フォト

倹約と闘志と理系学問を追及する。(けんやく様のブログ)

無料ブログはココログ

ウェブページ

バナー

  • Logo17
    ホームページのバナー(リンク画像)を作成しました。

« 携帯電話見つかり、良かった | トップページ | 自分史①(生まれた) »

2019年5月29日 (水)

熱中症になった(無理やり頭から水かけて回復)

こんばんは。
水を飲む事がありがたいと感じれる
今日この頃です。

日曜日の農業ボランティアの活動中に
私は、「熱中症」になりました。

これになると自分の意志だけでは
思う様に行動が出来なくなります。

・汗が止まらない
・まだ頑張れるという感覚を覚える
・目がかすんでくる(視野が狭くなる)
・耳も遠くなる
・声が出にくくなる

そうなると完全に危険信号です。
実は、過去にもなった事がありまして
そのことを思い出し即、水を頭から何度もかけました。
ペットボトルの水1リットル分をかけました。

もちろん、服着たままですので全身が
びしょびしょになります。

111

 

 

でもそれによって気を失いそうになった自分を取り戻しました。
いわゆる「気付け」。
悪い言い方であれば自己流の「荒療法」です。

しかしそれが我に返る事が出来ました。
危ない状態であった事に気付きました。
変な話、「急死に一生」の手前まで来たのかなと
思いました。

良いやり方とはいえないです。
ですがもしも、人が周りにいない時や
声に出せない時は、これが一つの窮地の脱し方となります。

---

後は水だけでなく塩分も必要です。
炎天下の中の作業だと、水だけでは
身体の調子も保てなくなります。

なので、塩入飴や梅干し、あるいは
塩をつけたトマトやキュウリの生野菜
で塩分と水分を両方補給できるものが
良いです。

これから夏。農業ボランティアも
本格的に活動が開始となります。
熱中症にならん様に、そして楽しく活動
出来る様にしていきたいと思います。

« 携帯電話見つかり、良かった | トップページ | 自分史①(生まれた) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯電話見つかり、良かった | トップページ | 自分史①(生まれた) »