました。
当時、中学生2年生だった、不思議となぜだが
ほぼ毎週見てました。

このドラマ見ていると思います。

命を救う為につねに医師達は必死になっている事、
お医者さんも決して完璧ではなく、1人と人間として自身の悩み
(キャストの中には先天性の足の障害、エイズを発症した医師も有)
時には身体ではなく心も治療してくれる姿、
機転の利いた行動し、患者の為なら自分の自己犠牲をしようとする
責任を持つ姿に感動して見てました。

イラストで表すと、こんなかんじかなと思います。

 

Tikara

 

 

 

===============================

一番印象に残るお話しは、
シーズン4の第15話の「緊急脱出」


概要を述べますと、

 

科学薬品工場の爆発で
急患で運ばれてきた患者が危険劇物:ベンゼンを大量に浴びて運ばれてきた話です。
ベンゼンは臭いも強く、人体に吸うと意識消失、呼吸困難、嘔吐、けいれん
の症状が出ます。さらに毒性の強い劇物だけに臭いも周囲にも
広がります。液体が広がれば被害がさらに広まります。

治療にあたっていた医師も治療中に倒れ、けいれん発作を起こし。
ベンゼンの汚染だけでなく、さらには別の急患、
そして入院中の患者も別の病棟へと避難する、
あちこちで右往左往とする状態で病院中が大パニックになります。

でもその中でも勇気を持ち、リーダーシップをもって
行動したのが、医師になりたてのジョン・カーター医師です。
研修生として終えたばかりの新米医師です。

 

なりたての方が言えるとは、
相当の勇気と決断力があったと思います。でもとっさの行動が
とれたのは、きっと心の中ではやりとげなければ
いけないという心があったと思います。
おびえながらも、冷静さをもって行動をします。
その後は、かけつけたレスキュー隊達と一緒に治療や病院の汚染を食い止める為
に力を合わせて頑張り、そして被害を最小限に食い止めて、行動をして
最後は元通りの病院へとなります。

===============================


この話を通して、「今までした経験こそが行動へと結びつけられる」と思いました。
ジョン・カーター医師も医療知識だけなく、ERでの日々に状況や緊急対応方法
が知らなければ、自分から行動はまずとれなかったと思います。
それが冷静になる、責任をもって行うという信念となって
やり遂げるという気持ちになったと思います。

私も、もしかしたら今までの人生の中で
やり遂げた事(仕事ならIT、介護、地域貢献イベントでの企画リーダー)
やボランティア、趣味である水泳やゲームで何か
行う時がくるのではないかと思います。リーダーの様にでは
ないと思いますが、きっと自分から人生をやり遂げる為、楽しむ為の力
を自分だけでなく、皆さんにも伝えられたらとも思います。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »