フォト
無料ブログはココログ

のんびり 豊かに 動画

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月18日 (火)

私の手紙について紹介・1月に新潟帰省

2010年11月頃のブログで、私が手紙を書いていることの心情を表した絵を載せました。今回は、パソコン写真と内容を一言で載せたものをご紹介します。
こちらです。↓

Photo

デジカメで撮った写真と一言文章で添えたものです。これは祖父、祖母宛に出した手紙です。
毎回手紙を送り、受け取って思うことはどこでも読めて温かみを感じるということです。PCの電子メール・携帯電話のメールと違って道具が無くてもいつでも、どこでも読むことが出来ます。

家族・知人等に頂いた手紙を家や旅行先の電車で見たりします。時には「ほろり。うーん泣けるのお」と感じることもあります。これからも手紙を書き続け、交流を大切にしていきたいと思います。

-------

さて話題をもう1つ。
2011年1月6日~8日まで新潟に帰省しました。その時に車でドライブをして、JRの駅スタンプを押しました。新潟市にあるJR内野駅という所です。スタンプの絵柄にもある通り、JR内野駅周辺は学校が多い地域です。

こちらです↓

Jr

帰省した時、新潟市は雪が積もっていました。

雪はマイナス面から見ると交通機関の遅延発生や雪かきが必要になることもあります。ですがプラス面から見ればキレイで白くてきれいなものが、お空が降ってくるのでとても素敵だなと感じます。寒いですが、その分体が温まる鍋料理がよりいっそうおいしく感じます。

帰省した時は、母が自宅で前日(6日~7日)から煮込んでいた「おでん」をごちそうしてくれました。
味のしみ込んだ具材と心のこもった味に大変美味しく、何杯もおかわりしました。ちなみに私の好きなおでんの具材は「ダイコン」です。理由は他の食材のだし(タコ、昆布等)を一緒に味わうことが出来るからです。おでん食べるときは私は、最初にダイコンからいきます。

^<>^ 時間があればまた帰省したいです。^<>^

2011年1月10日 (月)

ノートパソコンのメモリ増設(水彩画 パソコン性能UP)

タイトルにある通りですが、今使っているノートパソコン(WindowsXP Home Edition)のメモリを1GB増設しました。購入した理由は、パソコンの性能を良くする為です。

ちなみにメモリは、人間の能力で表しますと「記憶力」にあたります。記憶力があることで、瞬時にものを思い出して伝えたり・絵にあった出来事をすぐ描くことが出来たりと色々と活用が出来ますね。私、アルティメットの記憶力はといいますとあまりいいとはいえないです。人間の能力もメモリのように増設出来たらと良いかなと思います。

さて本題の続きへ

パソコンでメモリを増設するとデータの保存処理・読み込み(画像・動画)を早くすることが出来ます。

購入は、電気店で出来ます。お使いのパソコンによってメモリに型の種類があるので、分からない場合は店員さんにお尋ねして購入すれば出来ます。後は取り扱い説明書に従ってメモリ増設を行います。ドライバーでノートパソコンのメモリ増設用のフタを空けて、入れました。メモリ増設後かなりパソコンの起動がかなり早くなりました。この嬉しい気持ちを水彩画にしてみました。

Pc_up_2 

これから快適なパソコンライフが楽しめそうです。

-----

余談ですが、寒いときこそ風邪をひかないように、水泳に励みたいと思います。場所としては東京都立川市=400円で入館出来て、ジャグジー付きのプールへ行こうと思います。他にもビタミン類の多く取れる生野菜鍋料理を食べて体調の良い体作りにも励みたいと思います。

2011年1月 1日 (土)

2011年最初のブログ更新 (私が作った年賀状紹介)

皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。早速、ブログを更新しました。

昨日の大晦日は、私はどうすごしたかといいますとJR川崎駅で年越しそばを買いました。夕食、早速家で茹でて食べました。その後はTVでTBSの名作お笑い番組「ドリフターズ特集」を見て、少々眠っていました。そして11時ごろにお風呂に入り、NHKの「ゆく年・くる年」を見ていました。

さて、私が作った年賀状を紹介します。こちらです。↓

2011__2

本年は、ウサギ年ということでウサギちゃんの絵、そして私が作成した貼り絵を年賀状に載せました。皆様にとって2011年大変、良き年になりますようにお祈り致します。

今日、私は、
・外へ出て近所のお寿司屋さんで食事と新年会へ
・食事後は東京都多摩市の天然温泉と私鉄 「多摩モノレール」の1日乗車券で旅をしてきます。

皆様、本年も宜しくお願い致します。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »